TEL

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

【かかとの痛み セーバー病】2回の施術で卒業したサッカー少年

2022.05.23 | Category: こども,スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

ネコのアップを撮るのに、

携帯近づかされてイヤだろうな・・・

なんてマロウ君の写真を見て思いました。

ガマンしてくれるネコ達に感謝ですね

今日の話は

【かかとの痛み セーバー病】2回の施術で卒業したサッカー少年

先日の患者さん

少年サッカーでプレーしている選手で

1年前からかかとの痛みに悩まされ、

3月の終わりに50メートル走を走ったときに更に痛みが酷くなって

それからサッカーが出来ていない。

という患者さん。

先週末に2回目のご来院で、かかとの痛みがなくなり

卒業していきました。

セーバー病  かかとの痛みに関しては、

どう治していったらいいのかを何回か書いてありますので

過去記事をチェックして見てください。

今回は、2回目の施術をする前に状態など話してもらったことを書きます。

1回目の施術の後、かかとの痛みがほぼなくなって

今までの長い期間の痛みが消えたことに驚かれたようで

学校で思い切り走ってもカカトに痛みがなく、

ボールを蹴りたくて自主練も始めたそうで

ボールを蹴る感覚を戻すために自ら動き出したということ。

おそらく嬉しかったんだろうと思いますが、

そこは男の子、口数や感情は控えめでした (笑)

でも、それを聞いたワタシはすごく嬉しく、

親御さんもホッとされたのではないかと思います。

かかとの痛み セーバー病は、地味な痛みから始まり

ケアすればどうにかなるだろう・・・

足を休ませればどうにかなるだろう・・・

気付けばずっとサッカー出来ていない・・・

痛みも引くどころか酷くなってる・・・

いつになったら痛みを気にせず気持ちよくサッカーができるの・・・

こういった長期間にわたってのお悩みになることが

少なくありません。

時間や試合は待ってくれません。

せっかくの大切な育成の期間ですから

気持ちよく 楽しく 

そして悔いのないプレーができるカラダにしてあげたいですよね!

そんな施術もご用意してます。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【めまい ふらつき】めまい・ふらつきの患者さんに共通することとは!

2022.05.21 | Category: 女性の悩み,当院からのお知らせ,未分類,自律神経

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

マロウ君の得意技

少し距離をとっての人間観察 

「しょっぺぇツラしてんな・・・!」

って感じで小生を見てます (笑)

今日の話は

【めまい ふらつき】めまい・ふらつきの患者さんに共通することとは!

先日のめまい・ふらつきの患者さん

4回目の来院で、施術前に状態を話していただくと

もうフラフラしなくなりました!

めまいもする気配がないです!

と嬉しいご報告をいただきました。

接骨院でめまい・ふらつきの施術・・・???

できるの・・・?

って思われるのが普通ですが、チョット得意な施術でもあります。

めまいというと、

三半規管 耳石などの耳に関する問題で症状が出るように思われていますが、

もちろん耳の問題がありますが、それは結果的にそうなってしまったこと。

めまいになる患者さんには、ある共通点があり

そのことをクリアしていくと経過がスムーズになったりします。

それが何なのか!?  ということですね。

今回のこの患者さんにも、

めまいが起こってしまう患者さんに共通することが、

施術のポイントになり、上手く修正できたので回復できたのかと思われます。

なんとなくコレでは・・・!? って想像つくかとも思いますが、

めまい・ふらつきに悩まされている方は、

こういうアプローチもあることを知っておくのも宜しいかと思います。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【有痛性外脛骨】ブログをみて来て下さった患者さん

2022.05.20 | Category: こども,スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

なぁ! そろそろアジ釣ってきてくれよ!

って言ってますよね!?

ウチのネコ達 (笑)

今日の話は

【有痛性外脛骨】ブログをみて来て下さった患者さん

先日の患者さん

当院のこのブログで有痛性外脛骨の記事を読んでいただき来てくれました。

小学生のサッカー選手で右足の内側の骨が出ている

病院で有痛性外脛骨の診断で、

サッカーを休み 湿布 電気治療などの物療をこなし

足底アーチの保護のためにインソールを作り

3カ月様子を見てきた。

現在、外脛骨の痛みは消えず

落ち着かなければ手術で除去することも視野に入れてください。

ということに。

出来れば手術は回避したいし、何より早くサッカーがしたい

有痛性外脛骨の検索で、当院のブログがひっかっかり

【施術自体は5分も掛からないで変化を感じられます】

というワードに、

そんな簡単に良くなるわけないでしょ!?

と思いながらも気になっていたようで、

先ずは1回試してみるか・・・ 

的な感じで栃木県から来て下さいました。

有痛性外脛骨の施術の場合、2つの選択肢があり

ヒトツは

足の状態を親御さんと一緒に確認し、

どうして舟状骨が内側に出たのか、

どうすれば舟状骨が元の位置に戻ろうとするのか

を一つ一つ確認し理解していただきながら施術する。

もうヒトツは

状態を確認してすぐに施術に入り痛みの確認をしてもらう。

それから説明とご理解をいただく。

要はすることの順番が違うだけです。

患者さんはウチに来るまで有痛性外脛骨の処置を受けてきました。

なかなか簡単には良くならない・・・

有痛性外脛骨が治るのは難しいのでは・・・

というマインドの場合、話していてなんとなくネガな感じが分かります。

そういう時は、

後者の方法でまず有痛性外脛骨がラクになるんだ!

と分かりやすく感じてもらうことが大切だったりします。

治ってほしいと思いながら、どこか治ることを諦めている

有痛性外脛骨の患者さん・親御さんには多かったりします。

どちらの段取りで施術するかは、その場の感じで決めますが

有痛性外脛骨でお悩みの方、

先ずは有痛性外脛骨は良くなるんだ! 

という体験をしてみてはいかがでしょうか。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【怖い夢を見る】毎日怖い夢をみるという患者さんの変化と回復

2022.05.19 | Category: こども,セルフケア,女性の悩み,当院からのお知らせ,自律神経

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

キモチが良い天気です!

朝の土手ウォーキングで、オトモダチに会いました(笑)

帰ってからマンゲツさん撫でました

ネコで始まる朝で、終わりもネコでオヤスミになるんだろうな(笑)

今日の話は

【怖い夢を見る】毎日怖い夢をみるという患者さんの変化と回復

先日の患者さん

起立性調節障害で来て下さっている患者さんで、

昨日が3回目の来院。

施術前に話をしていくと、

怖い夢をみなくなりました! と話してくださいました。

以前はほぼ毎日怖い夢を見ていたそうで、

それが朝の調子悪さの一因でもありました。

顔色も良く、会話もスムーズになり

1時間早く学校に行けるようになったそうで、

なんとなく回復できる期待が持てるような状態に。

自律神経が正常に機能するようにカラダを調整することも大切ですが、

こういった 夢見が悪い ことをなおしていくには

少し特殊な方法も必要になり、

起立性調節障害のお子さんを回復させるには重要になることです。

どうしたらいいの・・・ 

色々やったけど・・・ とお悩みの方に、 

こういう手段もあることを知っておくのも宜しいかと思います。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【膝が痛くて伸びない】ロッキングした膝が伸びるようになった理由

2022.05.18 | Category: こども,スポーツ障害,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院 

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

ネコ達の抜け毛がスゴイ!

ソファーで寝てた後は、びっちり抜け毛残留!

梅雨と初夏の訪れを知らせているのか!? (笑)

今日の話は

【膝が痛くて伸びない】ロッキングの膝が伸びるようになった理由

先日の患者さん

1週間前、走り出そうと踏み込んだ時に右ひざを痛め

膝の関節がロックしてしまったような状態に。

最初は曲げられないし、伸びない感じで無理して仕事をするも膝がツラく、

仕事を休み整形外科で診察し、MRI検査待ちのなか

当院を紹介され来て下さった患者さん。

学生のころから社会人までバレーボールをし、

前十字靭帯損傷 半月板損傷もあって、

こういう状態を何度か経験していて、膝のロッキングではないか!?

というお話もありました。

歩行を見ると、

膝が曲がらず、伸びずで膝が一定の角度を保ちながらの歩行で

膝を伸ばそうとすると膝裏に強い張りと痛みが。

こういった膝のロッキングには、2つのタイプがあり

切れている半月板が移動してしまい、関節の動きを止めてしまっている。

もうヒトツは、

膝関節を曲げ伸ばしさせないように無意識にロックさせる

今回の患者さんの場合、後者のケースで

膝を動かさせないように防御の意味で膝の動きを止めているケース。

この防御反射を外してあげて膝の機能を戻すことが施術になりますが、

どうして防御反射が働いてしまたのか?

コレを残して膝のロック解除は起こりえません。

この方の防御反射が起こってしまう理由は、

足首・膝の関節がゆるんで、カタガタしていたからで

例えば、椅子や机などでパーツを繋げるためにネジを使いますよね。

ネジが緩めば部品と部品が離れやすくなって隙間ができ

動かすとガタガタ安定しない状態に。

そのまま使ったらネジが外れ、椅子や机が壊れて崩れてしまいます。

そうならないように膝周りの筋肉を緊張させ守っていたということ。

足首・膝の緩みを修正し、防御が起こらない状態にすると

足首と膝がガタガタせず安定する状態に戻すことで

膝の曲げ伸ばしができるように。

多少の違和感はあるも、普通に歩けるようになって

しゃがむこともできるようになりました。

膝のロッキングは、こういうケースもありますので

参考にしてみてください。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【サッカー選手の股関節の痛み】股関節にお痛みはコレでラクになりました!

2022.05.17 | Category: こども,スポーツ障害,セルフケア,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

湿度が高い時期が来ました。

ハッキリ言って一番イヤな季節・・・

天然パーマが爆発するから・・・

「クセがあってイイですね~!」

なんて優しく言ってくださりますが、

半世紀、テンパに悩んでますw

マンゲツさんが 「いちいちうるさいナ!」

って言ってます

今日の話は

【サッカー選手の股関節の痛み】股関節にお痛みはコレでラクになりました!

先日の患者さん

8カ月前から右の股関節周辺の痛みを抱えるサッカー選手

最初は股関節に軽い痛みだけで、少し休めば痛みもなくなり

走れるし、ボールも蹴れる。

そのうち自然に治ってしまえばいいな・・・

と過ごしてきたが、悪化の方向に。

サッカーを休み、病院 治療院巡りをして治療し回復を待つが

未だに痛みが取れずサッカーができない。

股関節の問題なの・・・?

四頭筋の問題なの・・・?

鼠径部痛症候群 グロインペインなの・・・?

どうして良くならないの・・・?

股関節がどうなっていて、

どうすれば良くなるのかが知りたくて・・・

ということで来て下さいました。

当然、病院では検査をし特に目立った異常もなく

サッカーのし過ぎでは? アフターケアしていないから?

負荷を掛け過ぎているから?

ということで股関節を休ませ、消炎剤で痛みを取っていこう。

治療院では、四頭筋の緊張をとるために電気治療

ストレッチ指導 骨盤矯正 ハリ治療などをしてきた。

コレだけのことしてきて股関節の痛みが良くならないのは、

股関節の痛みが回復できるような処置ではなかったということで

簡単に言うと、的が外れているからです。

今回提案させていただいたのは、

股関節を調整していきましょうということではなく

股関節痛が起こるようなカラダを修正してみませんか?

と言いう提案で、

どうしてこういう提案をしたかというのは

歩行時に股関節に負荷を掛け影響を与えている場所があったから。

こういうことをそのままにして、回復できますか?

もし、それが無くなったら

股関節が回復できるベースができませんか?

ということです。

その場所が2か所

修正させていただき歩いてもらうと、

先ず 「足が軽く前に出る!」 って感じに。

そして痛みを確認してもらうと・・・

「そんな痛くないかも・・・ エッ!?」 って。

まだ7割の回復ですが、ラクになることが分かったようです。

股関節の痛みだから、股関節が悪いだけでなく

股関節に負担をかける場所があるが故の股関節の障害だったのです。

パーツではなく、機能の問題ですね。

修正することの的が外れると長期間でのお悩みになることもありますので

もしかして・・・! と思った選手は参考にしてみてください。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【モートン病】足裏の痛み・シビレを素早く回復させるには!

2022.05.16 | Category: こども,スポーツ障害,セルフケア,女性の悩み,当院からのお知らせ,未分類,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

マンゲツさん、深田さんに夢中 (笑)

それ、小生もわかります (笑)

今日の話は

【モートン病】足裏の痛み・シビレを素早く回復させるには!

先日の患者さん

5カ月前にマラソンをしたとき、足裏に違和感を覚え

つま先にシビレと痛み

足裏に砂利を踏んでいるような感覚

ふくらはぎにも張りが出てしまい、病院で診察を受ける。

軽い捻挫ということで、消炎剤・ビタミン剤で様子を見ていたが良くならず

足根幹症候群では・・・  循環器の問題では・・・

ということで様々な検査をしてきたが、結果異常なし

半年近く良くならない状態が続き、当院に受診。

足裏のシビレは常にあり、

歩行時に痛みと違和感もある。

歩行をチェックさせていただくと、

これらの問題がどうして起こったのかがすぐにわかりました。

それは足の踏みが安定していないからです。

もっと簡単に言うと、足の着き方が良くないということで、

足の着きが悪くなる足の構造を修正してみると

ご本人が分かるくらいしっかり足が着地できるようになり

足裏の痛み シビレがラクになって、

ふくらはぎの緊張も緩んでいました。

その後、中足骨の調整をし

足が軽く前に出るようにもなり、

しっかり痛みなく歩けるように。

足裏のトラブル  モートン病は

足の着地 【踏み】 がどうなっているのか。

踏みを狂わせているのが何なのか。

それをどう修正するのか。

コレがしっかりできたとき、回復できるような状態になって

それがその場で感じられます。

長らくお悩みの方は、この【踏み】がキチンと出来ているのか?

何が踏みを悪くさせているのか?

コレがクリアできると、一気に足裏のお悩み解決できるかと思います。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【セーバー病 カカトの痛み】長引くカカトの痛みを素早く解決するために!

2022.05.14 | Category: こども,スポーツ障害,セルフケア,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

マロウ君・・・! オマエ・・・白目はどうした!?

カラコン入れたのか・・・!?

瞳孔が開いているだけですね (笑)

今日の話は

【セーバー病 カカトの痛み】お子さんカカトの痛みが長引いてるワケは

本日土曜日は、カカトの痛み シーバー病 セーバー病

の初診の方が何人か来て下さいます。

院の近くではなく、遠方からの方もいらっしゃいます。

お子さんのカカトの痛み・・・

しっかりアイシングして 湿布貼って

ストレッチして

少し休ませてあげれば時間とともにどうにかなるでしょ!

と、地味な痛みなので様子を見ていたら意外に長引き、

病院 接骨院に通いだし、電気治療をしてもらい

インソールを作ってもらったり

クッション性の高い素材を靴に入れたり

それでも良くならなく、

気付けばもう何カ月もまともに練習が出来ていない・・・

何かいい方法があるのか検索していき、

当院の セーバー病 カカトの痛みの記事に引っ掛かるらしいです。

「カカトの痛み 2~3回の施術で卒業~!」

なんて書いてあると、

え!? そんな回数なわけないでしょ!?

今まで何カ月も高頻度で治療受けても治らなかったのに!

と思うそうで、

「ホントに2~3回で良くなっちゃうんでしょうか・・・?」

というお問い合わせもいただきます。

お体の状態を確認もせずお答えするのもナニかと思いますが、

ウソは書いていません。

次に、

「どんな治療をするの・・・?」

「セーバー病を治すために何をするの・・・?」

となりますが、状態の確認もできていないのにコレをします!

とは言いづらいのですが、

セーバー病を早期に治すコツは、この2つが重要になります。

カカトが痛くなる直接的な原因

カカトが痛くなる根本的な原因

この2つをクリアできたとき、かかとの痛みはその場でラクになります。

その子の歩き方

偏平足  足底アーチの問題

運動の適正  靴選びの問題

普段のケアの仕方の問題  ストレッチ不足

これ等の問題ではありません。

来ていただいたセーバー病の患者さん 親御さんには

この2つがどういうことなのか。

その2つを修正・調整してカカトの痛みがどう変わるのか。

しっかり見ていただき、

ご理解いただき、

かかとの痛みを取っていきます。

この2つの 直接的 根本的 の原因が残っている場合、

ほとんどの方が長期に渡り、かかとの痛みに苦労され

お悩みになることが非常に多いです。

かかとの痛み 炎症  クッション  インソール

そういう問題ではなかったりするので、

是非参考にしてみてください。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【頸椎の問題】頸椎の間が狭いと言われた首の痛みの正体は!

2022.05.13 | Category: こども,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

「おい!お土産のこと分かってるんだろうな!」

って感じでお見送りされました。

やっぱりあれのことでしょう・・・!

ちゅーる (笑)

今日の話は

【頸椎の問題】頸椎の間が狭いと言われた首の痛みの正体は!

先日の患者さん

20年来、首の痛み コリに悩まされ、

病院 接骨院 整体 ハリ治療院などに通いケアしてきたが、

最近さらに悪化したこともあり、病院で再検査。

頸椎の3・4・5番の隙間が狭くなっているから

首周りの痛みやコリに影響しているのでしょう。

ということを言われたが、その狭さをどう解決していくのか

具体的な提案もなしに、上手く付き合っていくしか・・・

とお考えだったときに当院を紹介され来て下さいました。

長年の首の痛み・・・

頸椎の隙間が狭い  頸椎の並びが悪い

頸椎を矯正したり、首周りの筋肉をほぐしていたり

首の牽引をしてみたり

頸椎をどうにかしようとしても

経過がイマイチの方がほとんどではないでしょうか。

そういう方が多く見えてくださります。

この方の首の状態を確認すると、

左右の回旋運動制限と痛み・張り感

頭を回すような動きで、骨がボリボリなるような感じがある

どの方向の動きでも、首肩のどこかに痛みや張りが出る

これ等の症状をラクにするためにしたことは・・・

腕の調整 なんです。

腕の状態を調整することで、首の症状がラクになる。

本人からすれば

「なんで腕で首がラクになるの・・・!?」

って嬉しい驚きがあったのと、

根本的に首・頸椎自体が問題ではなかったという

想定外のことを消化できないようでした。

実は、

首と腕の関係は、ものすごく緊密だったりします。

首が痛くて… 治療には通ってるけど… という方、

もしかしたら腕が首に影響してるケースかもしれません。

そうなら首の調整しても変わりませんよね。

こういうケースも多いことと、

首だけの問題ではないこともあることを

知っていただけるのも宜しいのかと思います。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【バレエダンサーの膝の痛み】その場で膝の痛みがラクになった理由とは!

2022.05.12 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

里親募集で来てくれた笹カマ兄弟ネコ

仲良し具合にいつも癒されてます。

寝てばっかりですが、

被写体には困りません(笑)

今日の話は

【バレエダンサーの膝の痛み】膝の痛みがラクになった理由とは!

今回は、バレエダンサーのみならず

アスリートの方も必見です!

先日の患者さん

バレエダンサーで、4日前のレッスン中から膝の痛みを感じる。

レッスン後には痛みで歩くのもツラくなり、

膝が腫れぼったくなってしゃがんだり、曲げることがきつくなる。

接骨院に行き、電気をかけてもらい

筋肉を緩ますためにウォターベッドもしてもらったが、

膝の痛み 腫れぼったさ 屈曲制限はなくならず、

大切なオーディションも控えているのでどうにかしたい・・・!

ということでご紹介で来て下さいました。

レッスン中に、特に膝を痛めるような発生起点もなく

痛くなったタイミングもよくわからない。

なんで痛くなったのがよくわからない。

靱帯損傷があるわけでもないし、

半月板を痛めてしまっているわけでもない。

どうして・・・?

なんで・・・?

今回のバレエダンサーの方のみならず、

運動をされてる方にこういうことは意外に多かったりしますし、

案外経過が良くなく、いつまでも治らない・・・

でも調べても確かな異常がない・・・

患者さんにとっては非常に困ってしまう問題になりがちです。

膝が痛ければ、膝がどういう状態になっているのか?

しっかり調べて状態を確認することはもちろん大切なこと。

それで異常がない場合、

見ていくべきはパーツではなく機能だったりもします。

膝を治していく というより、

膝が悪くなる理由 を排除すべきで、

今回、バレエダンサーの膝が痛むようになったのは

カラダを支える支点が安定してないことで

下半身上半身がグラつかないよう膝が踏ん張っていた。

なので、体を支える支点が安定するようになることで

膝が頑張らなくてもよくなり、その時点で痛みがラクになり

膝がスムーズに曲がるように。

膝の痛みや曲がりの悪さは、膝の問題と限らない場合もあり

機能を修正すると膝にとって良い結果が出ることもあります。

特に、膝の治療をしてるけど治りが悪い方 スポーツ選手

膝の問題だけではなく、

機能的な問題を修正するのも考えてみてください。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場駐車場はありません
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順