TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 坐骨神経痛の記事一覧

【ジャンパー膝】歩くだけでも痛かったジャンパー膝を治すには!

2024.04.17 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,坐骨神経痛,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

子どものころから憧れだった

チョコボールのオモチャの缶詰

金なら1枚  銀なら5枚

目に留まったときは買っているが・・・

当たったためしがない。

これアタリあるのか!?!?

ってところに来たマロウ君。

「オモチャ欲しいんかい?」

って感じです。

今日の話は

【ジャンパー膝】歩くだけでも痛かったジャンパー膝を治すには!

ジャンパーズ膝

ジャンパーズニー

膝蓋腱炎

3つとも名前が違うだけで、同じスポーツ障害になります。

ジャンプの動作や、踏ん張る動作で膝蓋腱に負荷が掛り

腱にキズがついて

また負荷を掛けることで炎症が起こってしまう。

対処として

患部に負荷を掛けないよう安静にし

アイシングなど消炎と大腿四頭筋のストレッチ

患部の保護のためにサポーターを着用すること。

これ等のことでジャンパー膝を解決し復帰してる選手もいれば

いつまでも治らなく、くすぶっている選手もいます。

なかには半年近くプレーができない・・・

という方のご相談があったりもします。

先日のジャンパー膝の患者さん

競技をすることはもちろん、階段や歩行だけでも膝が痛く

膝の治療に特化した治療院や

針灸の治療院にも通っていたが

治療を受けたときはラクになるが、すぐに戻ってしまう。

ということで当院を紹介で来て下さいました。

話を伺うと、

ジャンパー膝を解決するために、太ももの筋肉を緩めることが大切

ということで

膝の消炎と太ももの筋肉(大腿四頭筋)の弛緩をしてきたとのこと。

この患者さんに提案させていただいたのは、

膝蓋腱に負荷が掛るのは、太ももの筋肉の緊張があるから

太ももの筋肉を緩めましょう!

ということではなく、

どうして太ももの筋肉が収縮し硬くなってしまうのか?

その原因が何なのかを見つけてとってみたら

膝の痛みがどう変わるのかを見ていきましょう。

という提案で、

調整したのが足首の関節。

屈伸などの動きを再度確かめてもらい

最初の痛みの半分に。

もうヒトツの調整で

膝の痛みは違和感程度になり、

歩いても膝を曲げてもジャンプをしても

違和感程度になって、残り1割くらい とご本人の報告。

もうヒトツ って何したの!?

コレは秘密にします(笑)

ストレッチでもなく 膝の調整でもなく 患部を触ったわけでもなく

太ももの筋肉を調整したわけでもありません。

ちょっとヒントを出すと

カラダの機能の調整 をしたということ。

ジャンパーズ膝になってしまうカラダの機能のデザインを修正する

文字にするとなんとなくわかりずらいと思いますが、

実際に受けてみると・・・

なるほど~! って納得されるようです。

ジャンパー膝を患って

時間と手間をかけて、しっかり治してきたんだけど・・・

なかなか痛みがなくならないんだよな・・・

プレーするとまた痛くなるんだよな・・・

そんな選手にとって、根本的にジャンパー膝を解決できるヒントになれば

と思います。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【ぎっくり腰】救急車で搬送された方のぎっくり腰を治す方法

2024.04.10 | Category: 坐骨神経痛,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

ワタクシゴトですが、古着屋に行くこともありまして

くたびれたバンドTシャツでもないか探していると

どこからか視線を感じてしまい

その視線はこのTシャツでした。

絞り染めのグルグルネコちゃん・・・

コレは買うしかないだろ!

でも家族には不評で・・・

いつどこで着るの!? 一緒には歩けない! って始末・・・

確かにですね(笑)

コレを着たとき誰かすれ違ったら、是非お声がけくださいね!

ちなみに900円でした。

今日の話は

【ぎっくり腰】救急車で搬送された方のぎっくり腰を治す方法

昨日の患者さん

外での立ち仕事を2月 3月にほぼ休みなく続け

腰がおかしくなってきたな・・・ 

なんかぎっくり腰になるかも・・・

そんな感じがあったなか、朝ふとんから起き上がるときにギクッとなり

それから動けなくなってしまい、

救急車を呼んで病院に行き

骨には異常がないし、鎮痛薬をもらい帰ったものの

薬が切れるとまた動けなくなるような状態に。

仕事にも行かなければならないし

どうにかクスリで痛みに対処するのではなく、

腰を治したい!

ということで、ぎっくり腰をネットで調べたらこのブログが引っ掛かり

来て下さいました。

ぎっくり腰については、何回か書いておりますが

ちょこっと投稿をさぼっていたので、再度書いていきます。

ぎっくり腰を治していくには・・・

当然ながら、ぎっくり腰のことを知らなければなりません。

ぎっくり腰 急性腰痛症は、

ちょっとしたアクションで腰に強烈な痛みと可動制限が発生してしまうことで

時間的には午前中が多く、その中でも朝の動作で起こるケースがほとんど。

洗顔の姿勢  くしゃみ  

ちょっと遠くのものを取ろうとしたときに

こういった何気ない動作で発生することが多かったりします。

この何気ない動作が問題なのか?

ではなく、

ぎっくり腰になってしまったキッカケであり、

ぎっくり腰になってしまうのは、

もうぎっくり腰になってしまう状態が出来上がっていて

引き金がちょっとした動作だということです。

このとき、腰はどうなっているのか・・・?

腰椎が壊れている状態・・・?

腰周の筋肉を損傷している状態・・・?

大腰筋が収縮しているの・・・?

ということではなく、

これ以上 腰に負担をかけないで!!!

って感じに防御反射が発生し、腰をギュッと固めてしまい

腰が動かなくなってしまう状態になるわけです。

例えて言うなら

うしろからソロ~っと近づかれ・・・

わっ! っと驚かされたときになる 意思とは関係ないビクッとした動き

その ビクッ! が、継続的に腰に起こっている状態だと思ってください。

ファーストエイドとして大切なことは、

先ずは痛みと可動制限を解除し

歩けるようにして生活に支障が出なくなるようにすること。

その方法として

腰が腰らしく動かせるようになることを思い出させる施術が効果的で

腰の機能を戻す方法があります。

今回の場合も、腰に起こった防御反射を外し

腰が腰らしく動けるように戻すと

帰りは普通にしゃがんで靴を履き、スタスタ歩いてお帰りになりました。

この 防御反射を外す ということが、

その場でぎっくり腰をラクにする方法になり

それから、ぎっくり腰になってもおかしくないカラダの修正をし

根本的な問題の解決と再発防止になります。

先ずは 防御反射を外す

覚えておいてください。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【よくある質問 お問い合わせ】どんな施術をするの…!?

2024.04.09 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,坐骨神経痛,女性の悩み,当院からのお知らせ,未分類,痛み,肩こり・腰痛,自律神経,骨盤矯正

【よくある質問 お問い合わせ】どんな施術をするの…!?

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

ブログの更新・・・

明日からね・・・

次の日も…明日から!

んなことで、ひと月半も更新せず

患者さんに 

「もうやめちゃったんですか!?」 と言われ

気付いたら 開院25年目を迎え・・・

よいしょと重い腰を持ち上げた次第であります。

新年度に入り、ここ松戸市新松戸にも引っ越された方も多く

有難いことで、お問い合わせも頂いております。

ご相談やお問い合わせで多いのが

「 どんな治療をしているのですか? 」

「 症状は○○なんですが、治りますか? 」

「 回数掛けて通わなければならないんですか? 」

こういったお問い合わせです。

今回は、多かったご相談・お問い合わせについての

簡単な回答を書いていきたいと思います。

「 どんな治療をしているの? 」

患者さんの回復能力が最大限に出せるようになるようにする施術で、

症状の問題だけではなく

どうしてこうなってしまったのか、

症状が出てしまう根本原因を見つけ処置していきます。

例えるならば、雨漏りの例が分かりやすく

雨漏りで床がびちょびちょに濡れてしまったとき

先ずは、垂れている雨漏りを受け止めるバケツを置いて

濡れている床を拭けば、床が濡れることはとりあえず防げます。

雨漏りによる被害に対処したということです。

でも大切なことは

雨漏りするような屋根の状態を修復することですよね。

どこに穴が開いているのか・・・

屋根の構造が歪んでいるのか・・・

瓦が劣化して・・・

色んな雨漏りの要因がある中で、

素早く正確にその場所を見つけ、しっかり補修することができる。

腕の良い職人さんとは、こういう感じですよね。

人のカラダにも同じことが言える場合が非常に多く、

足首の捻挫をしました。

たまたま捻って痛めたのではなく

足首を捻ってもおかしくないカラダになっていて捻挫をしてしまったら

捻挫を治療することも大事ですが、

根本原因が残る限り再発の恐れもありますし

回復の経過もあまり宜しくなかったりしますよね。

しっかり治療に通っているのに、いつまでも良くならない・・・

もしかしたらこういった根本原因が解決できていないから

かもしれません。

この痛み・辛さを今すぐどうにかしてほしい!

その一番の近道は、症状という結果をみるより

原因をしっかり解決することが重要です。

その原因は、各々によっても違い、治療方法も変わるのは当然です。

なので、

症状○○には 治療法□□をいたします!

と言い切れません。

原因から解決していくって・・・

なんか遠回りしているような・・・

って感覚があるかもしれません。

悪くなっていく原因が抜けたとき、

人の回復力が発揮できるようになり

それはその瞬間から変化が出ることが不思議ではありません。

ご自身が持っている回復能力は、

思っている以上にスピーディーで、一番効果的な治療です。

もし

治療に言っているけど・・・

良くならないんだよな・・・

って感じになっている方、

今回書いたことに大きなヒントがあるかもしれません。

是非、参考にしてみてください。

25年目を迎えることが出来たのは

患者さん 関わってきださった方々

そして家族のおかげです。

感謝を忘れることなく、25年目も頑張りたいと思います。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【カラダを治すのに必要なこと】あなたの悩みを解決する大きなヒント

2024.02.27 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,交通事故,坐骨神経痛,女性の悩み,妊婦さんの治療,当院からのお知らせ,未分類,痛み,肩こり・腰痛,自律神経,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

NIKEさんからのCMオファーを待つマンゲツさん

タイガーウッズ  大坂なおみ選手と共演したいらしいです(笑)

今日の話は

【カラダを治すのに必要なこと】あなたの悩みを解決する大きなヒント

患者さんや、お問い合わせの方からよくある質問で

「 ときたさん、どんな治療をするのですか? 」

というご質問をいただきます。

今回は、

カラダを治していくのに必要なこと

そのことについて書いていきたいと思います。

それが どんな治療をするの? ということに大きく繋がりますので。

カラダのことに限らず、

物事には結果に結びつくプロセスがあり、

原因があってこそ、結果に繋がっていくのは

なんとなくご理解いただけると思います。

良く例えに使う事例として 【 雨漏り 】が分かりやすく

雨が降って、天井からポタポタ水滴が落ちてきて

床が濡れたり、場合によっては濡れてはいけない電化製品などにも。

家の中が濡れないように雨漏りが垂れる場所にタライを置くのが

ファーストエイドで、

根本的に雨漏りを防ぐには

屋根の水が浸入してしまうような場所を見つけ修理をしていく

それが正確かつ迅速に行える大工さんは

腕の良い大工さんと言えるでしょう。

なんとなく分かりますよね。

カラダの問題に対しても同じように言えることが多く

症状が出る場所が結果であり、

そうなってしまう根本原因があるはずで

痛みがある場所をどうにかしていこう! ということだけだと

雨漏りの例で言う、床にタライを置くことと一緒になってしまいます。

雨が止めばとりあえずしのげますが、

また雨が降ったら雨漏りが発生してしまいますよね。

こういったことが起こりやすいヒトツの症例としてよくあるのが

スポーツをされているお子さんの オスグッド病

成長期に走り過ぎたり、普段のケア不足からきてしまう

膝下(脛骨粗面)の炎症を鎮め、

太ももの筋肉に柔らかさを付けるためストレッチしたり

電気治療 マッサージなどで大腿四頭筋の柔らかさを作る。

オスグッド病用のベルトやサポーターで保護する。

患部が落ち着くまで運動を休み経過をみる。

でも・・・

しっかり対処していても・・・

いつまでも良くならないし・・・

復帰したけど・・・

こういうケースが非常に多い印象です。

雨漏りの対処にタライを置くのか、屋根の修理をするのか

オスグッド病を治すのに

膝・太ももをケアするのか、オスグッド病になる原因を解決するのか

ココが根本的に直していく(治していく)分かれ目になってきます。

膝の痛み

大腿四頭筋の張り・硬さ

運動し過ぎ

成長痛

これらにフォーカスするのではなく、

オスグッド病になってしまう根本的な原因を正確に探し

それを除去することで

オスグッド病が回復できる環境が出来上がるわけです。

ちなみに、その状態が出来上がると膝の痛みはその場で軽減し

膝関節の可動域もその場で大きく変化します。

こういったことはオスグッド病だけでなく、

カラダの不調  メンタルの問題  生き方の問題

などにも同じことが言える場合が多いです。

雨漏りで床が濡れないように・・・

タライを置いてやり過ごすのか・・・

屋根の不具合を直していくのか・・・

あなたならどちらを選びますか?

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【患者さんに足りていないコト】それは・・・!?

2023.12.22 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,交通事故,坐骨神経痛,女性の悩み,妊婦さんの治療,当院からのお知らせ,未分類,痛み,肩こり・腰痛,自律神経,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

年末年始の診療案内 です。

年末は 12月30日(土) まで通常診療し

12月31日 ~ 1月3日 まで休診いたします

1月4日(木) より通常診療いたします

おい! そこはオレの場所だぞ!

って感じにマンゲツさんがマロウ君にネコパンチ

仲良くしてくださいね(笑)

今日の話は

【患者さんに足りていないコト】それは・・・!?

年末に差し掛かり

皆さん忙しくなっているせいか、体調を崩してしまい

駆け込みの患者さんもいたりします。

施術が終わりラクになって後に話していくと

多くの方が質問されるのが・・・

「予防のために家で何をしたらいいですか?」

という質問になります。

腰を痛めたから、予防のためのストレッチは・・・?

何をしたら・・・?

何に気を付けたら・・・?

ツライ思いをしたわけですから、再発してしまうことは御免ですし

そのために何かしなければ・・・!

と思うことは理解できます。

患者さんの状態によっては、こんなセルフケアも有効ですよ!

というアドバイスをすることもありますが、

基本的には・・・

「何もしなくて大丈夫ですよ!」

と言うことが多かったりします。

なんか面倒くさがっているのか・・・?

教えないなんてケチ臭い・・・!

とかではなく(笑)

皆さん、症状が出るまで頑張ってきたわけですから

先ずは休ませることが大切で、

頑張ってきたカラダに感謝し褒めてあげて

ゆったりした時間をつくること

コレが圧倒的に足りていないコトなのです。

例えば・・・

大切な人が体調を崩し治療したとしましょう。

治療したすぐ後に

ストレッチしなさい!

再発予防のために運動しなさい!

生活習慣を変えなさい!

って、アナタは言うことができますか?

先ずは・・・

ゆっくり休んでしっかり治してね!

って言うと思います。

でも、

それが自分の場合になると、自分に厳しくなっていませんか?

大切な人の場合を思うように

自分も大切に扱ってほしいんです。

体調を崩したのは

自分が頑張っているから

自分のカラダとキモチをすり減らすような激務をこなしているから

家族のために 人のために 仕事のために

少しでもより良い方向に行くために頑張っているから

ですよね。

いや~ ワタシなんかまだまだなので・・・

なんて仰ったりしますが、

気持ちの中では

「オレ、よくやっているよな~!」

「頑張ってる自分を褒めてあげたい!」

「ご褒美もらってもいいくらい!」

「ゆっくり休んで次も頑張ろう!」

なんて思っていても全然良いと思います。

そう考えてるだけでも代謝が良くなり

経過が違ってくることも少なくありません。

是非、参考にしてみては!

ちなみに・・・

私のモットーは・・・

人にやさしく  自分にもっと優しく

です(笑)

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【ぎっくり腰】腰の機能が戻り痛みもラクになった次は!

2023.12.01 | Category: こども,坐骨神経痛,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,自律神経,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

行儀が悪いですが・・・

こうしているとマンゲツさんが乗っかってきます

ここで朝の毛づくろいをするのが彼の日課です

ワタシはその間、動けません(笑)

今日の話は

【ぎっくり腰】腰の機能が戻り痛みもラクになった次は!

前回は

ぎっくり腰を素早くラクにするコツとは!

を書きました。

筋肉 骨格にアプローチするのではなく、

防御反射でロックされてしまった状態を解除することが

痛みや可動制限を解決していくコツになり

腰の機能を戻すことが施術になる

ということを書きました。

腰の機能を戻す というのは、言い換えれば・・・

腰をどう使っていいのか分からなくなる ということで

意識では分かっているつもりだけど

体が言うことを聞いてくれない って感じになります。

ここには自律神経系の問題が関わっていることが多く、

ぎっくり腰になる方は

忙しさに追われている・・・

睡眠時間を十分にとれていない・・・

ストレスやプレッシャーを抱えている・・・

なんとなくカラダが重かったり怠かったりする・・・

こういった下地があり、

ちょっとしたきっかけでギクッとなってしまい

どうしてこんな変哲もない動作でぎっくり腰になってしまうの!?

そういう方が多かったりします。

前回書いたように

先ずは、防御反射を外し腰の機能を戻し痛みと可動制限を解決すること

そして仕事や家事に早期復帰すること

コレがファーストエイドになり

大元である 自律神経系の疲れ ストレスやアタマの疲れを

解決していくことが根本的なことになってきます。

痛みなく動ければ、それで十分!

ということも分かりますが、

ぎっくり腰を再発させてしまうリスクは無くしておいた方が良いですし

自律神経系の問題 アタマの疲れを解決できると

更にカラダは軽くなり

思考や判断力も落ちることなく

お仕事や生活がスムーズにできるようになるのでは。

ぎっくり腰になってしまうのは

ぎっくり腰になってしまう下地があり

結果的になってしまったぎっくり腰を解決するだけでは

ワタシの中では、50点の採点なんです。

のこり50点もしっかりケアをし、健やかな状態でぎっくり腰も防ぐ

ぎっくり腰になってしまった方

お耳にうるさいと思いますが、ぎっくり腰になってしまうベースも

見直していけると宜しいのかと思います。

是非参考にしてみてください

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【左半身の痛み・不調】精密検査をしても異常がないカラダの不調は!

2023.09.01 | Category: こども,坐骨神経痛,女性の悩み,当院からのお知らせ,未分類,痛み,肩こり・腰痛,自律神経,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

マンゲツさん、箱からお尻がはみ出てるよ!

オマエも椅子からケツはみ出てるぞ!

そう言われ返されたような朝でした。

面白い奴です

今日の話は

【左半身の痛み・不調】精密検査をしても異常がないカラダの不調は!

最近は不定愁訴の症状でのご相談も増えてきています。

先日の患者さん

半年前から、発生起点のないカラダの不調があり

左の首肩の痛み 張り

背中 肩甲骨周辺の張りや違和感

左腰の痛み

左太もも ふくらはぎの緊張

左足が持ち上げづらくなり、つまづくことが多く転倒することも

脳梗塞の前兆なのか、

なにか大きな病気の可能性がないか、

病院に行き精密検査をするも脳やほかの場所にも異常がみられず

特に治療をするような必要性もないので・・・ ということ。

体のバランスなどが崩れていて、

背骨のゆがみ 骨盤のゆがみ が問題なのかもしれない・・・

そう思い整体院・治療院に通うも

施術を受けるもかえって痛みや症状が強くなる

最初は、好転反応なのかも・・・ と思うようにしていたが

元々の症状が軽くなることもなく、治療を受けるたびに悪化するように感じる。

そういう状態の時に知人に当院を教えてもらい来て下さいました。

こういった場合、

先ずはしっかりとした精密検査を受け

異常個所がないかを確認し、異常がある場合はしかるべく処置をするべきです。

しかし、

精密検査を受け、異常がみられなかったときに

今の症状をラクにするためにどうすればいいのか?

スゴク悩んだり迷ったりしますよね。

筋肉 骨格の調整

生活習慣の見直し

リハビリ 機能回復訓練 トレーニング

治療院 整体院などでの 物療 マッサージ ストレッチ カイロプラクティック

それぞれ症状のある場所に対してのケアも大切ですが

この方の場合のように対処をしても良くならない

むしろ悪化してしまう

そういうケースも少なくありません。

では、どうすればいいのか?

いつも書いているように、症状に対してのケアだけではなく

どうしてこのような症状が起こってしまったのか?

その根本原因を解除することが治療の第一歩であり

原因が解除された瞬間から回復が始まり

症状の軽減がその場で出ることも少なくはありません。

この方にとって、その根本原因が何なのか?

どうすればその根本原因が解除できるのか?

今回のこの方の施術は、根本原因を知っていただき解除することで

左半身の問題がだいぶ軽減されました。

根本原因が何だったの・・・???

ここでは書けませんが、ご本人には意外なことが原因になっていました。

その根本原因が何なのか?

どうすれば解除できるのか?

当たり前のように聞こえますが、なかなか出来ていない方が多く

なので不調が変わらずお悩みになる方が多いのかと思います。

痛い場所が、どうなっているの?

も大切ですが、

痛むなる原因が何なの?

という見方が出来ると、

検査では異常がないけど調子が悪いなども不定愁訴の症状の解決策が

みつかるかもしれませんよ!

是非参考にされてみては。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【ぎっくり腰】腰の痛み以外に隠れた重要なこととは!

2023.07.31 | Category: 坐骨神経痛,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

8月4日(金)は休診させていただきます。

今のところ、土手ウォークまだ続いています。

さっさとシャワー浴びてブラッシングよろしくな!

眠そうな顔でマンゲツさんが言ってました(笑)

今日の話は

【ぎっくり腰】腰の痛み以外に隠れた重要なこととは!

連日の暑さが厳しいですね。

発汗が多くなる時は、血液循環も激しくなり

血液から老廃物をろ過する臓器 腎臓 の働きが増え

腎臓が疲れてくると、大腰筋の緊張が始まる反射が起こり

腰の可動に制限が起こる中で

朝のチョットした動作で防御反射が起こり腰をロックしてしまい

動けないほどに痛みが発生してしまう。

コレが、ぎっくり腰になってしまう課程の一部で

まず最初に大切なことは

この起こってしまった腰周りの防御反射を外すこと。

ぎっくり腰を素早く動かせるように戻すには

このことが施術として大事なことと書いてきました。

発汗で腎臓が疲れて大腰筋が収縮するからぎっくり腰になる

発汗が激しくてもぎっくり腰にならない方は

ならないですよね。

ぎっくり腰になってしまう方、そうではない方の違いは

疲労が蓄積の差が大きな分岐点になります。

その疲労は、肉体的な疲労だけではなく

精神的な疲労も大きく関わり、

むしろそのケースの方が多かったりもします。

ぎっくり腰を体験されている方ならわかると思いますが

最初に思うことは・・・

この痛みをどうにかしてくれ・・・!

動けないカラダをどうにか動けるようにしてくれ・・・!

ですよね。

ぎっくり腰の施術は、

先ず痛みを緩和し、動けるような状態を作る。

その次に、

ぎっくり腰を引き出すようなカラダや精神的な疲労を取り除く。

このふたつが非常に大切になり、

ぎっくり腰を繰り返してしまう方は

もしかしたら腰の問題のみの解決をみていて

ぎっくり腰になりやすい要素をそのままにしているのかもしれません。

ぎっくり腰のあのツライ痛みの裏には

そういったことが隠されていることが殆どです。

スムーズな腰の問題の解決も大切ですが、

再発しないように

腰以外にも悪影響がないように

カラダと精神面の疲労をしっかり解決していくこと。

コレもぎっくり腰の施術として重要なことになります。

是非参考にしてみてください。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【不調の原因】どの症状でもその原因を見つけることが大切です

2023.07.25 | Category: こども,アレルギー,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,交通事故,坐骨神経痛,女性の悩み,妊婦さんの治療,当院からのお知らせ,未分類,痛み,肩こり・腰痛

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

相変わらずMicrosoft officeの様子が落ち着きませんが

Wordが使えるようになったので書いていきます。

珍しくムスメ以外にも爪を切らせるマロウ君

ウチ・・・ 猫用の爪切りがないので、家族と兼用です(笑)

今日の話は

【不調の原因】どの症状でもその原因を見つけることが大切です

先日の患者さん

症状の訴えは・・・

首のコリ  肩の張り  背中の痛み  腰痛  足の指の痛み

頭痛  不眠症  高血圧  耳鳴り  

ホットフラッシュ  交通事故に3回遭った

朝起きたらこのような症状がずっと続くのが

もう10数年続いているということで、

病院や整形外科さんにかかり

整体 カイロプラクティック マッサージ 接骨院にもかかってきたが

未だに良くならず、

職場の方に紹介され来て下さいました。

色んな症状があり、

どこから施術をしたら・・・

なんて迷いそうになりそうですよね。

こういう場合だけではないのですが、

症状に対してアプローチしていきましょう!

となると、

この方が経験されてきたように、痛いまま10数年たってしまう訳で

どうしてこのような症状が発生してしまうようなカラダになったのか?

原因が残ったままで結果を変えようとしても

なかなか良くならないのは想像に難しくないはずです。

何がこの方の状態を作ってしまったのか・・・???

食生活・・・?

体質的な問題・・・?

姿勢や普段の生活習慣の問題・・・?

物理的な外力によって起こる問題・・・?

運動不足・・・?

内科的な問題・・・?

ストレスや精神的な問題・・・?

いろんな選択肢と可能性がある中で、何が問題になっているのか?

それが分からなければ修正のしようがありませんよね。

この方の場合は、

上記の中にある原因ではなく 

まさか・・・! と、ご自身の中に仕舞ってあったことが体調を崩す原因で

そのことを除去した瞬間にコリや張りがなくなり

カラダの重さが抜けてきて、

モヤモヤ感もスッキリし、

2回目のご来院の報告では、最初に訴えていた症状が殆どない

ということに。

10数年あった症状がなくなるなんて・・・!

とお喜びでした。

私が治したのではなく、

悪くなる原因がなくなれば良くなるきっかけができて

ご自身の回復能力がしっかり働ける状態になりますよね。

そのために大切なことが、不調の原因の特定なんです。

特に不定愁訴の症状や、なかなか良くならない体調不良など

その症状に合わせる施術も悪くないですが

根本的な問題からなくしてあげたいですよね。

その原因の特定ができるか、できないかで大きな差に繋がってしまいます。

そんな施術方法もご用意してますので、

気になる方はご相談くださいね。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【運動選手のコンディショニング】どの競技にも必要な要素のヒトツを!

2023.07.13 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,坐骨神経痛,女性の悩み,当院からのお知らせ,未分類,痛み,肩こり・腰痛,自律神経,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

土手ウォーク

3日坊主クリアの4日目(笑)

涼しくて歩きやすい朝でした

そのあとブラッシング

毎日しているが、まだこれだけの抜け毛の量

ネコ達の発毛能力が小生の頭にも欲しい・・・

と感じる五十路です

今日の話は

【運動選手のコンディショニング】どの競技にも必要な要素のヒトツを!

総体 インターハイ 大会 記録会など

運動選手たちにとっては忙しく、結果を求められる時期で

結果によっては将来も決まってしまう大会を控えていたりする選手もいます。

しっかり練習で積んできたスキルをいかんなく発揮したい

結果を残して次のステップに繋げたい

そう思うことは当然のことですが、

頑張っている割に調子が上がらない・・・

できている感じだけど、できていない・・・

良かった時のプレーができない・・・

体が思ったように動いてくれない・・・

いつもの体のキレがない・・・

そういったお悩みでコンディショニング調整のために来て下さる選手もいます。

アスリートのコンディショニングにとって重要なことはいくつかあるのですが

今日はそのヒトツのことを書いていきます。

まずコンディショニングとは、どういうことなのか

それが分かっていなければ調整することが出来なく

コンディショニング調整とは

ご自身の運動能力を最大限に発揮できる状態にするということ。

そのために必要なことは

肉体的な問題  精神的な問題  技術手に奈問題  環境の問題 

など、整えていかなければならないことは意外に多かったりします。

その中で、肉体的な問題を解決していくにあたり

筋肉の緊張の調整 骨格の調整

疲労の除去 

などが思いつく処置になっていませんか?

入念なストレッチや可動域の調整

しっかり疲労性物質を代謝させるよう休息を充実させる。

これらも大切なことです。

ですが

運動能力を最大限に発揮できるようにするにはもっと必要なことがあり

それが  カラダの軸を整えること  なんです。

どんな競技でも、カラダの軸がぶれていたら

良いパフォーマンスを出せるどころか、

ケガやスポーツ障害を誘発してしまう可能性が高くなります。

体幹を鍛えているから、カラダの軸は揃っているはず!

実はそういう問題ではなく

体の軸をどこにとれているのか、

肉体と意識 両方で正中線上に軸をとれていなければ意味がありません。

正中線上にカラダの軸が取れるようになると

カラダにチカラが入るようになり、

筋肉の緊張が緩み、各関節の可動制限が解除され

左右同じ可動を取れるようになります。

コレを簡単にヒトコトで言うと・・・

カラダの歪みがなくなる  ことなんです。

体の軸が正中線上に来るということは、

左右対称  シンメトリーな状態に近づくことで、

選手にとっては必須な条件ですよね。

では、どうやって軸を揃えるの・・・?

コレは難しいことではなく、

その場で体の変化が実感できて、簡単にできる方法を用意してます。

プラスαで、

体の軸がブレてしまう原因の除去方法も教えています。

悔いのない選手生活を送りたい方、

結果を出すことに貪欲な選手

ケガやスポーツ障害で実力が出せていない選手

是非ご相談ください。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場駐車場はありません
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順