TEL

ホーム > Blog記事一覧 > オスグットの記事一覧

【スポーツ障害】 回復させるには、前回の話が繋がってきます!

2017.11.21 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

天は人の上に人を作らず

ネコの場合は・・・

ネコの上にネコが乗っかって・・・よろし!

って感じなんでしょうか(笑)

座っていても寝ていても

乗ってきますしね!

それがチョット嬉しいんですけど(笑)

今日の話は

 「スポーツ障害を改善していく上で、前回の話が繋がってきます」

前回の話です
↓  ↓  ↓
https://go-go-gouki.blogspot.jp/2017/11/blog-post_20.html

ネコの顔のことではなくて、

足首の捻挫の話ですよ(笑)

ヒトコトにスポーツ障害といっても

お子さんなら オスグット シンスプリント ジャンパーズニー シーバー病 有痛性外脛骨・・・

大人の方なら モートン病 筋挫傷(肉離れ) アキレス腱炎 半月板損傷・・・

他にも色んなスポーツ障害があったりします。

チョットこんなことを思ったりしませんか?

 「チームの連中はなってないのに、なぜワタシだけ!?」

 「同じような練習しているのに他の人はなっていないんだけど!」

特にチームプレーのスポーツであれば

いつもケガしている選手がいたり

なんでコイツ痛くならないんだろう・・・?

ってチームメイトもいたりします。

もちろん多少の体質の個体差はありますし、

運動の質も違ってはくると思います。

避けられないケガもあったりしますが、

ケガする選手は、

またケガを繰り返すイメージってありませんか?

特にスポーツ障害の場合に

そのような傾向が多く見られます。

やっと復帰できたけど、始めたらまた痛くて・・・

って感じで。

スポーツ障害の治療は、

ちょっと調べれば細かく丁寧に出てきます。

それは、なってしまったスポーツ障害に対して

どんな対処が有効なのか? 

ということです。

アイシング ストレッチ テーピング補強 休息 など。

一番の問題の

なぜなってしまったのか?

これに対しては、

オーバーユース いわゆる運動のし過ぎ

ストレッチ不足 普段からのケアが欠落

ということがよく書かれています。

でも、

オーバーユースでも

ストレッチ不足な選手でも

スポーツ障害にならない選手だってたくさんいます。

逆に、念入りにストレッチやケアをしてるけど

いつも調子が悪い・・・ って選手もいます。

その差って???

スポーツ障害の場合

痛みが出る部分にかかるストレスがあるから。

そのストレスを掛けている原因を持っているから。

それがあるのと、ないのとでは

カラダのデザインは変わってきます。

形だけでなく機能面からもです。

前回に話した建物の例え

痛みが出るところが一番の問題ではなく

痛みが出る部分にストレスが掛かる構造が問題なんです。

実は・・・

それが足首の関節の機能から始まってしまうことが

非常に多いです!

足首の関節の機能が落ちている場合、

足首に痛みは感じません。

でも、なんとなくチカラが入りづらかったり

足裏の小指側に重心がかかってくるような感じ

違和感までではなく、

気にするほどのことでもなかったりします。

機能が落ちた足首のままプレーをすると

当然足首をフォローする働きもしながらプレーをします。

それが結果的にスポーツ障害ということを

作り出しているケースが非常に多いです。

ですから、足首の話は大切になりますので

長くなります(笑)

もちろん、足首だけの問題とも限りませんし、

その他も部分の問題だったりすることもあります。

足首の捻挫をしたときや

いつまでも良くならないスポーツ障害に悩んでいる時は

このことも頭の隅に入れといて対処していくと良いですし、

スポーツ障害に悩まれているアスリートも

ここから考えて処置していくと

きっと早く回復できる様になりますよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【膝の痛み】 最終的にはご自身で治せるようになるのが理想です

2017.11.14 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

悲報です。

昨日からマンゲツさんが脱走して

まだ帰ってきません。

しばらくはマンゲツさん探しに励みたいと思います。

寒くなってきたので心配です。

今日の話は

 「膝の痛み 自分で治せるようになるのが理想です」

オスグット 鷲足部炎 変形性膝関節症 半月板損傷

膝の障害には色んなものがあります。

その症状を細かく見るために検査をすることは

非常に大切です。

でも本当に大切なことは

どうしてこのようなことになったのか?

膝を痛めるには

膝を痛めるだけの原因があって

結果として症状が出てきてしまうケースがほとんどです。

この場合、

膝の症状だけを見てても

膝を治療してても良くなりません。

だって、膝が悪くなる原因が残っているのですから。

ですから、原因を解決することが

膝の痛みを楽にする方法であって

コレを患者さんにも知ってもらい

ご自身での対処も教えています。

昨日お見えになってくれた患者さんで、

以前に膝が痛くて10分も歩けないということで

通院してくださった患者さんが

もうフツ―に歩けるようになったけど

少し違和感を感じて、

教えてもらった方法で良くなったけど

念のために来ました!

という感じでお見えになってくれました。

動作や状態をチェックしても異常はなく

ご本人も安心してました。

自分で自分を治せること。

理想ですよね!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【オスグット病】 サッカー少年のオスグット 治したのは・・・お父さん!

2017.11.09 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

シンメトリー なう!

って感じで2匹がたたずんでいました(笑)

ただそれだけです! (笑)

ネコにも、立ち位置があるのでしょうか?

そんなことを思った朝でした。

今日の話は

 「半年以上痛かった息子さんのオスグット 治したのはお父さんでした!」

サッカー 野球 バレーボール バスケットボール 陸上 ・・・

いろんなスポーツに頑張っている

アスリートキッズに多いスポーツ障害に

オスグット病があります。

昨日、埼玉県から来てくれたサッカーキッズも

半年以上、オスグットで痛みをこらえながら練習したり

1カ月間練習を休んだり

その間、病院・接骨院にも通って治療をしていたけど

未だに治らない。

チームメイトに当院を教わり来てくれた親子です。

今までの治療内容を聞くと

「太ももと膝に電気をかけてた」

「膝に超音波していた」

「マッサージも受けてた」

「ストレッチ指導もあった」

ということでした。

本来はトレセンに選ばれるはずの選手なのに

オスグットがあるから…

という理由で選んでくれなかったそうです。

オスグット病というと・・・

運動のし過ぎで、太ももの筋肉が固くなり

結果的に膝に負担をかけて脛骨粗面に炎症

そして骨が出っ張ってくる

太もものストレッチと休息

アイシング・テーピング・サポーターが有効

 

ということがスポーツ障害における一般常識になっていますが

この子も、それらのことをしっかりとこなしてきての

今の状態です。

実は、当院に来てくれるオスグット病の患者さんは

このようなケースが非常に多かったりします。

オスグット病は

運動しすぎ 太ももの筋肉の問題 ストレッチ不足

ではありません!

なぜ、オスグット病になってしまうようなカラダになっているのか?

それが解決できた瞬間から大きな回復が起こってきます。

今回は

お父さんに、オスグットがなぜなるのか?原因をご理解いただき

お父さんに治し方を教えて

やってもらいました(笑)

そうすると

「しゃがんでも痛くない!」

「膝を押しても痛むない!」

って、笑いながら喜んでいて

お父さんも 「ホント痛くないの?」

って感じでした(笑)

コレでお父さんは オスグットマスター です(笑)

この治療法

チョットお得な治療法で

やってもらうと、

腰の張り ふくらはぎの張り 肩関節の動き

なども改善されてしまいます。

スポーツに頑張っているお子さんには

かなりウレシイですよね!

色んな治療院に行って、治療してもらったけど

もう治らないんじゃないのか・・・!?

と思わせるお子さんのオスグット病

その場で治ししたのは・・・ お父さんです!

なんかチョットいいですよね!

自宅でお父さんが息子さんを治す

そんな治療レッスンもおかげさまで好評です。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【サッカー選手のオスグット】もうずっとガマンしなければ・・・と思っていませんか?

2017.11.02 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

我が家のマロウ君

座右の銘が・・・

「不安定こそが俺にとっての安定だ!」

ってな感じで

ソファーの背もたれで寝ています(笑)

ちょっと押したくなりますが

そのままにしときましょう(笑)

今日の話は

 「息子さんのオスグット、もう治らないのかも・・・と思ってたお母さん」

有難いことに

このブログを読んでいただいた方が来てくださってます。

ネコかわいいですね!

なんて言ってくださってちょっと照れますね(笑)

でも皆さん、こう思って来るそうです

 「ホントに良くなるの?」

 「だって今まで治療していたのに良くならなかったから」

 「ココも一緒でしょ!?」

来ていただいて治療前からそんな感じだと

ウチがどんな位置づけなのか・・・

なんて思ったりします (笑)

先日お見えになってくれた患者さんも

オスグットで2年近く治療しながらサッカーをしていたけど

痛みは増すばかり。

整形外科 接骨院 スポーツ障害系の治療院に通って

ストレッチも

アイシングも

テーピングもしてるけど

良くならない・・・

もう練習すらできなくなって・・・

そんな中、当院のブログを見て来てくださりました。

ホントに良くなるの?って雰囲気で (笑)

オスグットの治療に関しては

3分で大きな変化が出ます。

例えば

膝の屈伸ができる様になった

正座ができる様になった

脛骨粗面を押してもそこまで痛くない

それを2~3セットすると

膝は普通に痛くなく動かせるようになり

痛みも大幅に減ってきます。

そうなると

付添いのお母さんは・・・

「ウソでしょ!? 痛いなら痛いって言って!?」

「無理に曲げないでいいんだよ!」

「なんでこんな簡単に!?」

と。

いえいえ、簡単ではありませんし、

フツ―に痛くなく曲げられますし

嬉しいんだか、嬉しくないんだか・・・!

って、内心ツッコみを入れてしまいますが (笑)

でも、

お母さんの気持ちも分からなくはないです。

というのは、

今まで散々、病院や治療院 接骨院にも通って

ご自身でもオスグットのことは調べ上げて

良いと思ってたことを

時間とお金を使ってすべてやってきた中で

結果が出なければ

どこか 「もう良くならないんじゃないのか・・・?」

という気持ちが潜在的に植え付けられてしまいます。

この方は

おそらくあと3~4回の治療で終了になるでしょう。

質問を受け付けると

「ストレッチはしていいんですか?」

「アイシングもしていいんですか?」

「テーピングはどうしましょう?」

ということで、

「ストレッチもアイシングもテーピングもしなくていいです!」

と答えると

「え!?だって今までの治療院やネットではそう言ってましたけど!」

今まで、それらをやってきて良くならないのは

分かっているはずです。

良くならないことを継続してしても

変わることはありません。

オスグットが回復していくことを目の前で見ていただいたので

それをやっていれば問題はありません。

そして、サッカーも出来るようになります。

今までのオスグットに対する概念が変わると思いますよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【サッカー選手の質問】 足首のサポーターはつけたほうが良いですか??

2017.11.01 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

テレビのリモコン争奪戦!

マロウ君とマンゲツさんで

観たい番組をとりあって・・・!

というわけでなく

ジャレてる場面にたまたまリモコンが(笑)

そんな写真をムスメからもらいました。

今日の話は

「サッカー選手からの質問」

足首の不調から卒業になったサッカー選手から

質問を受けました。

「これからサッカーをする上で、サポーターはした方が良いのか否か?」

この質問、結構あります。

足首にサポーターをすること

そのメリット・デメリットを考えていきましょう。

まず、サポーターを付けることのメリット

 〇 もし足首を捻ってしまったとき損傷が軽減する可能性もある

 〇 足首を守っていることの安心感がある

デメリットは

 × 足首を固定するので思った動きがしづらくなる

 × そのことによってスキルが上がりづらくなる

 × 足首が動かしづらい分、他の関節・筋肉に負荷が掛かる

 × 細かく早い動きが犠牲になってしまう

 

そのことを踏まえて考えて

ご自身に合っている方が正解です。

サポーターを付けた方が

気持ち的に思い切りプレーができる!

それはそれで正解ですし、

細かい動きができなくなるから

自分のサッカースタイルには合わないから付けない!

それも正解です。

でも、

捻挫がクセになっているから

サポーターを付けなければ!

それは間違っていると思います。

その場合

まずは捻挫グセを治すべきです。

そしてサポーターをしなくても

思い切りプレーできるようにすることが

いちばんの解決策です。

捻挫グセがあるからサポーターを・・・

そういう選手が非常に多いですし、

サポーターをしてても

結果的にもっと酷くなってしまうことが多いです。

そもそも下半身の動きが正常ならば

足首を捻挫してしまう確率は

かなり低くなります。

そして、そういう体にしていくことはできます。

相手があるスポーツなので絶対に!はありませんが、

理想は

サポーターなしで自分の動きができて

しかもケガをしづらい

ですよね!

そこに近づけていくことが

選手として大切なことでもあると思いますよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【なぜ体調が悪くなるの?】 間違いなくコレがあなたのカラダを悪くしてます!

2017.10.30 | Category: こども,アレルギー,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,坐骨神経痛,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,自律神経

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

たまに日が出ると

ネコたちは日向ぼっこ

クッションも移動してあげて

気持ちよさそう

ネコが我が家の一番のVIPかもしれません(笑)

癒してくれる仕事もキッチリしてくれます!

今日の話は

 「なぜカラダが悪くなっていくの??? その原因はコレ!」

週末の患者さんに多いのが

メンテナンスを考えている患者さん。

今までにツライ思いをされたり

なかなか良くならなかったり、

病院巡りを繰り返していた方が

回復していき、もうそんな想いはしたくないから!

ということでお見えになってくれます。

特に痛くはないんだけど

悪くなってからだと遅いから

と、お考えのようです。

え! 痛くないのに通院してるの???

って思いますよね!?

でも、こういう考えもあります。

痛みや症状が出てきてしまうのは・・・

間違いなく、その方の生活習慣がおおもとの原因です。

デスクワークで姿勢が一定だったり

お仕事が重労働だったり、拘束時間が長かったり

会社の環境 家庭の環境 学校の環境が自分に合わなくストレス感じたり

スキルアップのため体と頭を追い込んだり

他には食生活や睡眠環境など・・・

間違いなく、ご自身の生活がご自身の不調を作ります。

アナタだけでなく、誰でもそうです。

もちろん私もです(笑)

良くない! と思いながらも

その環境を変えていくということは難しいですし

不可能に近いです。

デスクワークがツラいから会社辞めます!

カラダにキツイ労働条件だから転職します!

ストレス感じるから会社辞めます!

家庭環境が良くないから出ていきます!

学校が合わないからやめます!

疲れるから運動も勉強もしません!

食生活を変えて睡眠も7時間以上!

なんてこと簡単にできませんもんね!

ちょっと憧れますが(笑)

でもそういう生活習慣があって

積もり積もった状態で限界になり

体を壊していく

病気になっていく

こういう方が多いのが現実的です。

一度、ツラいおもいをされた方は

もうこんなことはコリゴリだから!

もしまたなったら、将来働いていけるのか・・・?

と考えるのは自然ですし

治療し回復していくと

再発を防ぐためには何が必要かも分かっている方が多いです。

そして生活習慣を変えることができないなら

頑張った自分のカラダと頭のメンテナンスが重要だと

理解されています。

痛くなってからでいい

病気になってからでいい

そういう考えも悪くはないと思います。

気にしすぎながら生きていくもの大変ですから。

でも、そういう状態にならないために!

ということが

結果的に不安や後悔がないようになる

一番の対処だと思いますし、非常にスマートですよね。

メンテナンスの治療の意味は、このためです。

余談ですが・・・

ワタシも自分のメンテナンス治療を毎朝してますよ! (笑)

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【スポーツ障害】 もしかしたらレベルアップのチャンスです!

2017.10.26 | Category: オスグット,スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

昨日のネコパンチとネコキックの写真

ムスメが見たらしく

「ケンカの写真はダメ!」

と、お叱りを受けました(笑)

ということで今日は仲良し写真です。

ムスメのネコ愛・・・

オヤヂにもおすそ分けください(笑)

今日の話は

 「スポーツ障害で苦労している選手 実はチャンスかも!」

サッカー 野球 バスケ 陸上 バレーボール テニス 

水泳 スケート 総合格闘技・・・

色んな競技の選手がスポーツ障害でお見えになってくれます。

オスグッド シンスプリント セーバー病 モートン病

インピンジメント 半月板損傷 有痛性外脛骨 股関節炎・・・

スポーツ障害とヒトコトに言っても

色んな症状があり

選手によって悩みは違ってきます。

みなさんに共通して言えることは・・・

悩みがありながらも練習や試合に頑張っていること。

そんな患者さん達のお体をみさせていただくと

「よくこれでプレーできてるね!」

と驚かされます。

しかもハイレベルなカテゴリーで結果を出している選手もいたりします。

いつも思うことは

選手たちの体の悩みを解決できたら

もっとポテンシャルが高くなるのではないのだろうか!

もっと勝てるように、結果が出せるようになるのでは!

そういう想いで施術させていただいています。

カラダがツラい状態でも結果を出す。

では、カラダに不安なくプレーができるようになったら???

より良い結果が出ることはなんとなく分かりますよね!

「この前、自己新記録出したんですよ!」

「今までサブだったけど、先発でフルに出ました!」

「プレーしてて楽しくて! なんか上手くなってます!」

そんな報告もいただいてます。

スポーツ障害のツラさを

気合と根性で乗り越えていく!

それも大切なことではありますが、

体の痛みやツラさを感じずに

思い切りプレーができる様になる

それも選手としてのスキル・ポテンシャルを上げていく

絶対条件なのでは!

スポーツ障害から解放されると

選手として新たな世界が見えてくると思いますよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【サッカー選手のオスグット】そんなに簡単に行くはずない!と思ってた患者さん

2017.10.16 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

我が家のネコたち

マロウ君とマンゲツさん

上から2匹を見ると・・・

どうも餃子にしか見えない(笑)

夕飯のリクエストは餃子にしました!

今日の話は

 「サッカー選手のオスグット ホントに治るの・・・??? って患者さん」

最近、このブログを覗いていただく方が多くなり

ブログ見てきました!

という方も多くなりました。

ということは・・・

ウチのネコも見てくれているんですね!

本当に有難いです(笑)

土曜日の患者さんも

オスグットのことを調べていたら

当院をみつけてくださり来ていただいたのですが、

治療が終わり

膝の動きっが良くなり

痛みがなくなっていくことを目の当たりにして

「本当に良くなるんですね!!!」

「実は、そんなことは・・・! って疑っていました!」

というカミングアウト。。。

この患者さんの場合

サッカーを週6回 週末は試合

というサイクルの中で

オスグットになり

近所の接骨院や治療院

整形外科 スポーツに特化した医療機関に

半年以上通っていたそうです。

でも痛みが取れることはなく、

「オスグットの治療には相当コストと時間もかけた・・・」

「スポーツ選手に特化したところにも行っていろいろしてもらった・・・」

「オスグットは何やってもダメなんだ・・・」

「そんな簡単にオスグットは良くなることはない・・・!!!」

というイメージだった中、

当院のブログを見て

「ホントにそんなことあるの?」

「あってたまるか!!!」

という体でのご来院だったみたいです(笑)

少し嬉しいサプライズになれて良かったです(笑)

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【バレーボール選手のシンスプリント】2回の治療で終了です!そして+αも!

2017.10.04 | Category: オスグット,スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

マンゲツさんお気に入りスポット

くたびれたクッション(笑)

ココで日に当たりながら

気持ちよさそうに寝るのが

彼のライフワークのヒトツ(笑)

爪とぎもしますよ!

でも・・・

そのクッション・・・ もとは小生の座る場所・・・

なぜか、どかせないんです(笑)

今日の話は

 「バレーボール選手のシンスプリント 2回目で終了です」

スポーツ障害で多いもののヒトツに

シンスプリント というものがあります。

脛骨疲労性骨膜炎といって

スネの内側に強い痛み炎症が出て

踏ん張った動きや

走る動作 ジャンプなどもできなくなってきます。

バレーボール選手でシンスプリントの方が

お母様とお見えになってくれました。

7月からシンスプリントに悩むようになり

医療機関での治療

自宅でのアイシングなどのケア

ストレッチングなどもしたけど

良くならない・・・

ネットでウチのHPをみつけてきてくださりました。

シンスプリント

左右同時になることは稀です。

ほとんどのケースにおいて

片方の足から症状が始まります。

ココでも大切なことは

 なぜコッチの足がシンスプリントになったのか?

走ったりジャンプしたり、運動するときは

左右の足を必ず使います。

でも発症するのは片方から。

その答えは・・・

歩行をみさせていただき分かりました。

スネの内側ではないですよ! (笑)

その部分を元に戻し

歩行を正常な状態に戻したあと

スネの外側の骨の調整をすると・・・

「痛くないです・・・!!!」 と 

程度や状態によっても治療の回数は変わりますが

この選手の場合

初回の治療でプレーしても痛くないし

気にならなかった! というレベルまで持っていけました。

昨日の2回目の治療では

もし、また痛くなりそうになったとき

お母さんでも治せる方法を教えて終了です。

実は、この方法

結構お得度が高い方法で

股関節 膝関節 足首 の可動が柔らかくなり

筋肉の張りも、その場でラクになり

足が凄く軽くなります。

たった10秒の方法で(笑)

この選手の場合もそうですが、

シンスプリントで長々と治療に通い

それでも良くならない・・・

大会も近いのに・・・

練習も今まで通りできない・・・

こういうケースのアスリートがたくさんいます。

シンスプリントの場合、

患部を治療する

アイシングをしている

テーピングをしている

ストレッチをしている

  何週間も通院している

これでは、まず良くなることは・・・

と思っていただいていいと思います。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【衝撃的事実!】 でも、コレが患者さんの本音です・・・!

2017.09.22 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,当院からのお知らせ,未分類,痛み

おはようございます。

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

ついつい買ってしまう・・・

ジャガーさんステッカー!

千葉の英雄 ジャガーさん

小生の中では

ジミヘンと同じ偉大さを感じています(笑)

ネコもあきれてますね(汗)

今日の話は

 「衝撃的事実! 患者さんのホンネ・・・!」

先日お見えになってくれた患者さんで

1年前から腸脛靭帯炎を患い

整形外科に通院し

スポーツ障害専門の接骨院にも長期間通っていた。

でも痛みで走れない・・・

いつまでも良くならない・・・

ということで、当院に来てくれた中学生。

3000メートル走をしっかり走れました!

というウレシイ報告をいただきました。

でもこの患者さんから・・・

ウチに来るときに・・・

「接骨院なんかで治るわけはない!!!」

と思っていました・・・!!!

とのご報告もいただきました(笑)

走れるようになり、

少しだけ接骨院の印象が変わったようです(笑)

この一言 「接骨院で治るわけがない!!!」

実は

そう思われても不思議ではないんです。

長期間、回数券まで購入して

コンスタントに通院してたのに・・・

スポーツ障害に特化した接骨院!

そういうところに通ってたのに・・・

未だに走ることができない・・・!

結果が出なかったら

誰でもそう思いますし、

ワタシでもそう思います。

現在は走れるようになり、

自宅での治し方も教えて

お母様に治療してもらっています(笑)

しかも患部は触らずに(笑)

この彼に少しだけ接骨院の印象をよく持っていただけた!

なんて思ったりしています(笑)

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順