TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 肩こり・腰痛の記事一覧

【野球肩】投球での痛み 工藤公康選手のヒトコトが回復のカギになります!

2019.02.16 | Category: こども,スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ です。

ムスメからチョコレートをもらいました。

超~ウレシイです (笑)

何個か作ったようで・・・

誰に渡すのか・・・

気にしないようにしてますが・・・

気になります (笑)

もうそんな年頃なんですね。。。

今日の話は

 「野球肩 回復するにはアノ工藤公康選手のヒトコトが大きかった!」

野球 ソフトボール のみならず、

バレーボール バスケ など

投球という動作において、肩の痛みを発祥させる選手が来てくれます。

野球肩というと

一般的なイメージでは・・・

肩が痛い 投げると痛い 

肩を治療してもなかなか良くならない

インナーマッスルを鍛えなかったから

フォームが悪い 合っていない

肩の筋肉に炎症が。

そんな感じですよね。

そして、色々治療や対処、トレーニングをしたけど

痛みがなかなか良くならない・・・

という患者さんが来てくれます。

中には、もう半年投げていない!

野球を辞めなくてはならないのか・・・!?

という選手もいたりします。

そういった選手たちが、数回の治療で投げられるようになっていく

そんな施術ができる様になったのは

実は・・・工藤公康選手のヒトコトが大きいのです。

現在ソフバンの監督ですが、

現役時代の西部ライオンズのピッチャーのころのヒトコトです。

なので・・・

もう30年以上前のヒトコトです (笑)

テレビのインタビューで言ったあの一言が

なぜか印象的だったのを今でも覚えています。

それが

インタビュアーの質問

「工藤選手のピッチャーとしての成功の秘密を教えてください!」

この答えに

「腹で投げるようになって上手くいくようになったんだよね!」

「ケガもしなくなったしね!」

凄く気軽に答えていたと思います。

この応答を鮮烈に覚えてまして、

なんで腹で投げるんだろ・・・???

腹をどう使うんだろ・・・???

投げるのに腹!?

どういうこと!?!?

【 腹で投げる 】 という意味をずっと考えてました。

実は、この 【腹で投げる】 の意味の中に

野球肩を治していく重大な要素があるのです!!!

腹を使って投げる。

たぶん皆さんが思うには・・・

腸腰筋? 腹斜筋? 腹直筋? 骨盤?

やっぱりコアのことだろうから腸腰筋の使い方でしょ!

インナーマッスルは大切だからね!

ワタシも最初はそう思っていました (笑)

でも、野球肩を解決していくのに

腸腰筋にアプローチをするわけではありません。

お腹も骨盤もアプローチしません。

じゃ、何なんだよ!!! 

ですよね (笑)

答えは・・・

お腹が使えるように ○○ を補正していく

それができると、野球肩の痛みはその場で劇的に減ってきます。

なので、○○を補正してお腹が使えるようになって

投球動作でのフリクションが減少して

肩に負担がかからなくなってくる。

そうなると回復は早くなり、痛みも減少し、投球動作もスムーズに。

結果的に数回で復帰できるような選手も出てくるのです。

この○○にたどり着くには

小さい脳みそで色々考えて実践して出てきた結果です。

もちろん患者さんには教えますが、

ここでは考えてほしい意味も含めてナイショにします (笑)

その大きなヒントを、

当時の工藤公康選手にもらったのです。

ワタシにとって、工藤公康選手は天才的な方の位置づけです。

でも応援していたのは、ヤクルトでしたが・・・ (笑)

なので、プロ選手のドキュメンタリー番組は結構好きで

その中に重要なソースが見つかることもあるかな?

なんて楽しみに観ています。

凄い選手のヒトコト みなさんも是非ひも解いてみては!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【40肩・50肩】 電気治療 運動療法 シップで良くならない方に!!!

2019.02.12 | Category: セルフケア,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛

おはようございます

ときた整骨院 

https://tokitaseikotsuin.com/ です。

雪の3連休でしたね。

いかがお過ごしでしたでしょうか?

長男は、マロウ君にべったりでした (笑)

癒されるそうです

多感な時期ですから、ネコには凄く助けられてますね!

今日の話は

 「40肩・50肩 電気治療 運動療法 シップなどで良くならない方に」

先週の患者さん

右の方が痛くなって、

だんだん着替えたりすることがツラくなってきた。

肩も挙がらなくなって、

寝返りの時に痛みで目が覚める。

接骨院などで治療をし、

ご自身でもインナーマッスルを鍛えようとチューブトレーニング。

3カ月たっても、良くなるどころか

益々症状が強くなるばかり。

お子さんが当院に来てくれたご縁で来てくれました。

40肩・50肩

いわゆる肩関節周囲炎というものですが、

「治るのに2年もかかったわ」

なんて言う方もいたりします。

この方の場合、

初回で肩が挙がるようになり、

着替えでの肩の痛みはなくなりました。

引っかかる感じもありません。

なぜ、このような結果になったのか・・・???

それは・・・

肩を治療しなかったから (笑)

何度か書きましたが、

肩と肘関節の関係は綿密なものです。

肘関節を支点に手を動かす仕事が多い場合、

40肩・50肩になる方が多かったりします。

肘関節が機能的に使えなくなってきた場合、

そのカバーを肩関節がしてくれます。

肩関節は普段の肩関節の仕事プラス、肘関節のフォローの仕事も増えるわけです。

当然、疲労は増えてきますよね。

それが長期間になると・・・

特になにしたわけでもなく肩が痛い!

肩が挙がらなくなってきた!

ってなってくるのです。

そうなった場合、

何が最優先に解決していく要因になるのか?

当然、肘関節が機能的に使えるようになって

肩関節の仕事を減らすこと! ですよね。

厄介なことは、そのとき肘関節には痛みがないことです。

だから肘が調子悪い…!とはならなく、

痛みのある肩に意識が行ってしまい

肩が悪い! だから肩を治療していこう!

ってなってしまうことです。

これが、40肩・50肩で長期に悩む原因になってしまうのです。

肘の機能を元通りにする。

そうすると、その場で 「あれ!肩が痛くない!」

ってなってきますよ!

こういったケースもあることを知っているのも宜しいかと思います。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【坐骨神経痛】早期に回復させるためには、必ず○○をチェックする必要が!

2019.02.07 | Category: セルフケア,坐骨神経痛,当院からのお知らせ,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ です。

ウチのネコたちを見て・・・

このネコたちって何ガラ何だろう・・・? って

そんな話になりました。

キジ キジトラ 茶トラ そんな感じでは、どんな分類になるのかと…

白猫で耳が茶って言ってますが、

知っている方がいらしたら、是非教えてください!

今日の話は

 「坐骨神経痛 早期に回復させるためには、必ず○○をチェックする必要が!!」

坐骨神経痛

おしりから足への痛み シビレ 

おかげさまでこのブログから来てくださる患者さんも多かったりします。

近くの方 遠方から来てくださる方 ご紹介の方 様々です。

患者さんと話をしていくと・・・

・ 治療はしていた

・ おしりの筋肉を緩めるようにしていた

・ クスリや注射で様子をみていた

こんなことが共通点としてあがってきます。

坐骨神経がおしりの筋肉に圧迫されて

症状が出てきてしまう

だから腰からおしりを治療し、おしりの筋肉を緩めて

痛みは湿布や鎮痛剤で抑える・・・

なんとなく理にかなったように感じますが、

現実的に、それで良くなっていかないケースがあるので

長期に痛みで苦しんでいたり、

いつまでも治療に通っていても良くなっていかない

そういった患者さんが来てくださるわけです。

坐骨神経痛の患者さんがラクになっていくケースは

その場で体感できることが多かったりします。

坐骨神経痛の治療していくにあたって、一番大切なことは・・・

歩行をチェックすることなんです。

おしりの筋肉が坐骨神経を圧迫する

そして痛みが発生する

それは坐骨神経痛になったという結果であって、

なんで腰・おしりの筋肉が緊張しなくてはならないのか?

なんでこっち側に症状が出るようになっているのか?

その答えが、歩行の中に見えてきます。

簡単に言うと、

腰・おしりの筋肉が、何かをかばっているが故

結果として坐骨神経痛になってしまっているから。

何かをかばうようなことがなければ、

腰・おしりは頑張ってかばう必要がなくなってきますし

そうなってこないと根本的な解決に繋がってきません。

それが、歩行の中でみつかるのです。

歩き方が悪いの・・・???

歩き方を変えたらいいの・・・???

そういった問題ではありません。

腰・おしりに負荷をかけているところは、どこなのか?

それを見つけて解決していくことが重要で

歩行の中に見つかってきます。

坐骨神経痛でお悩みの方、

こういった考えでカラダを見ていくと

治っていく答えが見つかりやすかったりしますよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【ストレートネック】 ストレートネックでの首の痛み・肩のコリ・頭痛、○○で解決!

2019.02.05 | Category: 当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ です。

ワタシの大好きな銀杏

ネコたちには遊び道具に見えているのか

興味津々で食らいついています (笑)

遊ばせませんよ! 私の楽しみですから (笑)

今日の話は

 「ストレートネックでの首の痛み・肩コリ・頭痛 〇〇でなくなりました」

最近多いお問合せで

「ワタシ、ストレートネックなんですけど・・・」

「そちらで対応できますか???」

「首の痛み・肩コリ・頭痛がひどくて・・・」

何名かストレートネックでのお問合せがあって

来ていただきました。

話を聞くと

首周りに症状があって、病院でレントゲン検査と診断で

ストレートネックと言われたそうです。

そういう骨格上、首周りに症状が出てもおかしくない・・・と。

湿布や痛み止め、ストレッチなどで対処していきましょう!

ということだったみたいです。

脊椎の湾曲が緩やかで、頸椎がまっすぐにい近くなってしまうと

ストレートネック ということになってしまいますが、

首の痛み 肩のコリ 頭痛 など首周りの症状は

ストレートネックだから!

とは限りません。

先週のストレートネックと診断された患者さんは

肘の調整で、首周りの症状がなくなってきました。

「え!首じゃなかったの!?」

ってなっていましたが、

実際には肘の調整で痛みはなくなってきたわけです。

首の痛み 肩コリ それによっての頭痛は

ストレートネックと言われることが多いようですが、

ストレートネック自体が、そういった症状を引き起こしている!

そういったケースは少なかったりします。

なので、

ストレートネックだから・・・

この症状はあきらめないとだめなのか・・・

上手く付き合っていくしかないのか・・・

とも限りませんので、

その症状が、なんで出ているということに着目し、

それを解決していけると

ストレートネックだから・・・とツラさを諦める様なことにならなくなってきますよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【坐骨神経痛】 ぎっくり腰の患者さんから、その日に紹介で来てくれた患者さん

2019.01.31 | Category: 坐骨神経痛,女性の悩み,当院からのお知らせ,肩こり・腰痛

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ です。

マイナス2度の中、ムスメを見送っているマロウ君

やらされている感、ハンパ無いです (笑)

この寒さを体感すれば

脱走を考えることはなくなるのかナ! と (笑)

今日の話は

 「坐骨神経痛 ぎっくり腰の娘さんから紹介で来てくれたお母様」

このブログを見てくださった、ぎっくり腰になった方が来てくださり、

痛みが激減し、帰りにはスタスタ歩けるようになって

帰宅後にすぐ電話をいただきました。

「実は私の母が坐骨神経痛で・・・」

「もう2カ月整形外科に通院しているんですが・・・」

「台所にも立てなくなって・・・」

「毎日痛い痛い言っているので・・・」

「今日見てもらえませんか・・・?」

ということでお母様も来てくださいました。

整形外科のリハビリには毎日通っているらしく、

電気治療 温熱療法 マッサージ などを

腰から太ももにしていたそうです。

坐骨神経痛なので、おしりの筋肉を緩めたらいいのでは・・・?

と、ご本人も思っていたらしく

でも症状はひどくなるばかり。

歩くのも娘さんのカラダを借りないとまともに歩けない状態で、

ご本人もツラいけど、

娘さんもお母様の世話で、ストレスがあったそうです。

この方の治療は

足首の調整をし、一人で歩けるようになってきました。

痛みがあるのが腰と太ももだったのに、

なんで足首の調整で歩けるようになるの???

と、娘さんも驚かれた様子。

足首からアキレス腱の調整で、更に痛みも楽になり

一人で立ち座りや歩いたりかがんだりできるように。

痛みも来た時の2割程度にまでなってよとこばれていました。

要は、足首周辺の影響からの坐骨神経痛だったということで

腰やおしり 太ももの治療をしても良くなっていかなかったのが

こういったことだったからなんです。

あと1~2回の施術で終了できそうです。

坐骨神経痛で何カ月もツラい思いをされている方は

こういったケースもあることを知っていると良いかもしれません。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【ぎっくり腰 急性腰椎症】 ホントに治さなければならないのは○○です!!!

2019.01.28 | Category: 坐骨神経痛,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

毎週末に釣りに行ってしまうと

家の中でブーイングが起こるので

自宅待機な休日でしたが、チョット時間があったのでアメ横に。

なんか昔のアメ横とは・・・

香辛料の香りが漂う東南アジアの市場みたいなか感じになってて

いいのか・・・悪いのか・・・

写真は「オレにはカンケ―ね~!」 のマロウ君

今日の話は

 「ぎっくり腰 本当に治さなければならないのは○○なんです!」

先週は、ぎっくり腰の患者さんが何名か続きました。

あのツライぎっくり腰を素早く解決していくにあたって大切なことが

 痛むから、動かない

のではなく

 動けないから、動かすと痛む

ということでしたね。

では、なんで動けなくなってしまうのか・・・?

それは、

アナタの腰が 「もうこれ以上、腰に負担をかけないでぇ~!」

「腰にストレス掛けられるの・・・まじカンベン!!!」 (笑)

そんな感じで、腰を機能させないように

防御反射としてものすごく強い筋緊張が腰に起こってしまうこと。

ですから腰自体の損傷ではなく、

腰の機能がロックされている状態なんです。

ですから、まず大切なのは

腰を動かしても痛みがなくなるように

防御反射のロックを外すことがファーストエイドであり、

それができると、多くの方が痛みがなくなっていき

帰りはスタスタ歩いて帰れるようになります。

ここで、めでたし めでたし!

ではなくて、

腰の防御反射が起こってしまった理由は何なのか?

これを残していては、またギックリ腰をやってしまう確率は高くなり、

根本的な解決にはつながってきません。

ぎっくり腰になってしまう根本的な原因とは・・・

ヒトコトで言うと・・・

 「疲労」 です!

なんだよ!当たり前じゃん! ってなりますが、

その方の 「なに」 が疲労しているのか?

それを見定める必要があります。

当然、腰だったりもしますし

足周りの影響を強く受けている方もいます。

最近多いのは、アタマの疲労から! という方だっています。

それは人によって違いますし、

それを解決できると更にカラダは素直に軽くなっていきます。

折角よくなったぎっくり腰

またやってしまう爆弾を抱えたままより、

心配なく生活ができる! カラダも快適に動かせる!

どっちがいいのか、明らかですよね!

ぎっくり腰を治していくときは、

もう1歩、そこまで解決できると

またやってしまった・・・! ということがなくなってきますよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【頭痛】 ホントはクスリを飲みたくない・・・根本的に改善したいアナタに

2019.01.23 | Category: 女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ です。

マロウ君・・・

部屋の隅っこを凝視してました・・・

なにかいるなら言ってください (笑)

あと、夜はカンベンね!

今日の話は

 「頭痛 ホントはクスリを飲みたくない・・・ でも飲んでしまうあなたに」

頭痛・・・ ツラいですよね。

頭痛があると、集中力が発揮できなくなったり

物事を進めていく進捗にも影響が出ますし、

当然、気分はいいものではないですし

感情のコントロールさえできなくなってきます。

その頭痛、

頭痛といえば、頭痛薬を飲んで対処する。

痛みをコントロールすることは、上手く使えば有効なことです。

でも、

いつまで頭痛薬を飲んでいればいいの・・・???

頭痛薬を飲み続けて、将来どんな自分が待っているの・・・???

胃の調子も良くないし、頭痛薬が効かなくなってきた・・・

もっと強いクスリを飲んでいかなければ・・・

こういったことを考えているけど・・・

気にはなってはいるけど・・・ 

今はあえて気にせずクスリを飲んでいこう・・・

ってなっていませんか???

頭痛でお悩みの方は、

 頭痛 = 悪いもの

って方程式になっていますよね!

仮にワタシも頭痛持ちで知識もスキルもなければ絶対にそう思ってます。

頭痛って何なの???

って考えていくと、

これは悪いことではなく、

頭痛を発生させることで、本人に不具合があることを教えるシグナルなんです。

だとしたら、

不具合が解決できれば、頭痛というシグナルは発生ししませんよね。

でもみなさんが頭痛になったとき

解決していくことは、鎮痛です。

それで 痛みの伝達をブロックする 頭痛薬を飲むのだと思います。

当然、頭痛を起こしてしまう原因がそのままで、

痛みだけを感じないようにしていく・・・

すこし厳しくなりますが、

臭いものには蓋をしろ! 的な一時しのぎです。

これが、慢性的に頭痛に悩まされる方たちのロジックで

みなさん分かっているけど、しょうがないよね・・・

ってなっていることだと思います。

頭痛を解決していく場合、

痛みにフォーカスするのではなく、

痛みというシグナルが、なぜ発生しているのか?

その不具合が何なのか???

その不具合をどう解決していくのか???

ソレが根本的な解決になっています。

その不具合というのが・・・

脳に行く ○○ の問題なんです。

その○○を滞りなくすることで

頭痛というシグナルはなくなってきます。

そんな頭痛の根本解決方法も

ちょっと得意だったりしますよ!

いつまでクスリを飲みますか???

続けていたら将来どうなりそうですか???

そのことに目をつぶっていませんか???

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【脊柱管狭窄症】 歩くと痛みが出る腰痛… その痛みがなくなった理由は?

2019.01.21 | Category: 坐骨神経痛,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ です。

長男の入試も終わって

水入らずで釣りに

ウツボさんが釣れました。

「キッチンは絶対使わないでね!」と妻からの要望もあって

外で捌きました。

ネコたちは食べてくれませんでしたが、

見た目と違って、かなり上品な白身魚?鶏肉?

特に皮が美味しかったです。

ウツボさんお勧めです!

今日の話は

 「脊柱管狭窄症 歩くと痛む腰痛…痛みがなくなった理由は・・・?」

先日にお患者さん

6年前から腰痛・ぎっくり腰うを繰り返し

今年に入ってから歩くことも困難になり

歩いては痛みが出て、少し休んではまた歩けるようになって…

それがだんだん間隔が狭くなってきて

病院での精密検査で、脊柱管狭窄症との診断。

手術も考えてくださいという所で、

当院に来てくれた患者さんでした。

以前から腰痛には悩まされていて

整形外科 接骨院 整体などには通っていたそうで

でも今回ひどくなった結果、脊柱管狭窄症の診断が合って

どうしてなんだろう・・・ 

と憔悴されてました。

歩くことが困難

起きていると腰が痛む

確かに痛みが腰にあるのですが、

なぜ歩くと腰に負担がかかっているのか?

なぜカラダを起こしていると腰に負担がかかっているのか?

これらをまず解決していきましょうか。

ということで施術開始しました。

調整したのは腰ではありません。

その後、歩いてもらうと・・・

「足が歩く前に出る・・・!」

「腰を伸ばしても痛みがない・・・!」

明らかにカラダの動きが違ってきた様子。

脊柱管狭窄症の患者さんを見ていく場合、

こういったことが多いです。

腰が痛くて歩けない・・・

ではなく、

歩きが安定しないから腰に負担が掛かり腰が痛む

こういったケースが非常に多くみられます。

ですから、

腰をしっかり治療してきても良くならなかったのです。

痛みがある部分が、なぜ痛みが出るようになってきたのか?

これを見ていくことも

脊柱管狭窄症を改善していく大きな要素になりますので、

ご一考いただけたらと思います。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【めまい】 3回の治療で卒業された患者さん 原因は○○でした!

2019.01.15 | Category: 女性の悩み,当院からのお知らせ,肩こり・腰痛,自律神経

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ です。

連休は・・・

懲りずに竹岡港に釣りに。

釣果はちっちゃいカサゴさん1匹

大きくなってからまた相手してね! とリリース。

ネコにはお土産なしです(笑)

今日の話は

 「めまい 3回の治療で卒業された患者さん」

先日、めまいでご来院の患者さんが

3回目の治療を終わって卒業されました。

ご本人は・・・

「まさか3回で良くなるなんて・・・」

「今までは何だったのか・・・」

って笑っての卒業です。

その今までとは・・・

2年前から首コリ・肩コリがひどくなり

頭痛の頻度も増え

睡眠も浅く、疲れが取れなくなってきた。

ある日、起きたら目が回るようなような状態になって

このまま死んでしまうのでは・・・

とも思ったらしいです。

病院での診察検査で異常は見られず、

耳鼻科に受診し、三半規管・耳石の問題では

ということで投薬治療。

改善がみられず、

マッサージ 整体 ハリ カイロプラクティック 漢方など

試せることは何でも試したが、

思ったほど良くならず、

友人に当院のことを聞き、来てくださった女性の方です。

めまい・・・

三半規管 耳石の問題・・・?

なんとなく掴みどころがないですよね。

治療も投薬がメインだったりします。

もちろんそれで良くなる方も多いとは思いますが、

そうではない方もいたりします。

この方の施術は・・・

頸椎を中心に、自律神経系も見させてもらいました。

三半規管 耳石

当然、ワタシには見ることは出来ません。

もし、その器官が悪いのではなく、

その器官の働きをジャマしていることがあるのであれば

それを解決し、正常に働けるためのアシストをする。

そのジャマになっていたのが

頸椎 自律神経系 だったのです。

めまいの原因。

色んな事があるとは思いますが、

こういったケースで回復される方も

実は多かったりしますよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【坐骨神経痛】 このブログのセルフケア方法で坐骨神経痛を解決された方

2019.01.11 | Category: セルフケア,坐骨神経痛,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ です。

マロウ君とマンゲツさん

可愛い顔している写真が撮れました (笑)

普段、変な写真が多いので・・・ (ムスメに叱られてます)

たまにはカワイイ(?)ところを!

今日の話は

 「坐骨神経痛 以前書いたケア方法を試してくれた患者さん」

先日の患者さんで

坐骨神経痛を長く患ってて

ネットで坐骨神経について調べていたら当院のブログに引っかかって

ダメもとで試したら、思いのほか順調に回復し

腰からおしり、足にかけての痛み・シビレがなくなってきて

「ガセではなかったから… トータルでカラダを見てもらおう」

という患者さんでした。

例のアキレス腱を調整するアレです!

坐骨神経痛に対してのケア方法

これを検索すると色んな方法が出てきますが、

アキレス腱を選んでくれて、

実際に試していただけたこと

そして結果として今日機関の坐骨神経痛が回復していったこと

すごく嬉しいですし、

それでトータルで体をみていこう!ってなってくださったことが

何よりです。

その患者さんには

なぜアキレス腱からの影響で坐骨神経痛になったのか?

その原因を解決していく施術をさせていただきました。

歩き方 足の重さ 腰の可動性が拡がり、

そのアキレス腱に影響を与えていた要因を理解していただけたようで

またさらに自分でも良くしていこうと

ちょっとしたコツも覚えていただけました。

人から聞いた話や情報は、

なかなか実行することは、少ないです。

それは私も一緒です (笑)

良いことを聞いた時、

「オレもやってみるよ~!」って言いながらも、

そのときばかりでなかなかできることではありません。

ウレシイご報告と

自分も行動しなければ・・・

なんて思った先日でした。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場駐車場はありません
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順