TEL

ホーム > Blog記事一覧 > オスグットの記事一覧

【バレエダンサーの膝の痛み】その場で膝の痛みがラクになった理由とは!

2022.05.12 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

里親募集で来てくれた笹カマ兄弟ネコ

仲良し具合にいつも癒されてます。

寝てばっかりですが、

被写体には困りません(笑)

今日の話は

【バレエダンサーの膝の痛み】膝の痛みがラクになった理由とは!

今回は、バレエダンサーのみならず

アスリートの方も必見です!

先日の患者さん

バレエダンサーで、4日前のレッスン中から膝の痛みを感じる。

レッスン後には痛みで歩くのもツラくなり、

膝が腫れぼったくなってしゃがんだり、曲げることがきつくなる。

接骨院に行き、電気をかけてもらい

筋肉を緩ますためにウォターベッドもしてもらったが、

膝の痛み 腫れぼったさ 屈曲制限はなくならず、

大切なオーディションも控えているのでどうにかしたい・・・!

ということでご紹介で来て下さいました。

レッスン中に、特に膝を痛めるような発生起点もなく

痛くなったタイミングもよくわからない。

なんで痛くなったのがよくわからない。

靱帯損傷があるわけでもないし、

半月板を痛めてしまっているわけでもない。

どうして・・・?

なんで・・・?

今回のバレエダンサーの方のみならず、

運動をされてる方にこういうことは意外に多かったりしますし、

案外経過が良くなく、いつまでも治らない・・・

でも調べても確かな異常がない・・・

患者さんにとっては非常に困ってしまう問題になりがちです。

膝が痛ければ、膝がどういう状態になっているのか?

しっかり調べて状態を確認することはもちろん大切なこと。

それで異常がない場合、

見ていくべきはパーツではなく機能だったりもします。

膝を治していく というより、

膝が悪くなる理由 を排除すべきで、

今回、バレエダンサーの膝が痛むようになったのは

カラダを支える支点が安定してないことで

下半身上半身がグラつかないよう膝が踏ん張っていた。

なので、体を支える支点が安定するようになることで

膝が頑張らなくてもよくなり、その時点で痛みがラクになり

膝がスムーズに曲がるように。

膝の痛みや曲がりの悪さは、膝の問題と限らない場合もあり

機能を修正すると膝にとって良い結果が出ることもあります。

特に、膝の治療をしてるけど治りが悪い方 スポーツ選手

膝の問題だけではなく、

機能的な問題を修正するのも考えてみてください。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【オスグッド病】成長期だから…とあきらめている方に!

2022.05.09 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

日曜日はつくばで12キロウォーク

んで、茨城県が誇る庶民派食堂チェーン 珍来でランチ

プラマイゼロ、ではなくプラスになってしまいました(笑)

今日の話は

【オスグッド病】成長期だから…とあきらめている方に!

先週末の患者さん

オスグッド病でお悩みの患者さんで、

遠方から来て下さいました。

話をすると、3月にオスグッド病の痛みが出て

病院と接骨院に通い治療を受けていたけど

良くなるような兆しがなく、

成長期だから仕方がないのか・・・

運動を頑張っているうちはしょうがないのか・・・

と思い悩んでいたところに当院を紹介され来て下さいました。

オスグッド病 と言うと・・・

成長期に起こるスポーツ障害

太ももの筋肉のストレッチ不足

オーバーユースで負荷を掛け過ぎ

普段からのケア不足

それらがオスグッド病になってしまう要因

というイメージを持っているかと思いますが、

仮にそうであれば、

成長期にスポーツをされているお子さんのほとんどが

オスグッド病になってしまいますよね。

しかしそうではなく、なってしまう選手 ならない選手に分かれるわけです。

先ずは、どうしてオスグッド病になってしまうのか?

お子さんだけでなく、親御さんにも理解いただき

その どうして? を修正することを教え

親御さんにやってもらいます。

そして、

お子さんの膝の下の痛み

膝を曲げたときの痛み

を確認してもらい、痛みが減りラクになることを

この場で体感してもらいます。

それは膝へのアプローチや、太もものストレッチではありません。

非常に簡単なことです。

ですが、オスグッド病を回復させるために必要なのと、

運動選手としてなくてはならない要素を戻すことでもあります。

成長期だから・・・

運動しすぎだから・・・

ストレッチしてないし・・・

それはオスグッド病になってしまう原因ではありません。

お子さんのオスグッド病を素早く治し、

運動選手としてしっかり結果を残せるようなコンディションになってほしい方、

是非ご相談ください!

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【ジャンパー膝】膝のお皿の下の痛みでお悩みの方に!

2022.04.21 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

なんか・・・ ナメクジみたい・・・

ここ最近 少し寒いから、密着率高めです!

今日の話は

【ジャンパー膝】膝のお皿の下の痛みでお悩みの方に!

ジャンパーズ膝  ジャンパーズニー  膝蓋腱炎

太ももの筋肉 大腿四頭筋の中の大腿直筋が収縮し

その牽引力を保ったまま膝を酷使してしまい

お皿の下の 膝蓋腱 に炎症が生じてしまう。

跳躍動作 ストップ&ゴー などを繰り返す競技に多いスポーツ障害で、

患部の安静 アイシング 消炎剤

大腿四頭筋を緩めるために、マッサージ ストレッチ

患部の保護のためにテーピング サポーターの装着

電気治療や超音波治療で回復を促進させる

これ等が一般的なジャンパーズニーに対しても対処になります。

ある程度日数をかけ、しっかり通院治療し

家でやれるケアもしっかりこなしたけど

膝の痛みはプレーするとまた出現してしまう・・・

そんな患者さんが来て下さいます。

治療を受けても良くならない・・・

程度が深かったりするから・・・

蓄積がいっぱいあるから・・・

効果が出るのが遅いのでは・・・???

とお考えの方、もしかしたら・・・

ジャンパーズ膝が回復できるような状態になっていない

そういう見方があるかもしれません。

炎症をとればいいんでしょ!

太ももの筋肉を緩めればいいんでしょ!

炎症の場所を休ませ、保護すればいいんでしょ!

これ等はジャンパーズ膝になった結果に対しての処置で、

ジャンパーズ膝になってしまった原因には全くコミットしていません。

原因をそのままに、結果を変える

素早く治して復帰につなげるにはチョット苦しい方法ですよね。

治療を受けているのに、

思うような結果がついてこないのはそのためなのかもしれません。

ジャンパーズ膝をスムーズに回復させ、

素早く復帰ができるようにするには、

ジャンパーズ膝の原因を見つけられるかどうか

その原因をしっかり修正できるかどうか

この2つが重要になります。

そんな施術を用意してますので、

ジャンパーズ膝でお困りの方、ぜひご相談くださいね。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【コンディショニング調整】地味ですがアスリートにはイチバン効果的

2022.04.19 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

朝の土手ウォークからの・・・

マンゲツさんの冬毛処理

最近の朝のルーティンになりつつあります (笑)

今日の話は

【コンディショニング調整】地味ですがアスリートにはイチバン効果的

昨日の月曜日の患者さんは、

コンディショニング調整 の選手たちが多く、

週末の試合後のケア 普段からの疲れのケアの目的で来て下さいます。

どこか痛い所あるの? と聞くと、

痛むことはないんだけど、痛めそうなアクシデントがあったし

今、大事なときだからパフォーマンス落としたくないんだよね!

ということ。

痛みがないのに、接骨院に通院って・・・

そんな必要ないんじゃない!? 

別にケガしているわけでもないし、

自分でストレッチなどのケアをしっかりすればいいんじゃないの!?

って思うかもしれません。

運動選手にとって一番大切なことって何ですか?

そう言われるとなかなか答えって出づらいですよね。

色んな考えがあるとは思いますが、

ワタシが運動選手にとって一番大切なことと考えているのは

ケガをしないカラダであること。

これの一択です。

なんか地味ですよね。

当然、防げるケガは防げた方が良いですが

ケガをしないカラダは、

競技をするにあたっても実に機能的で素直に動く状態なんです。

なので自分が思い描いた動きやイメージを表現しやすい状態で

練習で培ってきたスキルやテクニックを安定して出せます。

ケガって、貰ってしまうことだってあるでしょ!

そういうこともありますが、

貰ってしまうような外力をいなして大きなケガにならないようにするのも

コンディショニング調整には含まれています。

マズイッ! と思った瞬間を回避しやすくするということです。

1日1日が勝負で、毎日が競争の環境でプレーをし

更に上を目指すように、試合で結果を残し認められるように

そう奮闘している選手にとって一番あってはならないコトが、

ケガをして練習・試合を休むこと。

アイツ…上手いんだけどケガが多いよね・・・

そういう選手は監督側からも使いづらくなってしまいます。

早期の回復を目指して治療していくのも大事ですが、

そもそもケガをしないのが理想ですよね。

キチンとご理解いただき、体感している選手たちが来て下さいます。

ケガに悩まされている選手

スキルはあるけど、安定してプレーに出せない選手

こういったコンディショニング調整があることを

知っておくのも良いかもしれません。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【ケガを素早く回復させるコツ】当たり前のことが出来ていますか?

2022.04.16 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,女性の悩み,当院からのお知らせ,未分類,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

マンゲツさんのお腹

小生のお腹

どちらが先に引っ込むか・・・!?

勝負・・・!

ま、マンゲツさんはこのままでいいか (笑)

今日の話は

【ケガを素早く回復させるコツ】当たり前のことが出来ていますか?

先日の足首の捻挫の患者さんの2回目の来院

初診時は松葉づえをつき、

足が着けられないような状態で来て下さった患者さん

損傷部位は、

前脛腓靱帯  前距腓靭帯  三角靱帯(内側靱帯) 二分靱帯

足首の腫れが酷く、足を着くだけでも痛みが発生し

体重をかけることができない。

捻挫の程度カテゴリーで言うと、2度で酷い方。

施術するにあたり、

電気治療 アイシング 湿布 固定 などをするのではなく、

損傷した靱帯が回復しやすいようにしていきましょうと提案。

具体的に言うと、

損傷した靱帯の傷口がしっかり合うような状態にする。

いわゆる 整復 をしましょうということです。

例えば、

包丁で指を切ってしまいました。

指に傷ができて出血してます。

そうなった場合、どうしますか?

傷口が開かないように合わせますよね。

キズが開いていたら出血も止まらないですし、

治り方が雑に汚く、そして遅くなってしまいます。

捻挫などの靱帯損傷も同じことで、

損傷した傷口がしっかり合わさっているのかで

経過と治り方が変わってくるのです。

そしてキレイに整復できると、驚くようなスピードで回復することも。

この患者さんの初回の施術で足首の整復をし

痛みで足が着けなかったのが、足を着いて歩けるように。

それだけでもスゴイことなのですが、

2回目の来院時には、腫れもなくなり階段や小走り程度では痛まなくなった

早く部活に復帰したいんだよね!

ということ。

捻挫の程度として決して軽くはなかったので、

この回復のスピード感には現実感がなく、私が驚くほどでした。

これって私がスゴイのではなく、

患者さんの回復能力が素晴らしいということ。

その回復能力がしっかり発揮できる状態に持って行くことをしただけ。

傷口を合せて、傷口を治したのは本人の回復能力

ということです。

この施術を 整復 と言い、

私たち柔道整復師(接骨・整骨)の資格の中にも入っています。

もちろん表面から傷めた靱帯を見ることは出来ません。

ですが損傷の状態を表面からでも把握し、

どうすれば傷口が合うのかを正確に整復できるところが

施術者の妙になります。

表面のケガならわかりやすいですが、

靱帯損傷など表面から見えない内側の損傷を傷口を合せないで

そのまま固定したら・・・

なんとなく経過が想像できますよね。

捻挫やケガで長期に渡りお悩みの方、

キチンと整復してもらいましたか?

現在も整復してないままですか?

もしかしたら、

そこにスッキリ治すキッカケがあるかもしれませんよ!

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【選手のコンディショニング】体のキレの記事を見てきてくれた患者さん

2022.03.31 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み,自律神経

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

モンプチのカリカリ・・・

マロウ君、ハマってしまいました。

食べられるまで箱から動きません・・・

ついついあげちゃいます(笑)

今日の話は

【選手のコンディショニング】体のキレの記事を見てきてくれた患者さん

最初にチョット報告!

以前に紹介した 

ブンデスリーガ デュッセルドルフ所属の内野貴史選手

https://ameblo.jp/tokita-seikotsuin/entry-12732333159.html 

U-21 日本代表デビューし ドバイカップ優勝!

https://twitter.com/F95_jp/status/1508869183702028295 

パリ世代のキーマンになる選手です (私見ですw)

応援よろしくお願いします!

U-17日本代表 ボランチの選手のケア来院時に

Jクラブ2つのチームからオファーが来た! と報告いただきました。

頑張っている若者は、キラキラ眩しいですね!

先日 【体のキレ】 の記事を上げました。

運動選手のカラダのキレを上げる・維持するには

カラダの調整も含め、3つの大きな要素があり

どれか一つでも満たしていなければ意味がない という記事でした。

https://ameblo.jp/tokita-seikotsuin/entry-12734283862.html 

是非、こちらもチェックして見てください。

この記事を読んでくださった方からご相談をいただき、

思うことがあるので、是非一度みてほしいというご依頼を受けました。

中学生のサッカークラブチームの選手で、

トレセンにも選ばれているMF

練習もしっかりこなし、試合にもコンスタントに出場

期待値が高い選手だが、ここ半年はあまりいいプレーが出来ていない。

走力が落ちた感もあり、判断スピードも落ちたように見える。

以前に出来ていたようなプレーがなかなかできなくなってきたようで、

コーチには 「プレーにツヤがない」 と言われたようで、

親御さんもそう感じていたそうです。

カラダの問題があるのでは・・・

ということで治療院にも通って調整をしてもらったり、

イップス スランプ なども考慮し、カウンセリングも受けたりもした。

しかし変わることなく、

成長期に起こる極度のスランプ クラムジー かも・・・

焦らずじっくり見守るしかないのか・・・

ご本人も自分のコンディションに悩み、

上手くいかないことで周りからと自分の中でもストレスを感じ

サッカーを辞める選択肢も考えたということ。

実力のある選手が、自分らしさを出せない・・・

そしてその理由が分からない・・・

これってご本人だけでなく親御さんもツラいですよね。

こういった自分のコンディションに大きな不安や迷いがある場合、

施術にはちょっとしたコツがあります。

それは・・・

シンプルに  変化を  体感してもらうこと

迷いや不安を払拭できるような強烈なインパクトを感じ、

えっマジ! これならオレ大丈夫! って思える瞬間を提供すること。

カラダだけでなく、

キモチの迷いもなくなるような嬉しいサプライズが一番です。

今回、この選手にはその瞬間を体感してもらいました。

各部の力強さ バランス感覚 関節の可動の現状を確認し、

あることを2~30秒

患者さんにとってほとんど刺激がない施術です。

その後に再度 各部の力強さ バランス感覚 関節の可動を確認すると

カチッとした力強さと 

柔軟な出力で力強いバランス感覚 

関節の可動の抵抗のなさ を感じ、

施術前の状態とは、まったく違う感覚に驚かれていました。

何を戻したのかというと・・・

感覚 なんです。

調子が悪くなかったときの感覚に戻してあげただけです。

いきなりコンディションが変わる驚きがご本人の迷いをなくし

顔色が良くなって表情も明るくなります。

先行きが明るくなり、

遠足前の夜のようなワクワクするイメージでしょうか。

体に力が入り、動かしやすくなることも大事ですが、

キモチの迷いも修正できることも

良きコンディションを作るために大切なことです。

良かった時の感覚に戻す・・・

えっ!何それ・・・? 

どうやって・・・?! 

何をするの・・・!?

気になりますよね (笑)

一度受けてみてインパクトのあるサプライズを体感してみるのも

良いかもしれませんよ!

追伸

【体のキレ】 【プレーのツヤ】 

この 「キレ」 「ツヤ」 ってワードは、中学生には馴染みがないようで

ナニそれ!? 意味わかんね…! って感じみたいです。

親御さん 小生世代にはドンピシャなのですが(笑)

ニュアンスだけで具体的な内容が見えない表現でした。

今の世代の方に分かりやすい言葉を選ばなければね~!

なんて笑いもありました。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【体のキレを戻す】そのために必要なことは3つあります!

2022.03.28 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です

マンゲツさんは末っ子の膝の間が好きで、

ここに入ると末っ子は動けなくなります(笑)

ま、こんなこともいいでしょう!

今日の話は

【体のキレを戻す】そのために必要なことは3つあります!

まん延防止措置も解除され、

選抜甲子園も始まり

プロ野球も観客制限なしで開幕し、

サッカーもワールドカップ出場を決め、

なんとなく活気が出てきたように思います。

学生さんたちは春休みに入り、

合宿があったり 試合 練習試合が増えてきたり

新たなカテゴリーでプレーが始まったり、忙しくなってきてるようです。

先週末の患者さんは、そんな選手たちのメンテナンスのリクエストが多かったです。

体のキレを戻す。

運動選手なら体のキレが良いとき、良いプレーができ結果を伴いやすくなりますよね!

そういう体のキレが良い状態って、案外具体的に答えられなかったり

どういう状態だからキレが良いのか、なんとなく分かりづらいですよね。

筋力・パワー  瞬発力・スピード  持続力・スタミナ 

これ等がよどみなく発揮できる状態で、プレーに活かせる体の状態が

体のキレが良いときと考えています。

そのために必要なことは、骨格・筋肉の調整で

矯正やストレッチ、緊張をとるためにマッサージでカラダをケアする

そんなイメージがあるとは思いますが、

それでは、よくて30%の効果しかありません。

悪いという訳でなく、足りない ということです。

カラダを上手く運用するにあたり、

カラダが整っていなければ、話になりません。

でも、

その整ったカラダが上手く使えないのであれば意味ないですよね。

宝の持ち腐れというやつです。

整ったカラダを上手く運用できるような指揮系統が必要で

その役目をしているのが 頭脳 です。

キチンとした判断のもと、脳からカラダにしっかり伝達できることも重要です。

カラダが整いました  キチンとした判断と神経伝達ができます

残るは体の動きの出力をどう伝えるのかということ。

走る  ジャンプする  蹴る  移動する  踏ん張る

これ等の出力はどこから伝えるのか、それが上手くできそうかということも大切です。

この3つが、キレのあるカラダの重要なことですが

なんか少し分かりずらいですよね。

分かりやすくレーシングカーでイメージしてもらえると。

車体の整備を抜かりなくしてセッティングをバッチリ決める

ドライバーの技量を上げ、車体のコントロールが上手くできるように

クルマとドライバーの技量を地面に伝えるタイヤのチョイスを決める

この3つのうち、ヒトツでも抜けていたら・・・

勝てないどころか、クラッシュしてしまう可能性もありますよね!

ヒトのカラダも同じなんです。

特に、アスリートにとっては!

体のキレを戻すために、

この3つをカッチリ調整する。

そんな選手が多かった先週末でした。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【サッカー選手に一番大切なことのヒトツ】 まずはコレ!

2022.03.17 | Category: こども,オスグット,セルフケア,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

嬉しいニュース!

ブンデス2部 デュセルドルフ所属 内野貴史選手

プロデビューしました。

田中碧選手と一緒のチームらしいです。

サイドバックで献身的な守備と、攻撃参加でも存在感抜群で、

とてもデビュー戦とは思えないパフォーマンスでした。

去年ドイツから帰国の際に、アルマニアアーヘンからデュッセルドルフに移籍が決まり

アルマニアアーヘンで使用していたユニをいただき院に飾っています。

小学生ののころから来てくれた選手が成長していくのを目の当たりにすると

感慨深い想いがします。

パリ世代なので、これから代表でも活躍する可能性もあります。

内野貴史選手お見知りおきくださいね!

今日は、ねこネタお休みです (笑)

今日の話は

【サッカー選手に一番大切なことのヒトツ】 まずはコレ!

先ほど書いたデュッセルドルフの内野貴史選手

小学生のころからカラダのケアで来て下さっていました。

その時から彼にいつも言ってたこと、それは・・・

「 ケガをしないコンディションを心掛けろ 」 ということでした。

サッカー選手のみならず、運動選手にとって非常に重要なことです。

でも、

ケガの予防って具体的にどうしたらいいのか・・・?

ケガは防げないんものなんじゃないの・・・?

アクシデントだってあるし・・・

相手からもらってしまうケガだってあるでしょ・・・?

こういった疑問もあるかと思いますし、

防ぎようのないケガだってあるかもしれません。

彼の強みのヒトツは、

ケガで休むようなことが極端に少ない選手だということで、

ケガを回避できるようなコンディショニングにするための方法を

しっかりと教え実践してもらっているからです。

もちろんサッカーはコンタクトスポーツなのでアクシデントもあります。

その時に、大きなケガを回避できるような能力と

ダメージを受けても素早く回復できるコンディションを保つ

そのために必要なこと 2つ してもらってます。

運動選手にとって、ケガをして試合に出られない 練習ができない

コレは場合によって致命的になってしまいます。

プロやプロを目指す選手なら尚更です。

そういうことを防ぐためにケガをしないようなコンディショニングをする

もちろんコレも大切なことですが、なにより重要なことが

【 ケガしづらいカラダこそが最高のパフォーマンスを出せる状態 】

というわけだからなのです。

何回か書いているように、

ケガしやすい選手は、ケガしてもおかしくない状態で頑張っていたりします。

運が悪くケガをするのではなくて、

ケガすべくしてケガをするのです。

簡単に言うと、カラダがイビツな状態で

いらないチカラが入っている場所があったり、

体を動かすことに摩擦を生じている場所があったりします。

この状態はケガするリスクを高めるだけではなく、

ケガを回避するための反射的な動きも取れなくなり、

なにより選手としてご自身の実力を出せる状態ではありません。

それらのことを、2つのシンプルな方法でクリアでます。

そして実践してもらっています。

偉そうなことを書きましたが、

もちろん本人の才能や努力、スタッフさんたちのバックアップもあると思います。

でも、ドイツでのプロデビューできたのは

ケガしないカラダが大きな要素のヒトツなっているのは明らかです。

この先、もっと高みを目指すためにもケガをしないカラダを維持してほしいですね!

そんな施術とレッスンもご用意してます。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【オスグッド病】痛みを解決するだけでなく自分の力や実力を出せるカラダに!

2022.03.04 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

今日の写真は・・・

きなこもち (笑)

若干きなこが薄い場所もありますが、まずまず美味しそう!

今日の話は

【オスグッド病】嬉しい驚きと選手としてレベルアップできるカラダに!

浦安市から来て下さったサッカー選手のオスグッド病の患者さん

2年前よりオスグッド病っぽい感じがあり

ご自身でケア方法を調べ、ストレッチなどをこなしていき

プレー中は膝を押さえるサポータを使いどうにか練習をしてきた。

いつか治るだろう…と様子を見てきたが

1年経っても良くならず、走りが遅くなり痛みも強くなり

スポーツ障害に強い治療院にも通いだす。

電気治療や運動指導 カラダの使い方や自宅でのケア方法など

親身になってやってもらっていたが、痛みが抜けなく

運動を休んでしっかり治してからプレーしよう! と数カ月休むも

プレー再開したらまた痛みが出現・・・

知り合いに当院を教えてもらい、

オスグッド病についての記事も読むと、

「簡単にオスグッド病を!」  「お親御さんが治してあげる!」

「ストレッチ・アイシング・テーピングでは・・・!」

今まで調べたオスグッド病に対しての知識と治療法と経過とは違うことに戸惑うも

このままでは、サッカー選手として不完全燃焼のまま終わってしまう気がして

先ずは施術を受けてみよう・・・!

ということで来て下さいました。

オスグッド病に限らず、

選手にとって慢性的になってしまうスポーツ障害にお悩みの方は、

上記のように考えられる方がほとんどです。

というのは

治すために頑張って調べたり、治療を受けてきたりしたわけです。

そんな簡単に上手くいくわけがない…!という意識は少なくないはずです。

先ず最初に患者さんに体感してもらうことは、

オスグッド病の痛みが本当にその場でラクになること。

しかも簡単に。

そしてオスグッド病の原因が、太ももの筋肉の緊張ではないことを

知っていただくことです。

太ももの筋肉が緊張して脛骨粗面を引っ張って痛みが出るのは、

結果であり原因ではありません。

痛みが引いてラクになり、膝が曲げられるようになることも大切ですが、

イチバンは選手としてご自身のポテンシャルをしっかりと発揮できるようなカラダになってもらうこと。

太ももが緊張してしまうようなカラダのデザインでは、

自分でイメージしたカラダの動きを上手く表現できません。

折角の積んできたスキルやテクニックを安定して使うことができませんし

そういった状況は、ケガをしやすいカラダのデザインになっていることもあります。

痛みをラクにすることだけではなく、

選手としての機能をスムーズに発揮できるようにするこが大切で、

このふたつは繋がった関係性を持っています。

オスグッド病を簡単に! とは書いていますが、

その内容は意外に奥が深いんです。

でも簡単なんです (笑)

今までしっかりケアしてきたけど、なかなか良くならない・・・

成長期が終わるまでガマンするしかないのか・・・

運動で頑張ることを諦めるしかないのか・・・

オスグッド病に悩み、どうしたらいいのかと思われている方、

是非ご相談ください。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【サッカー オスグッド病】2年越しの痛みをその場で回復させる方法

2022.02.16 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

職場のPC Windows10が11にアップデート可能!

なんて表示が出てきた。

PCに疎い小生は、触らぬ神に祟りなしスタイル

今で不満ないし… でもそう思っているからいつまでもPCに弱いのか…

そうだ!ネコ達にきいてみよう (笑)

今日の話は

【サッカー オスグッド病】2年越しの痛みをその場で回復させる方法

先日の患者さん

2年前からオスグッド病に悩むクラブチームのサッカー選手

競争の中で、出来るだけ練習を休みたくなく

でもオスグッド病の痛みはなくならず

空いた時間は、治療院に行きオスグッド病治療を受け

自宅でも アイシング ストレッチ を怠らず真面目にこなしてきた。

2年経過し、オスグッド病の状態は改善されていなく

スタメンの座を他の選手に譲るようなことも増えてきた。

当院のことは知っていたが、

お世話になってる治療院さんがしっかり治療してくれるし

親身になって相談も受けてくれるし

治療院を変えるのは気が引けてしまう感もあったが、

感情抜きで考えたとき、2年での変化がなかったということで

回数券が残っているが、当院に来て下さいました。

やはり最初に話されるのが・・・

「オスグッド病がその場で・・・って書いてありましたが・・・」

「ホントなんですか・・・???」

だいたいこのブログに書いてあった話題から話してくれます。

なので、

先ずはオスグッド病の膝の痛みがラクになることを体感してもらい

4の5の言うのはそのあとにしましょう!

ということで、膝関節の可動域 脛骨粗面の痛み をチェックし

早速施術に入り、5分後には正座もできるようになって

脛骨粗面の痛みも8割なくなったと。

「これだけで・・・」  「なんで・・・」

なんてリアクションになります。

まだ施術が全部終わったわけではないのですが、

その場での変化に納得してもらえました。

オスグッド病のに関しては、結構な頻度で書いてます。

過去記事にオスグッド病のを治すための大きなヒントを書いております。

太ももとか 脛骨粗面とか 骨盤とか 炎症とか テーピングとかではないです。

是非一読ください!

➡ https://ameblo.jp/tokita-seikotsuin/entry-12539117982.html 

まだ施術が終わりではない というのは、

上記の記事のようになってしまう原因も外していかなければならない

それが出来て、オスグッド病の施術は完了し

膝の痛みが回復できる環境になって、その場で痛みがなくなっていくのです。

おそらく、

皆さんが思っているオスグッド病の治療とは違います。

私も以前は、オーバーユース ストレッチ不足 アイシング不足が原因と思い、

電気治療器に頼り、炎症をどうやってとっていこう・・・

2~3週間の休息を見積もっていました。

しかし、良くなる選手は少なかったです。

どうしてオスグッド病の回復が緩慢なんだろう と悩んで考えた結果、

今の施術があるのです。

オスグッド病の回復、体感させるのが一番分かりやすいですね!

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場駐車場はありません
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順