TEL

【野球肘】  良くならない選手の共通点とは・・・?

2017.01.27 | Category: こども,スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

IMG_0196

おはようございます。

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

うちのマロウ君

2階建て段ボールの一軒家住まい。

3食昼寝付き (笑)

たまにチュールのオヤツや

小生のトンカツまで食べてます。

トイレもキレイにしてあげます。

仕事は・・・・

家族を癒すことデス。

大きな仕事をしています (笑)

今日の話は

 「中学生から痛かった野球肘」

昨日の初診の患者さんで、

大人になって、草野球を始めたんだけど、

また肘が痛くなって・・・

という患者さんがお見えになりました。

話を聞くと、小学生から大学までミッチリ野球をしていたみたく、

そのときも肘の痛みには悩んでいたそうです。

野球肘。

なってしまうと、なかなか良くならない方がいっぱいいて、

中には試合にも出られなくなる選手もいたりします。

でも、皆さん色んな病院や

スポーツドクター・スポーツ障害院に治療には行ってはいるのですが・・・

野球肘がなかなか良くならない方の共通点は・・・

肘を治療しているから

です!

ハイ! 肘を治療しているからです!

間違いないです!

2回も書きましたが (笑)

投球をしていて、肘が痛くなる選手もいれば、

痛くならない選手もたくさんいます。

その違いとは・・・?

肘の動きをジャマしているところがある

肘に負担がかかるような、体のデザインになっている

この2つがあるかないか。

いくらひじの炎症を鎮めようとしても、

いくらフォームを変えて肘をいたわっても、

これらがあった場合、良くなるわけがありません。

この方の治療は、

肩甲骨の調整でした。

そして投げてもらうと・・・

「肘が痛くない!」 「違和感もない!」 「軽い!」

となります。

もちろん、肘には触ってもいません。

肘を悪くする原因がハッキリしない限り、

いつまでも回復は出来ませんよね。

長く苦労されている選手は、

ココを見直すとイイと思います。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【シンスプリント】 駅伝選手の回復と自己ベスト

2017.01.26 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,当院からのお知らせ

IMG_0223

おはようございます。

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

我が家のマロウ君・マンゲツさん

尾っぽが短いです。

でも、呼ぶとピコピコ動かしてくれます。

長い尾っぽのネコちゃんにもあこがれますが、

短いのもかわいいですよ (笑)

今日の話は

 「駅伝部の選手のシンスプリントと新記録」

先日、駅伝部で頑張る中学生が親御さんとお見えになってくれました。

駅伝部で、シンスプリントを発症し、

痛みを我慢しながら走っていて

タイムも落ちてきた。

もちろん治療もしてはいたけど、

よくはならず、走るのを辞めたら良くなるよ!

とまで言われた方でした。

先生を信頼し、治療しに行って治らなかったら

走るのを辞めろ! って・・・

何のためにお金と時間を使って通院してるのか!?

聞いてる私も 「おい!」 ってなります。

学校でも期待されているのを感じているし、

でも痛くてタイムは落ちる一方・・・。

体だけでなく、

メンタルにまで負荷が掛かってしまいますし、

自分に自信が持てなくなるのを

多感なときに感じてしまうのは

決して良いことではありません!

この境遇を解決するのは・・・

痛みがなく走れる

狙ったタイムを出す

この二つしかありません。

初回の治療で、痛みなく走れるようになり

今日が2回目の治療。

彼に聞くと、

「自己新を更新したんですよ!」

と嬉しそうに話してくれました。

3か月辛かったシンスプリント。

2回の治療をし、今日で終了です。

彼の今後が楽しみです!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【ギックリ背中】 背中の痛みを回復させるのは、ココでした!

2017.01.25 | Category: 当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛

IMG_0176

おはようございます。

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

マロウ君がいない・・・!

と思いきや、

2階にいました。

わざわざ危ないところで毛づくろいしなくても (笑)

今日の話は

【ギックリ背中】 背中の痛みを回復させるのは、ココでした!

昨日、朝イチに

「荷物を持ったら、背中が痛くなって・・・」

「見てもらえませんか?」

という電話をいただきました。

動くのも、呼吸をするのもツライので

直ぐにみてほしいい。ということで

早速来ていただきました。

いわゆる ギックリ背中。

???

ぎっくり腰は聞いたことあるけど・・・

ギックリ背中って???

ぎっくり腰と同様、物を持ち上げたときに

背中かがギクッとなってしまう症例です。

この症状、実は結構あったりします。

背中になった場合、

座ることも立っていることも

寝ていることもツラく

呼吸をするだけでも背中に痛みが走ってしまう

かなりツラい症状です。

この方を見させていただくと、

鎖骨の下に調整部分があり、

そこを正常な状態に戻すと

 「アレ!痛くなく呼吸ができます!」

 「立ち座りも痛くありません!」

ということになりました。

ギックリ背中

ぎっくり腰

この二つの共通点は・・・

疲労がピークで少しのアクションで発生してしまうこと。

今日は痛みを取り、

次回は、体の疲労を抜いて

2回の治療で終了です。

皆様も

疲労のピークの時は、

体と頭を休ませるように

気を付けてくださいネ

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【オスグット】 なかなか治らないのは、コレをやっているから!

2017.01.24 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

IMG_0198

おはようございます。

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

最近、マロウ君の模様が・・・

濃くなってきたような・・・!

そんなこともあるんですかね・・・???

今日の話は

 「流山市からお見えのオスグットの患者さん」

昨日は、流山市からオスグットの患者さんがお見えになりました。

サッカー少年で、トレセンにも選ばれているみたいですが、

オスグットがひどくなり、練習もままならなくなって、

トレセンを辞退。

メンバーからも脱落。

整形外科・接骨院で治療をして

アイシング・ストレッチなどのケアも徹底してしていたらしいです。

でも、良くなるどころか

だんだん走れなくなって、

膝の屈伸すらできなくなってきた・・・

ネットで調べて、そしたら当院のHPが見つかり

来てくれた患者さんです。

まず、話していくと

今まで一杯治療しても治っていかないんですけど・・・!

ストレッチ・アイシングは欠かさずしているのに・・・!

なんでですか!?!?!?

と、チョット食いつき気味での態度。

アイシング・ストレッチ・超音波などの電気治療機器は

やってはいけないんですよ!

悪くなるだけです。

と答えさせていただくと・・・

え!だって調べるとそう書いてあるから・・・!

ということでした。

施術は

体の軸を正中に戻すことをして、

足首を調整。

すると・・・

「屈伸しても痛くない・・・!」

「普通に膝が曲がります・・・!」

「え!ウソでしょ!?!?」

という反応。

ウソではありません。

ちゃんと膝が曲がるようになりました。

この間、7~8分。

アイシング・ストレッチが効かないことが

分かった様子でした。

ネットで情報を求めるのも良いですが、

オスグットなどのスポーツ障害は、

マニュアル通り対処しても、治りません。

むしろひどくなる一方ですよね。

その子にとって、

何が原因になってオスグットになっているのか?

それは各個人で違ったりします。

ですから、

それらを解決できていないのに、

ストレッチして負荷をかける

 アイシングして固まらせる

それでは良くはなりません。

運動選手はチョットしたことで

自分のアスリートライフが激変してしまいます。

どうせなら早く良い方向に変化したいですよね。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【坐骨神経痛】  まだツラいままですか?

2017.01.23 | Category: 坐骨神経痛,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛

おはようございます。

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

長男がサッカー部の練習でクタクタになって

ソファーでうたた寝してると・・・

マンゲツさんも乗っかってきて

一緒に寝ています (笑)

なんか見てる方も癒されますね。

今日の話は

 「15年間親の介護をしていた方の坐骨神経痛」

土曜日に埼玉県所沢市から

坐骨神経痛の方がお見えになりました。

話をしていくと、坐骨神経痛だけでなく、

足首にも腫れがあり、

問診票の症状のある部分にもたくさん丸をしてました。

ほぼ全身です。

その状態を何年もガマンしていたそうで、

治ることを半ばあきらめているような感じでした。

歩きえおみさせていただくと、

右足を引きずり、でも重心は乗せたくなさそうな感じ。

足首に大きな腫れも出ていた時もあったそうで、

足首の動き・力強さもなく、

できれば右足に体重を乗せたくないとの事でした。

右足首のかみ合わせを調整し、

アキレス腱のヨジレをなおしていくと・・・

坐骨神経のおしりから足までの痛みはなくなりました。

右足にも体重を乗せられるようになり、

引きずる感じもなくなりました。

今までは、坐骨神経痛の治療で腰周りを治療してきみたいで

足首の調整で坐骨神経痛が楽になるのって・・・!

と驚かれていましたが、

体調が悪くなっていく原因が分かったようで、

ご納得いただけたようです。

ココでチョット大きく言います (笑)

 坐骨神経痛は腰を治療しても治りませんよ!

だから、いつまでたっても良くならない方が多いのです。

坐骨神経痛になる原因。

それは腰にあらず デス (笑)

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【首肩腰の痛み】 痛みが出てきてしまう理由とは?

2017.01.21 | Category: 当院からのお知らせ,未分類,痛み,肩こり・腰痛,自律神経

IMG_9852

おはようございます。

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

昨日の雨・雪から一転、

今日は気持ちのいい朝。

ネコたちは相変わらずケンカしたり、

くっついたり、

寒いので外には興味なさそうです。。。

今日の話は

 「全身が痛い・・・ と訴える患者さん」

昨日お見えになってくれた患者さんで、

首も肩も背中も腰も膝も痛いんです・・・。

頭痛もひどくて、病院・整形外科・接骨院・整体に通っていたんですけど・・・

4年間ずっと良くならなくて・・・

という患者さんでした。

以前、医療機関で見てもらった時は

 骨盤が歪んでいるから・・・

 普段の姿勢が悪いから・・・

 背骨が曲がっているから・・・

 精神的な問題なのでは・・・

などいわれ、対処していたようです。

意外に、こういう患者さんは多く

どうしたらいいの・・・? と苦しんでいることが多いです。

何をすれば良くなっていくのか?

それは

 体のデザインを良い状態に戻す 

これが非常に大切です。

歩行をみさせていただくと、

左足が上手く使えていない

引きずる感じがあって、

左足の調整を小指からさせていただくと・・・

首と肩が軽くなったんですけど・・・!

腰の動きも軽い・・・!

と変化を感じてくれました。

痛みがある部分が悪かったのではなく、

痛みのある部分に影響させている体のデザインになっているだけ。

だから体が普通に動けるようになれば

その場で痛みは回復できます。

このとき、体の左右差がなく

シンメトリーが理想です。

なかなか良くならない方、

通っていても良くならない方、

なぜ体のデザインが変わっているのか、

探してみるのもいいかもしれませんよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【打撲】 冷やすのがいいの? 温めるのがいいの?

2017.01.20 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

IMG_0167

おはようございます。

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

ムスメからの写メで

 なんかヒソヒソ話してるよ!

ということで、何をしゃべってるんだろ・・・?

とムスメと妄想・・・

 「そろそろマグロ食いたい!」

 「カリカリはもう食傷気味・・・!」

 「冷蔵庫あけてみようぜ!」

すべて食べ物関係の話題で盛り上がりました (笑)

今日の話は

 「サッカー選手の患者さんからの質問」

昨日お見えになってくれた患者さんで、

部活でサッカーをしている選手のメンテナンス中に

 「 ケガした時ってアイシングでいいんですよね? 」

と質問をいただきました。

例えば、どんなゲガ?

と聞き返すと、

サッカー選手ってモモカン食らうので、

打撲を受けたときのチョイスを知りたい

ということでした。

打撲に関わらず、痛めてしまった時の対処の正解は・・・

冷やす・・・?

温める・・・?

実は、

どちらかやっていただいて、

気持ちいい! と感じる方が正解です。

え!ケガした時って冷やすんじゃないの???

そんなセオリーもありますが、

ケガをした時、その瞬間から治していこうと

自己回復能力は働いてきます。

その自己回復機能は、

自律神経中の副交感神経支配です。

少しでも気持ちよく、リラックスできた方が

副交感神経は働きやすく、

そのため回復も早くなります。

これはどんなケガにも言えることです。

ケガされた時は、ご自身が気持ちいい

もしくは痛みがラクという感覚にゆだねて

ファーストエイドされるのが良いですね!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【股関節の痛み】 解決できると良いことたくさんありますよ!

2017.01.19 | Category: こども,スポーツ障害,当院からのお知らせ

IMG_0151

おはようございます。

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

最近、我が家では

「ネコが乗ってるから動けな~い!」

などのネコを使った怠慢が流行っていまして (笑)

ムスメにピアノ練習しな!というと、

猫が椅子に乗っかって、

「ピアノ練習できな~い!」

なんてふざけたことを言ってたり・・・

でも怒れないんですよね~!

猫って得だわ!

今日の話は

 「バトン部の足の付け根の痛み」

昨日、バトン部の高校生がお見えになりました。

バトン部とは言っても、全国大会上位の名門部活で、

年末から足の付け根が痛くて

練習が思うように出来ない。

団体の演技なんで、練習を休むこともできないし、

上手く動けない事で他の部員に迷惑をかけてしまって・・・

ということでした。

この方を見させていただいたところ、

股関節の痛みもあるのですが、

腕の上がりも左右差が大きくあり、

腰の前屈・後屈も痛みを伴う。

首の動きも左右差があって、肩コリもツライ。

痛みは股関節ですが、

体全体の問題になっていました。

右足の動きを調整させていただいたところ、

股関節の痛みは半分になり、

右足首のかみ合わせを調整すると、

股関節の痛みは、ほぼなくなりました。

その状態で首・肩・腰の動きを確認してもらうと、

「軽い!」 と、動きの制限もなくなってしまいました。

体は全部繋がっていますが、

やはり痛みのあるところに意識はフォーカスされがちです。

原因の部分に的確に処置ができれば、

その場で回復は加速度的に進みます。

全国大会、頑張ってほしいですね!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【坐骨神経痛】 アキレス腱が原因になっているケース

2017.01.18 | Category: 坐骨神経痛,当院からのお知らせ,肩こり・腰痛

Fu

おはようございます。

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

末っ子、登校する前にコロコロかけるのですが、

またすぐ抱っこをしてしまう…(笑)

なぜかイラッとはせず、

しょうがネェな~ って感じ。

今日の話は

 「 ラーメン屋さんの腰痛 」

昨日お見えになってくれた患者さんで、

腰痛のラーメン屋さんの方。

おしりから、太ももにかけて痛み

足先にシビレがあって、

ご自身で調べたらしく、

坐骨神経痛ではないか・・・? と。

お仕事中は集中しているので気にならないけど、

仕事が終わってホッとした時に

痛みやシビレがひどくなってしまう。

このままでは仕事に支障が出てしまうのではないか・・・?

ということでした。

歩行をみさせていただくと、

左足が上手く使えていません。

アキレス腱・ふくらはぎを調整すると、

 「腰が痛くない・・・!」

 「でもナンデ腰が痛かったのに、アキレス腱で・・・?」

といういアクションでした。

説明すると、

ご納得いただき、再発しないようにするにはどうしたら・・・?

ということでしたので、

ご自宅でのケア方法も教えました。

実は、松戸市はラーメン屋さんの激戦区で、

有名なお店もいっぱいあります。

美味しいラーメンを作りたいから・・・!

体は健康でないと!

と感じられる方でした。

いい仕事をする為に、

自分が良い状態でいる。

とても大切なことですね。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【モートン病】 痛い部分が悪いわけではありません!

2017.01.17 | Category: スポーツ障害,当院からのお知らせ

IMG_0156

おはようございます。

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

寒いけど、

朝のお見送り復活のマロウ君です。

「しっかり給食を食べてこいよ!」

って言っているかもしれません (笑)

今日の話は

 「 2年半、モートン病をガマンした患者さん 」

昨日お見えになった50代男性の患者さん。

「ワタシ、2年半目からモートン病なんですけど治りますか?」

「あなたの所ならホントに治せますか?」

というお問合せの患者さんがお見えになりました。

こういう念を入れた問い合わせ、

実は当院には多いです。

この方の場合、

モートン病を発祥してから2年半、

病院・整形外科・接骨院・ハリなどに通って、

高価なインソールも作って、毎日ストレッチもし、

でも悪化する一方。

いろんな良いと言われることを

時間とお金を使って試した結果、

未だに治らない・・・。

それでは医療機関に疑念を持つのが

当然です。

お体をみさせていただくと、

この方には、モートン病になる原因が

2つありました。

  足首の関節のかみ合わせの悪さ

  ふくらはぎ

そこを調整させていただくと、

 触っても痛くない・・・!

 歩いても痛くない・・・!

 でもナンデ・・・?

つま先の患部を触らずに、

痛みは減少していきます。

ですから、痛い部分をアレコレしても

治らないのは当然です。

だから2年半もの間、良くならなかったのです。

的を外れたことをやっても成果は出てきません。

それは治療においても、

スポーツにおいても、

勉強においても (あんまり大きなことは言えませんが)

なぜモートン病になってしまうのか?

その見極めができ、

その原因に正確にアプローチすることが、

早期回復の大切なことになります。

もちろん、モートン病に限ったことだけではありません。

長く患っている方、

一度、原因を見直してみては!?

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順