TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 骨盤矯正の記事一覧

【坐骨神経痛】足のシビレと痛み…腰の問題とは限りません!

2021.06.21 | Category: 坐骨神経痛,女性の悩み,当院からのお知らせ,未分類,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

昨日の日曜日は、天気もいまいちな朝で

バイクも乗れないな・・・ って昼寝したら

夕方になってました・・・

猫のようにガッツリ寝て、これじゃ夜寝れないか!?

ということもなく、9時就寝。

よく寝た週末でした (笑)

今日の話は

【坐骨神経痛】足のシビレと痛み…腰の問題とは限りません!

先週の患者さん

お尻から、太ももの後ろにかけて

シビレと痛みがある。

動き出しや、階段の上り下りで痛みが強くなり

出かけるのも億劫になってしまった。

ということで来て下さいました。

ウチが一件目ではなく、

整形外科さんで画像診断をしてもらい

坐骨神経痛ではないか。 ということでリハビリをこなし、

思うほど良くならず

知り合いにハリの先生を紹介してもらい

3カ月通ったが、以前よりは良いのかナ… という状態。

痛みとシビレで動くことが嫌になってきて、

でも運動不足になってる自覚もあって

このままでは色んなことが起こってしまっても…

そういった不安もあったようです。

患者さんからすれば、一番の欲求は

「ワタシの坐骨神経痛を治してください!」

間違いなく、コレです。

でも、ホントは坐骨神経痛でなかったら・・・???

そんなケースが結構あったりします。

坐骨神経痛のような症状があり、

坐骨神経痛に対しての治療 リハビリ 物療 

これ等をしっかりこなし、

腰に対してやれることをしっかりやっておきながら経過は緩慢。

それはもしかして、坐骨神経痛ではないからの結果なのかもしれません。

今回の患者さんの場合、

腰からお尻、大腿部後面への痛み・シビレに対しておこなった施術は

スネの下の調整でした。

それで痛みとシビレはなくなり、腰の可動域も正常に。

そうなると、患者さんからは

「腰が悪かったんじゃないの!?!?」

「坐骨神経痛の症状だったし…てっきり腰だって・・・」

ってなります。

もちろん腰回りを治療して良くなる方もいますが、

そうではない場合、

いつまでも腰に対してのアプローチを続けていても

期待できる結果は出ないのが想像できますよね。

そして意外にこういったケースは少なくはないんです。

なので、

「もうこの坐骨神経痛とは長い付き合いだから・・・」

なんていう方がいらっしゃるのです。

坐骨神経痛に限らず、

治療を続けてもイマイチな結果な場合、

ヒトツのことに囚われず、もしかしたら・・・!?

という発想も必要なこともありますので、

参考にされてみては。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047340-5560

【痛みの種類】アナタの痛みは、どのタイプ?

2021.05.27 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,坐骨神経痛,女性の悩み,妊婦さんの治療,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,自律神経,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

我が家の笹カマ模様のネコ

ヤギも笹カマ?

奥に映ってるのは・・・小生です (笑)

今日の話は

【痛みの種類】アナタの痛みは、どのタイプ?

って、

なんか ベ〇ザブロック のCMみたいですが(笑)

痛みが出てしまうのはどうしてなのか?

それを分かっていなければ、

当たり前ですが、根本的に痛みをなくしていくことはできません。

痛みを痛み止めで対処することは、

時と場合によって有効な手段になりますが、

痛みを感じなくなっているだけで、痛くなる原因はなくなっていないわけです。

そもそも痛みという感覚は、

【 あなたのカラダに異状があることをお知らせします 】

という信号ですから、

痛みという信号に対して鎮痛だけをするというのは

「信号なんか、ぶっ壊しちゃえ!」 

「信号!?は? そんなのガン無視だろ!」

「赤信号の電球なんか割ってしまえ!」

痛みだけを消そうとするのは、

まるでピストルズのようにパンキッシュであり、

アナーキストでもあり、

マリリン・マンソンのような感じなのです (笑)

鎮痛剤で痛みを胡麻化そうとするときは、

是非コレを聴きながら飲んでみては!

少しだけ悪ふざけと脱線をしましたが、

本題に入っていきましょう。

痛みをどうにかしたいのなら、その痛みがどういったことなのか?

どうして痛みが発生しているのか?

修正することがわからなければ、良くなる確率はクジ引きレベルです。

痛みが出る ということを大きく分けていくと

いくつかの種類に分かれます。

ヒトツは、器質的な問題

患部が損傷している 切れる 割れる 壊れている

ふたつ目は、機能的な問題

負荷が掛かかる 可動の問題 機能低下による不具合

みっつ目は、神経学的な問題

感覚伝達の誤差 ホメオスタシスの異常 各機関への命令誤差

先ずは、ご自身の痛みがどういったタイプなのか、

しっかり把握して、そのことに対してどんな手段があるのか

それを確立することが

ツラい痛みを解決するにあたって重要になります。

先ほど書いた 痛みの種類の3つ

それが全てなのかというと・・・

そうではなく、実はもうヒトツがあるんです。

今年の所信表明で言ってた 半年後には・・・!

というのは、このことで

もうすぐ! って感じになってます。

もうすぐ! で終わらないようにしていきますね

乞うご期待 (笑)

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【治療方法】器質的問題・機能的問題 あとヒトツは・・・!

2021.05.06 | Category: こども,アレルギー,女性の悩み,妊婦さんの治療,当院からのお知らせ,未分類,痛み,肩こり・腰痛,自律神経,骨盤矯正

おはようございます。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

GWの連休が終わりました。

緊急事態宣言とやらで、大したことはしませんでした。

ひょいと行った駄菓子屋さんで きびだんご を購入。

マロウ君にあげて、一緒に鬼退治に行きますか! (笑)

今日の話は

【治療方法】器質的問題・機能的問題 あともうヒトツは・・・!

今年最初の投稿で

半年のスパンを設定して、施術のスキルをパワーアップする!

なんてことを書きました。

進捗は・・・

まずまず (笑)

確実に変わってきていることもあります。

ですが、まだまだ・・・ ということも、もちろんあります。

少しだけ言うと、

人のカラダが悪くなっていくにあたって

カラダの器質的な問題

カラダの機能が下がってきたときの不具合

この2つが大きな不調を作っている要因と考えていました。

では、他の要因はないの ???

もちろん色んな見方があって

栄養学でもあり、運動学、生理学など

カラダに変化をもたらす要因は、ヒトツとは言えません。

基本、勉強が好きではないので (笑)

色んな角度から深く掘り下げて…! なんてできません 

しかし、

患者さんのカラダから発する 「コレを解決してほしい!」

というメッセージは分かるようになりました。

それは

カラダの器質的な問題

カラダの機能的な問題

ではなく、

全く違った要因なんです。

コレをクリアできずに試行錯誤してきました。

それを半年後には!

ということで現在なのですが・・・

もうすぐ何とかなりそうです! (笑)

一体何なのよ・・・!?!?

それは、もう少し先のお楽しみに (笑)

って、あまり興味ないかと思いますが

結構スゴイことになりますよ!

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【ぎっくり腰】素敵なベルトを買う前にチョット考えてみては?

2021.04.19 | Category: セルフケア,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

ネコの爪切りは、ムスメの専売特許!

他のモノがやろうことなら・・・

カラダをグネらせ、爪痕覚悟! です(笑)

何故ムスメだけ!?

それは分かりません・・・

今日の話は

【ぎっくり腰】素敵なベルトを買う前にチョット考えてみては?

先週に多かったのが、ぎっくり腰の患者さん。

患者さんによって痛みや状態は違ってきますが、

だいたいの方は、帰るときにはスタスタ歩いて帰られます。

となると・・・

このベルト買ったんですけど・・・

どうしたらいいですか・・・?

付けてた方が良いの・・・?

外した方が良いの・・・?

ベルトに関しては、

折角買ってくださったのですが・・・

しない方が宜しいのかと。

ぎっくり腰になってしまう状態

ぎっくり腰って、どういった状態

これ等のことは、以前にも書いており

腰の骨・筋肉・軟部組織が壊れる・切れる・損傷する

ということではなく、

腰を守るための強烈な防御反射

ということでしたよね!

腰が限界を迎えようと疲れてるときに

壊れないように守るために起こる筋肉の収縮で

不随意的な反応です。

ということは・・・

腰をどう機能させてあげたらいいのか?

それがわからない状態で、

そこで無理して動かそうとすると痛みが出てしまうのです。

ならば解決策は・・・

腰がどう機能していいのかを教えることですよね。

防御反射を恥ずるためには、

防御反射が起こる前の腰の機能を思い出させればいいのです。

その施術は、

マッサージをしたりとか 電気をかけたりとか

湿布を張ったりとか 固定をしたりとか

ではないんです。

防御反射で硬直してしまった腰の機能を戻すこと。

すなわち 動かすこと なんです。

なので、

ベルトでの固定はしませんし、施術後は必要としません。

あのツライ痛みを少しでもどうにかしたく買ってしまうベルト

その前に、こんなこと書いてあったな・・・

なんて思い出していただけると

と思います。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【坐骨神経痛】お尻から足への痛みとシビレを解決するには!

2021.04.14 | Category: セルフケア,坐骨神経痛,女性の悩み,当院からのお知らせ,未分類,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

禁煙も落ち着き

早寝早起きの健康的で気分のいい朝が続いてます。

折角早起きしたので、何か作ろうかと・・・

それが ポークおにぎり で、

食べたチビ達曰く 「なんか足りない・・・」

この前のソバと一緒のリアクション (笑)

マンゲツさんが 「ドンマイ!」 って感じで慰めてくれました

今日の話は

【坐骨神経痛】お尻から足への痛みとシビレを解決するには!

坐骨神経痛・・・

腰からお尻、足にまで痛みやシビレが出る・・・

骨盤がゆがんでいるから、矯正する。

梨状筋の緊張が、坐骨神経に影響するから緩める。

インナーが弱くなって大腰筋が上手く使えないから鍛える。

テニスボールでゴロゴロしてお尻を刺激する。

だいたいの患者さんが、上記のようなことをこなして

それでも一向に・・・

ってことで来て下さいます。

坐骨神経痛だから、腰が悪い!

もちろんそうではありますが、

では、どうして腰や坐骨神経が悪くなったの?

とは中々考えないようです。

アナタが坐骨神経痛になってしまうのは・・・

姿勢が悪いから!

デスクワークがたたっているから!

運動不足だから!

ストレッチなど、日ごろのケアができていないから!

なんて言われるようでしたら、

おそらく坐骨神経痛になっていく理由がわかっていない

もしくは、わかろうとしていない

と思うべきです。

だって、姿勢が悪くてデスクワークで運動不足

日ごろのケアをしっかりしていない方が

坐骨神経痛になる理由ならば・・・

世の中の半数以上は坐骨神経痛になっていますよね?

坐骨神経痛になってしまう方には、

坐骨神経痛になってしまう理由が具体的にあって

坐骨神経痛の症状を治そうと腰や梨状筋、骨盤を矯正しても

坐骨神経痛になってしまう理由が残っていたら

本末転倒になってしまいまっすよね!

坐骨神経痛の施術で、

腰 骨盤 お尻 大腰筋 それらを調整することは少ないです。

患部は結果であって、

結果があるのは、原因があるから。

もちろん患者さんによって原因の場所は違いますが、

坐骨神経痛になってしまう理由・原因が取れたとき

その時からが回復しやすいカラダになって

回復速度は非常に早かったりします。

なので、その場で痛みが! なんてこともあるのです。

よくお問合せいただくのが

「坐骨神経痛なんだけど、何するの?」

「どんな治療なの?」

「何回で治るの?」

非常にストレートでいい質問ですが、

「まず、坐骨神経痛になってしまう原因が何なのか?」

「それがしっかり確認できてからの施術になります」

「坐骨神経痛になってしまう原因がなくなるとどうなるのか」

「変化を体感されてみては?」

とお返しします。

みなさん、

長時間・長期間かけて治療してきたのに良くならない…

そういった状態で「ホントかな!?」って雰囲気で

お問い合わせいただくのがなんとなく伝わることも (笑)

それだけ苦労されてる坐骨神経痛が

どうして発症したのか? 原因が何なのか?

今まではっきりしてこなかったのであれば

シンプルに考えて

回復に向かうための具体的なプランは出るわけがなかったはずです。

先ずは、アナタの坐骨神経痛の根本原因が何なの?

その根本原因を解決しましょう!

ということです。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【坐骨神経痛】腰からお尻…足にかけての痛みとシビレ…原因は!?

2021.03.12 | Category: 坐骨神経痛,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

マロウ君がこういう顔して見るとき

だいたいが・・・

「日光浴させてくれ!」

「だからイスを移動しろよナ!」

って感じです。

ハイ分かりました! とセッティングします (笑)

今日の話は

【坐骨神経痛】腰からお尻…足にかけての痛みとシビレ…原因は!?

腰からお尻 股関節 大腿部への痛みとシビレ

そう聞くと、

坐骨神経痛

椎間板ヘルニア

をイメージするかと思います。

ヘルニアなら、とび出した髄核が神経に触り・・・

坐骨神経痛なら、梨状筋が坐骨神経を圧迫する・・・

それを対処していくことが一般的な治療で、

そのために色んなことを治療としてやってこられる

だが、目立った回復もなく

長期に渡って症状をガマンしている。

そうなってる方も多かったりします。

体の不調に対して病名があるということは必要ですし

なんなんだろう・・・?

というカラダへの疑問が解決されることは悪いことではありません。

ただ、病名が決まってその病名に対しての処置がなされても

回復ができないというのは、少し問題ですよね。

そして、そういう方が多かったりします。

何軒か治療に通った方だと

「ワタシ、坐骨神経痛なんですが・・・」

と、患者さんからの申告があり

先日の患者さんも坐骨神経痛です! という施術依頼。

カラダを確認させてもらうと、

確かに坐骨神経痛の検査が陽性。

施術前に、

現状で坐骨神経痛の症状ですが、

坐骨神経に対して処置していく前に

坐骨神経痛になってしまうカラダを修正していきませんか?

それが何なのかを調べてみませんか?

そしてそれが解決できた時に症状の変わり方を見ていきませんか?

という提案をさせていただきました。

患者さんからすれば

「え!? 坐骨神経痛を治してよ・・・!」

って、一瞬そんな表情になることもあります。

ですが、

今まで坐骨神経痛を治すために何軒もまわってきて良くなっていないのは、

坐骨神経痛に対して 坐骨神経痛の症状に対して

フォーカスしてきたから。

坐骨神経痛になるには、坐骨神経痛になる理由が必ずあり

原因が残ったままで坐骨神経痛を治していこう!

それは虫が良すぎますよね。

坐骨神経痛を回復させるために

梨状筋を緩めたり、骨盤を調整したり

筋肉・骨格の調整をしてきたが故の今の状態なので、

同じことをしても結果は同じです。 (同じことはしませんが)

今回、この坐骨神経痛の患者さんの症状は

ヒトツのことでほぼ治まり、

通院治療していきましょう! とはなりませんでした。

その場所は、足首のある部分

ココの調整だけで坐骨神経痛の症状が変わってきたのが

患者さんにもしっかり分かってもらえ、

坐骨神経痛になってしまう理由を知ってもらえました。

そうなれば、

どうすれば坐骨神経痛が治るのか?

坐骨神経痛にならないように何に気を付けるべきなのか?

ご本人でしっかり対処できますので。

全部が全部、1回で終わりなんてこともありませんが、

そういったケースも少なくはありません。

坐骨神経痛の症状・状態にフォーカスするだけでなく、

坐骨神経痛になってしまう理由も

しっかり見つけ出し対処できると

回復までに時間がかかる・・・ なんてことはないかもしれませんよ!

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【ぎっくり腰】最近増えているケースは・・・!

2021.03.10 | Category: 坐骨神経痛,女性の悩み,妊婦さんの治療,当院からのお知らせ,未分類,痛み,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

夜な夜なプレステをしようとすると、

マロウ君 マンゲツさんが膝の上に。

後頭部がかわいくて、プレステせずに撫でてました (笑)

今日の話は

【ぎっくり腰】最近増えているケースは・・・!

ぎっくり腰の患者さん

最近また増えています。

何度か書いている通り、ぎっくり腰の根本問題は

腰ではありません。

ぎっくり腰になってもしょうがないカラダの状態になってしまってること。

それは腰が悪いから… ということではないんです。

ぎっくり腰の根本原因は疲労で、

何が疲労しているのかでアプローチは変わってきます。

その中で最近増えているケースが、

精神的な疲労から起こるぎっくり腰

なんです。

カラダを酷使して睡眠時間や休息時間が少なく、

腰が腰らしく機能しなくなってしまった防御反応としてのぎっくり腰

とは違い、

カラダを酷使していない。 むしろ動かしていない。

しかし頭だけはフル活動。

気付いたら腰を上手く機能させることができなくなってしまい

チョットしたきっかけによって腰が破綻してしまうケース。

分かりやすい例えが、ラジコンカー

ラジコンカーが走らなくなった。

車体の問題? コントローラーの問題?

ということに似ています。

この時に、どちらが壊れているのか?

それがわからなければ、修理に手間がかかり

またしっかり走れるようになるまで時間がかかってしまいます。

もしかしたら、修理がいらない場所まで壊してしまう可能性も。

というリスクも出てきます。

あのツライぎっくり腰を短時間で回復させるには、

そういった見極めと

適切な処置が必要になり

車体を壊したぎっくり腰ではなく、

車体を動かすリモコンが機能しなくなったぎっくり腰

コレが非常に多くなっているということなんです。

こんなご時世のなか、いろんな思考や不安があると思います。

もちろん生きていくうえで必要なことですが、

過度に考えすぎてしまうとカラダを壊してしまうことも。

そうなっては元も子もないですから

少しだけご注意ください。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【治るってどういうことなの?】漠然としていませんか?

2021.03.08 | Category: こども,アレルギー,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,交通事故,坐骨神経痛,女性の悩み,妊婦さんの治療,当院からのお知らせ,未分類,痛み,肩こり・腰痛,自律神経,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

はじめに休診のお知らせ

3月19日(金)は午前中のみ診療で

3月22日(月)まで休診させていただきます。

3月23日(火)からは通常診療いたします。

マロウ君 「お!?休んでどうするんだ!?」

って顔してますが、

3月に卒業を迎えるムスメと末っ子を修学旅行に!

部活の引退試合 修学旅行 運動会 がなくなり、

卒業式も簡易的なものに・・・

普段あまり親らしいこともできていないので、

ココはヒトツ思い出作りをさせないと!

というわけです。

今日の話は

【治るってどういうことなの?】漠然としていませんか?

先週末も色んな患者さんが来て下さいました。

初回で大きな変化があり、喜ばれる方が

「なんで今まで良くならなかったんでしょうね・・・?」

「いっぱい治療したし、時間もかけたんだけど・・・」

こんな話になることもあります。

偉そうなことは言えませんが、

そもそも【治る】ということ

この定義とそのシステム、過程を知らなければ

治る という方向に行きづらくなってしまいますし迷ってしまいます。

施術とは、その治る方向に患者さんを少しだけサポートすること。

ワタシは

人が人を治せる! なんてことは考えていません。

傷ができたとき、キズがふさがるのはご自身のチカラで

キズがキレイに治るように消毒や絆創膏など適切な処置をすれば

ご自身の回復能力ですよね。

骨が折れても、勝手に骨は癒合しようとします。

もちろんご本人の回復能力です。

キチンと真直ぐ癒合するように、

骨折部が安定するように というのが施術です。

どんな症状においても

患者さん自身が、しっかり治るようにしていこう!

ということが働くわけで、

誰もが持っている最高のお医者様 自己回復能力という先生です。

いつまでも良くならない・・・ 治らない・・・

というのは、

その自己回復能力という最高のお医者さんが上手く働けない状態。

自己回復能力をジャマしている存在があるのでは・・・?

という考えを持つことが解決策になる場合もあり、

痛みがある場所 症状がある場所

それらをケアしても良くならないのであれば尚更です。

施術とは、先ほど書いたように

キズが治りやすい状態にしていく

折れた骨が付きやすいような状態にしていく

自己回復能力がしっかりできるようになるためのサポートなんです。

では

腰痛の場合は・・・?

肩こりの場合は・・・?

頭痛の場合は・・・?

捻挫の場合は・・・?

スポーツ障害の場合は・・・?

それらの、治ることを阻害している場所がどこなのか

そこを見ていきますし

上手く決まったときは、想像以上にその場で回復をしていきます。

それくらい自己回復能力って凄いんです。

痛みや炎症があるから・・・

その部分がどうなってるのか・・・?

というのも大切ですが、

その痛みや炎症がどうして回復できないのか???

自己回復能力という最高のお医者さんがどうして働けないのか?

と考えていくべきです。

ときより施術の結果に驚かれることもありますが、

それはワタシの能力ではなく

患者さんご自身の自己回復能力が作った結果なんです。

そういった施術が患者さんに提供できるように

そう考えております。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【腰椎椎間板ヘルニア】痛みで歩けない方が回復できた理由とは!

2021.03.01 | Category: 女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

ムスメの入試も終わり、結果は金曜日ですがチョット慰労会

何が食いたい? って問いに、

肉!

というリアクション (笑)

5人家族なので、しっかりお肉で腹いっぱいにするには

この ピッカーニャ というお肉がマスト。

1500グラムで3000円 (笑)

安いから選ぶのではなく (コストは重要ですがw)

ピッカーニャは、肉の味がするから!

是非、試してみてください。

今日の話は

【腰椎椎間板ヘルニア】痛みで歩けない方が回復できた理由とは!

先週の患者さん

椎間板ヘルニアで歩くこともできない…

就寝時の痛み 寝返りでの痛み 朝の起き上がり

などでも強烈な痛みが腰から足にかけて発生してしまう…

生活動作もままならず、どうしかならないか?

知人に当院を紹介され来て下さいました。

話をしていくと、

椎間板ヘルニアを患ったこともあり、

今回も同じような症状。

その時の検査では、腰椎4・5間が狭くなってるということ。

歩行を見ると、右足がつけないほど腰・足の痛みをかばっている状態。

この患者さん

帰りには普通に歩けるようになって、お帰りになりました。

腰にどんなことしたんだろう・・・?

ヘルニアをどう調整したのだろう・・・?

腰椎の矯正が上手くいったのか・・・?

なんて思うかもしれませんが、

腰を施術したり、むしろ腰は触っていません。

なのに、腰から足の痛みがラクになり

普通に歩いて帰れるようになったのは・・・

患者さんの歩きの中にヒントがあり、

先ほど書いた歩き方に答えがあるのです。

それを解除しただけで、普通に歩けるようになり

痛みも楽になってきた! ということです。

腰から足の痛み 腰椎椎間板ヘルニア

コレは、腰の問題!

腰の状態を修正していかなければ!

ということが多いですが、

一般的に腰を治療していって良くなるケースは少なかったりします。

そんなお悩みを持つ方に、

こういった解決方法もあることを知っていただくのも

もしかしたらいい結果が出るきっかけになるかもしれません。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【足のしびれ】5分も立っていられない腰から足のしびれ…ヘルニア???

2021.02.15 | Category: 女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

土曜深夜に地震もあって、被害が出たところもあるようで

大変な思いをされてる方もいると思います。

早く落ち着くと良いですね。

バレンタインデーでママちゃんからIWハーパー

大切に飲みます!

今日の話は

【足のしびれ】5分も立っていられない腰から足のしびれ…ヘルニア???

先週末の患者さん

80歳代の女性で

両足にシビレが出る 腰から足にかけて痛む

5分も歩くことができない

立っていても痛みで座りたくなってしまう

整形外科で診察し、リハビリをこなし

ハリやお灸をしてもらったりしていたが改善されず

ご家族の方に当院を紹介され来て下さいました。

先週末が、2回目のご来院で

スタスタ歩いて院内に入ってこられました。

実は初回の来院時には、跛行をしながら腰を曲げ

やっとの思いでこれたんです!

って感じで来て下さったので、この変化は嬉しい感じで

ある程度歩いても大丈夫だし、台所にも立てるようになった!

でも、少しだけスネに違和感がある。

2回目の施術で、スネの違和感も緩和し

姿勢も良くなってお帰りになりました。

腰から足が痛くて、シビレもある・・・

なんとなく想像されるのは、腰椎椎間板ヘルニア 坐骨神経痛

そのあたりでしょうか。

その場合、腰を治療して神経の通りを良くして

痛み・シビレを解決していく

ってのがセオリーですが、

この方が回復できたのは、腰を治療したからではありません。

シビレがなくなるように調整したわけではありません。

何をしたのか?

それは、この方の腰・足が正常に機能するようにアシストして

患者さんご自身に戻してもらう方法。

腰を触ったりもんだり、足を調整したりするわけではありません。

もちろん手は加えますが、あくまでも治していくのは本人で

それができたとき、

その場で症状の変化 動きの変化を感じることができます。

こういった症状は 「腰からの影響なんじゃないの?」

って思いがちですが、

結果的にそうなったことであって

腰を治していこう! って見ていくより

では腰がどうしてそんな状態になったの?

を紐解いていくとスムーズで効果的な回復ができることが多いです。

足にシビレだから腰が悪い・・・

でも腰を治療してきても良くならない・・・

もしかしたら、患者さん自身が簡単に戻すことができるかもしれませんよ!

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場駐車場はありません
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順