TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 女性の悩みの記事一覧

【かかとの痛み セーバー病】お子さんのかかとの痛みはココを見て!

2022.12.07 | Category: こども,スポーツ障害,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

2匹が日光浴で昼寝してると

大福にしか見えない (笑)

丸くて柔らかそうです!

今日の話は

【かかとの痛み セーバー病】お子さんのかかとの痛みはココを見て!

お子さんのかかとの痛み  踵骨骨端炎

シーバー病  セーバー病

色んな呼び名がありますが、特徴的なのは経過が緩慢だということ。

かかとの痛みのお悩みを年単位で抱えている方のいたりします。

どうしてカカトが痛くなるのか

歩き方の問題・・・

偏平足だから・・・

固い場所で運動をしているから・・・

靴が合わなかったから・・・

そんなイメージがあるかと思いますが、

歩き方を変えたり インソールを作って足底アーチを保護したり

クッション性のあるソールを使ってみたり

靴を買いなおしたりしても

かかとの痛みが良くなった! とならないケースが多く

かかとの痛みで検索して当院が見つかり来て下さることも多いです。

お子さんのかかとの痛みを解決する場合、

直接的な原因は、ふくらはぎの筋肉の緊張になり

ふくらはぎの筋肉が収縮してアキレス腱を引っ張り、

アキレス腱の付着部であるカカトに炎症を発生させるというシステム

ふくらはぎの筋肉の収縮を解除することが、

かかとの痛みを解決させるために必要なのです。

ですが、

素早く治せるのか  長期間にわたり苦労してしまうのか

ココが分かれ道になります。

ふくらはぎの筋肉を柔らかくすることをするのではなく、

ふくらはぎの筋肉が収縮しなければならない条件を解除する

コレが出来ると、ふくらはぎの筋肉は緩んできて

かかとを引っ張ることがなくなり、

かかとの痛みが良くなる条件が出来上がります。

良くないのは、

収縮しなければならない条件を解除せず、

マッサージやストレッチでふくらはぎの筋肉を伸ばそうとすること。

理由があって起こっているコトなので、結果だけを変えようとするのは

無理がありますよね。

ふくらはぎの筋肉の収縮がどうして起こっているのか?

コレをしっかり見極め解除できると

お子さんのかかとの痛みは早期になおすことができますよ。

長期にかかとの痛みでお悩みのお子さん 親御さん

どっちの分かれ道に行ってしまっているのか

考慮してみてはと思います。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【オスグッド病】大切なのは膝下・太ももだけではなくココを見て!

2022.12.05 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,女性の悩み,当院からのお知らせ,未分類,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

じっとこっちを見つめる2匹

視線が欲しいときに呼んでも見ないのにね(笑)

こういうときもあります

今日の話は

【オスグッド病】大切なのは膝下・太ももだけではなくココを見て!

最近は、このブログのオスグッド病の記事を読んで来て下さる方が増えました。

スポーツをされるお子さんの代表的なスポーツ障害

色々試されたが、なかなか良くなっていない・・・

という方が殆どです。

オスグッド病と言えば・・・

成長痛

運動のし過ぎ

ストレッチ不足

アイシングなどの普段からのケア不足

そういったことが原因と考え、

電気治療  超音波

大腿四頭筋の緊張をほぐす  ストレッチ

テーピング  ベルトなどで補強

しっかりと休息を入れる

これ等が一般的な対処になっており、

しっかりやっている割に経過が良くない 治らない・・・

そうなっている方が非常に多く

選手のみならず、親御さんも心配されたり困られたりするスポーツ障害です。

オスグッド病については何度も書いておりますが、

膝下 脛骨粗面の痛み・出っ張り

膝下を引っ張ってしまう 太ももの筋肉 大腿四頭筋の緊張

これ等に対して施術をすることも大事ですが、

どうして太ももの筋肉が収縮し、膝下を引っ張ってしまうのか?

コレを解除しなければ膝のために対処していっても

焼け石に水になってしまいがちです。

太ももの筋肉が張ってしまうのは・・・

運動のし過ぎだからでしょ・・・?

ストレッチやクールダウンをしっかりやっていないから・・・?

成長期がから・・・?

実は、これらが根本的な原因ではないからなんです。

結論から言うと

太ももの筋肉が張ってしまうようなカラダのデザインになっているから

太ももの筋肉をいつも収縮させなければならないカラダの形になっているから

なんです。

このことを修正することが、オスグッド病の施術になり

太ももの筋肉が緊張しなければならないカラダが修正できると

当然ながら膝の痛みはラクになっていきます。

それは難しいことではなく私でなく親御さんにもできることで、

オスグッド病の痛みのみならず

全身の体のゆがみや可動域の左右差も修正され、

体を動かすには理想的な状態になってきます。

そして、その場でそれらの変化を体感できるのです。

オスグッド病の痛みって簡単に良くならないよね・・・

いつまでオスグッド病の痛みに悩まされなければならないの・・・

そんな思いをされているスポーツキッズと親御さんに

今回の記事がお役に立てればと思います。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【体のゆがみの原因のヒトツ】体のゆがみ・不調を整える前にクリアして!

2022.12.02 | Category: こども,セルフケア,女性の悩み,当院からのお知らせ,未分類,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

休診のお知らせです

12月3日(土)は休診させていただきます。

ご連絡はHP内 お問い合わせフォームから

もしくは留守番電話にてメッセージを宜しくお願いします。

折り返し連絡させていただきます。

写真は・・・

おまえ等・・・  白目がないぞ・・・

そんな2匹 (笑)

今日の話は

【体のゆがみの原因のヒトツ】体のゆがみ・不調を整える前にクリアして!

カラダの不調は、カラダの歪みから

カラダの歪みを整えて、カラダの不調を取り除きましょう!

なんとなく聞いたことがあるワードで、

そういうイメージも持っているかと思います。

もちろん間違ったことではないですし、

カラダの歪みがなくなるだけで

色んなことがラクになることも多かったりします。

そのために

背骨や骨格の矯正をして

骨盤骨を整えて 足の長さを揃えたり

骨格を整える治療法を受けてみたり

スッキリするけど・・・ また戻ってしまうんだよね・・・

そんな方のご相談もあったりします。

カラダの歪みを修正する前に考えてほしいのは

カラダが歪むことは結果であって、歪ませる原因があるはず。

原因をそのままにして結果を変えようとしても

またいずれ戻ってしまいますし、根本的な解決にならないはずです。

じゃ、カラダが歪む原因って何なの・・・?

普段の姿勢・・・?

カラダの使い方の問題・・・?

デスクワークが多いから・・・?

運動不足だから・・・?

もちろんそのような要素もあるかもしれません。

カラダだのゆがみをつくる要素として大きな原因の一つに

カラダの重心の位置の認識

コレに誤差をお持ちになっている方が多く、

この誤差が修正できるだけで重心がフラットに戻り

カラダの変化をその場で体感できることも少なくありません。

先日の患者さん

ビールケースを持ち上げようとしたときに、左腰に痛みが発生

腰を曲げたり伸ばしたりで痛く、可動制限もある。

まっすぐ座ることが出来ず、カラダを左に傾けていると少し楽な感じ。

この方の骨格をチェックすると、

下半身に対して上半身が右寄りにブレて、少し前のめり気味

右斜め前の重心がご本人にとってのスタンダードになっており、

そこがフラットな重心の位置という認識を持っている。

その右前にある重心をフラットな位置に戻す施術をすると、

最初は重心を移動されたことに違和感を覚えるも

腰の痛みが徐々にラクになっていき

「腰の痛みがだんだん引いていくのが分かります・・・!」

という反応で、腰の可動も制限がなくなってきました。

簡単に解説すると

上半身が右前に傾いていました。

そうなると左腰が引っ張られますよね。

その状態で負荷を掛けてしまったので

腰の筋肉の収縮が起こってしまった。

ならば右前に傾いた上半身を真ん中に戻せば左腰への負荷は軽くなり

収縮して守ろうということが解除されるわけで、

痛みと可動がラクになるのです。

上半身が右前に傾いていたのは、

ご自身の重心の位置が右前にあったから

骨格を修正するのではなく、右前重心の感覚を中心に戻すことで

骨格・上半身の傾きを自己調整できてラクになった

ということです。

重心がどこの位置にあるのか 

中心からどれくらいの誤差があるのか

どうやってフラットに戻すのか

コレは体験してみて変化を味わってみてくださいね!

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【股関節の痛み】股関節痛にお悩みの方はこういう見方が解決策になるかも

2022.12.01 | Category: こども,スポーツ障害,セルフケア,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

休診のお知らせ

12月3日(土)は休診とさせていただきます。

12月に突入で今年もあと1カ月

クリスマス… 大晦日… お正月…

イベントごとはいいから、ゆっくりさせてくれ

なんて感じのネコ達です。

って言うか小生が思っているコトかも(笑)

今日の話は

【股関節の痛み】股関節痛にお悩みの方はこういう見方が解決策になるかも

股関節の痛み

歩くと痛む  あぐらが掛けない  足を挙げづらい  

ちょっとした動きタイミングで激痛が走る

股関節に異状があるのか検査をするも、目立った異常はみられなく

患部の消炎  股関節周辺の筋肉のケア 強化

リハビリを積んでいくも目立った変化がみられず

このままでは年齢とともに歩けなくなってしまうのでは・・・

なんて不安を持ってしまう。

先日、そんなお悩みの股関節痛の方がお見えになってくださいました。

股関節の痛みで最初に伺わなければならないのが、

先天性股関節脱臼の有無で

コレがあった場合は、施術方法が変わってきますが

先天性股関節脱臼の罹患がなく、各種画像検査で異常がない場合

股関節の問題と言うよりは、

股関節の働きを阻害している箇所があるのでは?

ということをみていくことが功をなすことも多く、

以前に負ってしまったしまった股関節の以外のケガの影響や、

意外な場所からの影響があったりもします。

その見極めは歩行や各部の可動域からもわかることがあり、

今回の方の股関節の痛みは肩甲骨の調整でラクになり

ご本人も 「なんで肩甲骨が・・・!?!?」

なんて嬉しい驚きもあったようです。

股関節なら肩甲骨… というわけではなく、

股関節の機能を下げている場所がどこなのかは人それぞれです。

そこをしっかり見抜けて修正出来れば、

股関節の痛みでのお悩みが解決できる糸口になるかもしれませんし、

股関節で長くお悩みになるのは

股関節の機能を下げている場所をそのまま残しているから

ということもあります。

検査では異常がなく、

どうして痛くなったのかはっきりしない股関節の痛み

こういった見方が解決策になることも知っておくのも宜しいかと思います。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【感染後の後遺症】どうしたらいいの…と悩む方、意外に少なくありません

2022.11.30 | Category: こども,セルフケア,女性の悩み,当院からのお知らせ,未分類,痛み,自律神経

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

帰宅して、ネコ達がいない

どこに行ったのか・・・

やはりここでした

おかえり! くらい言ってくれてもいいのに(笑)

今日の話は

【感染後の後遺症】どうしたらいいの…お悩みの方、意外に少なくありません

相変わらず世間を賑わせている感染症ですが

最近は少し慣れたイメージや、

恐怖感が減ったイメージが出てきたように思います。

風邪やインフルエンザみたいなものだから、

警戒レベルを下げてもいいのでは? なんて報道もみるようになりました。

このままイメージ通りに衰退していけばいいのですが、

感染して症状が出てツライおもいをした後も

後遺症のような症状が残り、苦労されている方のご相談も少なくありません。

症状としては・・・

めまい  ふらつき

全身の倦怠感があり、疲れが抜けない

体が重い  頭が重い  ボーっとしてしまう

首肩背中の張り 重さ

キモチもカラダもモヤモヤしてしまう  鬱っぽくなる

息苦しさ  のどのつまり

睡眠障害  睡眠の質の低下

感染での症状が落ち着き、これからかた日常に戻さなければ!

というときに、このような後遺症があり悩まれるようです。

病院で診察してもらい、どうにかラクにならないのかを模索しても

漢方薬を処方してもらったり、生活指導をしてもらったりで

なかなか具体的にどうすれば感染前の日常の体に戻れるのかが

分からない・・・ 先が読めない・・・ 良くなるのか・・・

それもストレスになっているようです。

このようなとき、どんなことが有効な施術になるのか

症状に対してみていくのではなく

ご本人の 体を良い状態に戻す能力 がしっかり働けるようにすることも

有効な施術になり、

それは、ご自身の体と気持ちをコントロールする場所の活性化

自律神経系のケアが非常に効果的だったりします。

先ずは、

自律神経矯正で重かったアタマ・カラダが軽くなることを体感し

それに伴い他の症状もラクになることも体感し

私は良くなるんだ! という希望と自信を持てると勢いが出てきます。

先日の患者さん

感染後の後遺症的な体調不良の方で、2回目の来院で調子を聞かせてもらうと

「そういえばアタマとカラダの重さは気になりませんでした」

「息苦しい感じはなかったです」

そういえば・・・!  とか  気にならなかったです・・・!

体調の変化に対してこんな答えが返ってくることも多いです。

痛い とか 苦しい ツラい は、

普段ないことが当たり前なので

症状がなくなると 良くなった! ではなく、気にならない!

って感じになり、自律神経系ではなお顕著です。

ヒトや動物には、

ホメオスタシスと言って体を維持していくために自家矯正する能力があります。

それをしっかり働かせるようにすることも

症状に対しての立派な施術になり効果的だったりもしますので、

感染後からモヤモヤされている方、是非参考にしてみてください。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【体の重心】どうしてカラダが歪むの?その答えの一つが…!

2022.11.25 | Category: こども,スポーツ障害,セルフケア,女性の悩み,妊婦さんの治療,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

臨戦態勢からの・・・バトル開始!!!

スタートの合図もないのに、どんなタイミングで始まるのか・・・

ネコ同士にしかわからないコト

ですね(笑)

今日の話は

【体の重心】どうしてカラダが歪むの?その答えの一つが…!

体が歪んでるから・・・

骨盤が傾いているから・・・

姿勢が悪いから・・・

カラダの不調や痛みの原因として、そのような理由かな・・・

って考えることありませんか?

肩コリ 背中の張り 腰痛など、体のゆがみの影響でしょ?

ゆがみを矯正して、正しい骨格・筋肉・姿勢が取れるように!

それが施術として必要なことなのでは?

もちろんこういう考えも正しいと思います。

でもその前に

どうして体のゆがみが起こってしまうの?

このことも一緒に解決できた方が、より一層良さそうな気がしませんか?

今回は、体のゆがみを起こす要因のヒトツについて書きます。

体のゆがみ

誰でもそうだと思いますが、好き好んで体を歪ませているわけではありません。

体が歪むにはキチンと理由があり、結果として体が歪み不調を起こすわけで

体の重心が大きくかかわっているケースも少なくありません。

そこで大切になるのが、自分のカラダの重心の位置の把握

コレが分からなければ修正しようとできませんよね。

重心の不良が原因の方でも、

自分のカラダの重心がぶれている なんて自覚はないと思われます。

今ある自分の重心の位置が、

フラットな状態からどの方向にどれくらいブレているのか?

このことを㎝単位で正確に測り、修正させていただくと

カラダの機能は一気に上がり、

無駄な筋肉の張りや骨格のゆがみが少なくなり

関節の可動域が増え、カラダに力が入るようになります。

要は、

カラダが歪む原因がなくなれば骨格も筋肉も正常な位置に戻りやすいですよね

ということなんです。

そのためには

ご自身の体の重心の位置がどこにあるのか?

どうすればフラットな位置に戻せるのか?

どうして重心の位置が変わってしまったのか?

この3つをしっかりと見直し修正することも立派なカラダの矯正になります。

まさか・・・ 自分は・・・

なんて思いがちですが、

体の不調が慢性化しているのであれば修正点のヒトツとして

体の重心を整えるのも効果的かもしれません。

体感されると・・・

「そうだったんだ~!」 なんてお声をもらうことがあります。

体の重心を整える

是非覚えておいてください!

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【自律神経失調症】最近はこんなケースが増えています

2022.11.21 | Category: こども,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,自律神経

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

マンゲツさんの首輪が・・・

なんかゴージャスになってる・・・!

クリスマスを先取りしているのか・・・?

何かに目覚めたのか・・・?

でもこの顔は、ちゅーるくれ!って顔です(笑)

今日の話すは

【自律神経失調症】最近はこんなケースが増えています

例の感染症に罹られた方や

予防接種を受けた方の体調不良のご相談が増えてきています。

その感染症にかかってしまって今はもう大丈夫なんだけど、

なぜか体調がすぐれない。

息苦しさがあったり、疲れやすい・疲れが抜けない

何もしたくない 倦怠感が抜けない カラダが重い

体がよろけてしまう

予防接種を受けて副反応もあったが、

それから体調がすぐれない

朝、起きることがツラくなった

会社や学校に行けなくなった

少し動くと苦しくなる

病院で体調不良について診察してもらうが、

症状に対してのクスリが出るが、どうしてそうなっているのかは分からず

今あなたが感じている症状は、自律神経の影響があるのかもしれない

ということで神経内科にも受診したりするも良くならず

整体やカイロプラクティックなどでカラダを整えて

少しでも免疫が上がったり、症状がラクになれば

という患者さんがお見えになってくださいます。

接骨院でそんなことができるの・・・?

と思うかもしれませんが、

患者さんにとってうれしい変化をしていただけることは多々あります。

何をどうやって・・・?

どんな施術をするの・・・?

申し訳ありませんが、今回は細かいことは書きません。

でも、

上記のような罹患後の症状 接種後の症状をラクにする方法があることを

頭の隅にでも置いておいてください。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【ぎっくり腰の往診】施術を受けたいけどどうしても動けない方に

2022.11.19 | Category: 坐骨神経痛,女性の悩み,妊婦さんの治療,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

またまたネコ達の自己紹介です (笑)

トキタ マンゲツさん (なぜかさん付けで呼びます)

マロウ君とは双子の兄弟だが、

我が家に来たのはマロウ君の一年後

名前の由来は、耳がなく満月のように顔が丸かったから

性格はおっとり甘えんぼで、大柄だが小食

得意技は目の前に来てゴロンと寝転ぶこと

かわいい奴です

今日の話は

【ぎっくり腰の往診】施術を受けたいけどどうしても動けない方に

ぎっくり腰になってしまい、

どうしたらいいのか… どんな治療が良いのか… 

検索したらココが出てきて施術を受けたいんですけど

とても動いてそちらまで行けるような状況ではなくて・・・

こういった連絡をいただくことがたまにあります。

ぎっくり腰の痛みを知っている方なら、ああ・・・それわかる・・・

ってなりますよね。

起き上がることが苦痛で、トイレに行くことすら上手くできない

そういう方ほど普段から忙しく、

しっかり休んで療養していこうという時間もない。

早く治して仕事をしなければ・・・

でも治すために治療院に行くこともできない・・・

ぎっくり腰の痛みのみならず、焦りから精神的にも不安が出てきてしまう。

状況としては良くないですよね。

実はそういったとき、往診もしています。

診療時間外  昼休み  午後の診療時間後 など

先日のぎっくり腰で動けないという方も診療時間後にお伺いし

しっかり施術させていただき、歩いてトイレにも行けるようになって

これなら仕事の復帰も早くなりそう! と喜ばれていました。

その患者さんが言ってたのは、

往診てなんか頼みずらい感もあって・・・ でも我慢できなくて・・・

家にまで来られるのも恥ずかしいけど・・・

痛みがラクになり歩けるようになって、そんな感情吹き飛びました!

なんておっしゃっていました。

ぎっくり腰の強烈な苦痛と歩行制限や姿勢変化での劇痛は

ちょっとガマンして歩けるようになったら・・・

ではなく、早めに解決できた方が良いですよね。

そのために往診施術という選択肢があることも知っておいてください

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【座ると痛む腰痛】姿勢の問題?骨盤の問題?イスの問題?実は・・・!

2022.11.18 | Category: こども,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

いまさらながら、我が家のネコの紹介を(笑)

トキタ マロウくん (なぜか君付けで呼びます)

ウチに来てくれたのが7年前 (その日を誕生日にしてます)

最初は白猫だったのが、いつの間にか笹カマ模様になってました。

性格はちょっとビビリで人見知り

得意技 脱走! オヤツくれの熱視線

マンゲツさんと双子の兄弟ネコ

可愛い奴です

今日の話は

【座ると痛む腰痛】姿勢の問題?骨盤の問題?イスの問題?実は・・・!

先日の患者さん

腰痛でのご来院で、座ったときに痛むということ。

細かく言うと、まっすぐな姿勢で座っていると腰が痛む

体勢を崩してカラダを傾けて座れば大丈夫だが、

良い姿勢を取ろうとすると腰に痛みがある。

コレが20年以上前からあり、

骨盤矯正や足の長さをみてくれる治療院にしっかり通い

経過をうかがうもその状況は変わらず、当院を紹介で来て下さった方です。

姿勢を良くすると腰が痛む・・・

まっすぐに座ると腰が痛む・・・

姿勢を正そうとすると痛んでしまうのは・・・

骨盤が歪んでるから・・・? 背骨が曲がっているから・・・?

足の長さが左右で違うから・・・?

腰を支える筋肉が弱いから・・・?

それなら・・・

骨盤を矯正して、背骨の配列をなおして、足の長さを左右揃えて

腰を支える筋肉の強化を図る

そうすればこの腰の痛みは解決できるのでは?

と考えることが一般的ですし、しっかり結果が出ることもあると思います。

ですが、

しっかりケアしてきたのに腰の痛みが変わらない・・・

矯正してしっかり揃っても、またすぐに骨格のゆがみが出てしまう・・・

それには理由があり、

骨格が歪んでしまう理由が残存しているからで、

この方の場合は、カラダの重心の位置の問題があり

からだの重心の位置を測定し、しっかり修正すると

まっすぐに座っても痛みがなくなり、

むしろ体勢を崩して座る方が違和感になり

肩関節の動きも良くなって、肩も軽くなってきました。

その場での変化に少し気持ち悪がっていましたが(笑)

カラダの重心の位置が狂うことで、カラダが歪んでた。

重心の位置をフラットな場所に戻したことで、

ご自身の体が勝手に自己調整し、正常な状態に近づいてきたということなんです。

体の重心が正常な場所にない場合、当然カラダは傾きます。

重心が正常な場所にある場合、カラダが傾く必要はなく真直ぐに保てます。

ある姿勢での痛み  まっすぐに保てない  カラダが歪んでいる

そうなってしまう根本的な要因を残して骨格矯正をしても

また歪んでしまうのは想像に難しくはないですよね。

そのヒトツの要因として 【体の重心の位置の問題】 があり、

この方のように、しっかり見直せたときに大きなカラダへの変化が得られるケースもあったりします。

慢性的に腰痛でお困りの方

一定での姿勢で起こる腰痛でお困りの方

ご自身の体の重心の位置がどうなっているのか?

修正出来たらどうなるのか?

そんな施術もご用意しております。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【足首の捻挫】治ったつもりでいたけど…痛みが引かない…それは!

2022.11.17 | Category: こども,スポーツ障害,セルフケア,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

昨夜、テレビを観ながらの晩酌に付き合ってくれた2匹

そろそろ寝床に…で、連れていくために起こそうとしたが

密着して反応なし

なんとなくリモコン置いてみました

でもいつの間にか布団の中に来てました

今日の話は

【足首の捻挫】治ったつもりでいたけど…痛みが引かない…それは!

足首のトラブルに関しての患者さんは少なくありません。

その中でも

足首の捻挫をして、しっかりケアしてきたけど・・・

なんとなく痛みが残っていて、不安定な感じで・・・

また捻挫をしてしまうような不安を感じてしまう・・・

足首が緩いかも・・・

足首の捻挫から他の場所の不調も増えた・・・

そういった方のご依頼が多いです。

足首の捻挫をしたら

先ずは冷やしたり圧迫固定などのファーストエイドをして

病院にて画像診断をしてもらい、症状に見合ったケアをしていただき

経過を観察する。

電気治療や超音波などの物療機器を使い、

痛みが引いてきたら機能訓練・関節の拘縮除去のためのリハビリをこなし

状態によって運動も少しずつ再開していく。

足首へのケアを継続しながら、

負荷を増やしていき通常の動きができるようにする。

上記の方法は、足首の捻挫への定石のように思えますが

しっかりこなしてきてもスッキリ良くなったようにならない

そういう患者さんが多いということ。

もちろん足首の捻挫の程度によっても経過の問題は出ますが、

なんでまだ治らないの・・・? という場合、

決定的に足りないことがあったりします。

それは・・・

足首の捻挫について書くときは必ず書いてあるとは思いますが、

靱帯損傷 軟部組織損傷 のケアのほかに、

捻ってしまったことで擦れてしまった関節内での骨と骨の位置関係の修復

いわゆる 関節の整復 をしているのかしていないのか。

コレが良好な経過を踏めるのか、そうではないのかの分かれ目になってきます。

足首のトラブルの患者さんに色々話を聞いていくと、

靱帯損傷のケアはしてもらったけど、関節の整復はしていない。

関節の骨と骨の位置関係をみてはもらっていなかった。

という方が殆どで、

足関節の整復をし、骨と骨の関係性を修復できると

その場で足首の痛みや不安定感はなくなっていき、

関節の可動性も上がってきます。

捻挫をした場合、

靱帯損傷や軟部組織の損傷、筋・腱の損傷で痛みや腫れ・内出血

が気になるとことですが、

捻ったことでずれた足関節の骨の位置の整復もできると

以外に経過が早かったり、復帰が早くなったりします。

整復しなかった足関節の問題は、難しくなってしまうのか・・・?

そうではなく

先ずは整復をし、関節面をキレイにそろえることで

これからの良い経過を望めます。

足首の捻挫の不調や、不安定感・痛みの残存

いまいちスッキリ治っていないという場合、

今回の 足関節の整復 の記事を思い出せると良いかもしれません。

是非参考にしてみてください。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場駐車場はありません
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順