TEL

ホーム > Blog記事一覧 > ぎっくり腰流山市の記事一覧

【ぎっくり腰】ぎっくり腰を早期に解決するためのコツとは

2022.10.20 | Category: 坐骨神経痛,女性の悩み,妊婦さんの治療,当院からのお知らせ,未分類,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

やっと日差しが出てきましたね

日光浴しながら2匹で舐めあって寝ているのを見ると

癒される・・・ というか羨ましかったりします(笑)

今日の話は

【ぎっくり腰】ぎっくり腰を早期に解決するためのコツとは

昨日、何名かぎっくり腰の患者さんが来て下さいました。

ぎっくり腰を体験された方ならわかると思いますが、

非常にツラい痛みと、可動制限が特徴です。

人によってはトイレに行くのも一大事になってしまい、

このままではどうなってしまうのか・・・

仕事に行けるようになるのか・・・

ヘルニアになってしまうのでは・・・

色んな心配が頭の中をめぐってしまいましよね。

ぎっくり腰  急性腰痛症 を早期に解決させるにあたって

ちょっとしたコツがあったりします。

今日は、そのことを簡単に分かりやすく書こうかと思います。

ぎっくり腰になってしまいました・・・

起き上がることもできず、体制を変えるだけでも激痛です・・・

こうなってしまったとき、

痛みがひどいから出来るだけ安静に動かないようにして

腰の炎症を軽減させるためにアイシングをし

痛みが引くのを待つ

症状が酷いわけですから、安静が必要になると考えるのは分かります。

ですが、ぎっくり腰という問題を紐解くと

腰を守るために過剰に腰周りの筋肉を緊張させ、

腰が動かないよう防御しているのがぎっくり腰であり

損傷したり、壊れているわけではないのです。

腰を守るための防御反射が働いて、腰がフリーズしているわけです。

なので、ぎっくり腰へのケア・施術は

痛みや炎症にフォーカスするのではなく

防御反射を解除してあげて、腰が腰らしく機能するようにすることで

あなたの腰はこう動かせるのですよ!

腰の動きを思い出させるようにアプローチすることなんです。

ということは、

腰を正常に動かすことができるようにすることが治療になるのです。

防御反射が解除されて腰が動くようになると、

痛みもその場でラクになりますし、過剰な筋肉の緊張感もなくなり

歩行もスタスタできるようになります。

痛みがツラいから・・・ 動かさないで安静に・・・

それも悪くはないですが、防御反射が外れるまで時間がかかりますし

それだけツラい痛みを感じる時間も長く、

お仕事や生活にも支障が出てしまう時間が長くなってしまいます。

どうしても治療にいけない・・・

そんな場合は往診という手もありますし、

痛みがひどいのは分かりますが、無理にでも来て下さった方が

経過が良好に早期に復帰できるようにもなります。

そんなぎっくり腰の解決方法があることも知っておくと良いかもしれません。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【ぎっくり腰】安静にしていると症状の経過は緩慢になることも

2022.07.15 | Category: 女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

IMG_4014 (2)

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

お休み前の2匹でのグルーミング

ドンだけ仲良いんだよ! オマエたちは!?

なんて思ったりします (笑)

今日の話は

【ぎっくり腰】安静にしていると症状の経過は緩慢になることも

少し前に、ぎっくり腰の予防方法なんてことも書きましたが

ぎっくり腰の患者さんが少しずつ増えているように思います。

暑さ  発汗  腎臓  内臓体制反射  大腰筋

これ等が関連するので、対処方法は・・・

お時間がありましたら過去記事を覗いてみてくださいね。

先日の患者さん

4日前の朝、洗顔をするときにぎっくり腰になり、

自宅で動けなくなってトイレに行くのもやっとの状態

以前にぎっくり腰になったときは、

何日か様子を見たらなんとなく動けるようになったので

今回も安静にして時を待つように様子をみていたが

良くなっていく傾向もなく、このままでは・・・!

ということで来て下さいました。

痛くて動けないほどのぎっくり腰を解決する場合、

2つのことが重要 ということは以前にも書いてきました。

ヒトツは

腰周りの筋肉に発生した防御反射を外す

もうヒトツは

ぎっくり腰をおこしてもおかしくない状態を解決する

先ずは痛みなく動けるようになるように

腰周りの筋肉に起こった防御反射を外すことがファーストエイドで

コレができると6~7割の回復ができ、

動いても腰に激痛が発生するような状態が解除されます。

そのために具体的にすることが、

腰が腰本来の機能を思い出させ、正常に腰が機能できる状態にすること。

腰本来の動きを再教育することが

腰に発生した防御反射を解除することに繋がり、

腰を動かして正常に戻すことが施術になります。

動かしてなおす ということです。

防御反射が働いたまま、安静に腰の動きを止めてしまった場合

より一層防御が強まり、

筋肉の緊張・収縮・柔軟性の欠如が強くなったり、

固定化されたりすることもあります。

今回、この方の場合がこういった状況だったのです。

付き添いのご主人に何とか連れてきてもらい、

防御反射を外し、帰りにはスタスタ歩いて帰れるようになりました。

それは正常な腰の機能を思い出していただいたからなんです。

安静にして、アイシングして・・・

それでは腰の痛みが引くのと、

動けるようになるまでに時間がかかることもあります。

大変でも早めに来ていただき、防御反射を外しう動けるようになった方が

患者さんにとって効率的です。

どうしても動けない・・・ 

という場合は、往診も致しますので遠慮なくご相談ください。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  

047-340-5560

【ぎっくり腰 急性腰椎症】 こんなツラかった経験ありませんか???

2018.10.02 | Category: 当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ です。

最近、投稿さぼり気味でして・・・

スイマセン (笑)

ネコたち

このポジションで座っていることが多くなってきました。

何か意味があるのでしょうか???

腰かけると・・・

ソファーが揺れて落ちます (笑)

さすがにネコだけに着地はバッチリ!

今日の話は

 「ギックリ腰 アナタはこんな経験ありませんか???」

ぎっくり腰・・・

なった方にしか分からないあのツライ痛み・・・

動くこともできず、

どうしたらいいのか・・・?

そんな感じになってしまうこともしばしばです。

先日の患者さん

ぎっくり腰を起こして、接骨院で治療をしてもらった。

ベットでうつ伏せになって電気をかけてもらって

ハリも打ってもらった。

施術が終わって、起き上がろうとしたとき

痛みが強くて起き上がれない・・・!

気合と根性で何とか起き上がって帰路についたが

だんだん痛みが軽くなった・・・というか

痛みに慣れてきた感じに。

仕事に行けるくらいになっても

いつまたぎっくり腰になる不安感があり、

他の人に 「なんか姿勢がヘンだよ!」

そういう状態が続いている。

ぎっくり腰に合われた方、

こんな経験が非常に多かったりします。

ぎっくり腰については

何回か書いています。

そこで大切なことが・・・

 痛みが強くて、動けない・・・!

ではなく、

 動けないから、動くと痛い・・・!

というのが、ぎっくり腰をクリアしていく大切なキーポイントになる。

ということでしたよね!

ですから、治療は・・・

動けるように戻すこと。

腰をどう動かしていいのかを再教育していくこと。

そうなってきます。

ですから

うつ伏せになって、腰を治療すると・・・

余計に痛くなり、更に動けなくなります!

ぎっくり腰になってから・・・

という方は、

うつ伏せでの治療を経験されている方が圧倒的に多いです。

もちろん、うつ伏せ治療で結果を出す凄腕の先生もいるとは思います。

でも、患者さんとして

「まず、うつ伏せになってみようか!」

「横向きで寝てみて!」

となったとき、

チョットだけ考えるのも良いかもしれません。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【ぎっくり腰】 症状が良くなったら、何をしたらいいのか? 予防策とは?

2018.08.06 | Category: 当院からのお知らせ,未分類,痛み,肩こり・腰痛

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ です。

マロウ君

怪しげな目でこちらを見ています。

「ほっといてちょうだい・・・!」

なのか、

「もう暑くてたまらん・・・!」

なのか

チカラない眼力になってます。

元気の出るオヤツでも買ってあげるか!

今日の話は

 「ぎっくり腰 良くなった後は何をしたらいいですか?」

ぎっくり腰の患者さんが非常に多いです。

是非、この投稿を参照にしてください

「動くこともツラいぎっくり腰 その場で歩けるようにするには・・・?」
https://go-go-gouki.blogspot.com/2018/07/blog-post_26.html 

「最近多いぎっくり腰 予防するには・・・???」
https://go-go-gouki.blogspot.com/2018/08/blog-post.html 

施術をさせていただき動けるようになって

痛みがなくなってくると

こんな質問が多くあります。

 「良くなったので、これから何をしたらいいですか?」

おそらく、有効なストレッチとか

筋トレ方法、腰痛体操的なことをご期待して訊かれるのかと思います。

でも、私の答えは・・・

 「なにもしないでください」

 「食っちゃ寝(笑) で、体をリラックスさせて休ませてください」

です。

ぎっくり腰になる方は、

前回の腎臓さんの疲れ

大腰筋の収縮もありますが、

ものすごく内臓とカラダが疲れているということなんです。

疲れているカラダにまた負荷をかけるのって・・・

なんかかわいそうですし

逆効果になってしまう感じがしませんか?

ですから、思い切りカラダを甘やかして

次に頑張れるような体調に備えることが大切なんです。

日本人の気質として

頑張っている人ほど

痛めたら、何かして対処しなければ!

ストレッチ・運動でどうにかしていかないと!

という感じがあります。

シンプルに、疲れたら休む。 そして回復させる。

これができると非常にスムーズに調子は良くなっていきます。

なので、

 「なにもしないでリラックスして休ませてください」

なのです!

何かしないと不安・・・

という気持ちも分かりますが、

頑張っているご自身のカラダを

もっといたわり、たくさんご褒美をあげてください!

そうすると、また頑張ることができるようになりますよ!

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【ぎっくり腰】 動くこともツラいぎっくり腰をその場で良くするには・・・???

2018.07.26 | Category: 坐骨神経痛,当院からのお知らせ,未分類,痛み,肩こり・腰痛

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ です。

マロウ君のお気に入りの場所

それはソファーの背もたれの縁 (笑)

ちょっと押すと・・・ 落ちます。

たまに押したくなりますが

ムスメに止められます (笑)

今日の話は

 「動くこともツラいぎっくり腰 その場で歩けるようにするには・・・?」

ここ最近は、ぎっくり腰の患者さんが多いような気がします。

朝、洗顔している時に痛めてしまったんですけど・・・

という方もいれば、

ぎっくり腰になって、他に通院してたけど・・・

痛みが引かず、カラダが曲がってきたので・・・

という方もいたりします。

ぎっくり腰を対処する場合、

セオリーでは・・・

安静 アイシング 腰ベルト 電気治療

などが一般的になってきますが、

それでその場で動けるようになるような回復はしません。

場合によっては、さらにひどくなってしまう方もいたりします。

ぎっくり腰関連もたくさん書いてきましたが、

ぎっくり腰は・・・

痛くて動けない!!!

ではなく、

動けないから痛いのです。

と、なると・・・

治療していく順番は・・・

痛みを取るために!!! ではなくて、

動けるように! ですよね!

そして動けるようになると・・・

痛みもなくなってきます。

だから、

ベットで横になっている

うつ伏せで治療をする

これは、動けなくなることを助長してしまうことになってしまいます。

体験した方は知っていると思いますが、

ぎっくり腰になって、横になると・・・

痛みで起きれなくなってきます。

早期に、その場で回復させるには、

その場で動けるように調整することが

非常に大切になりますし、

回復も凄く早いですよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【ギックリ腰】 なってしまった時の対処と、早く回復させるための方法とは

2018.04.19 | Category: 坐骨神経痛,妊婦さんの治療,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

マロウ君の表情

何か企んでいるような・・・(笑)

色んな表情をする

それはネコも一緒なんですね!

何を企んでるかは分かりませんが(笑)

今日の話は

 「ぎっくり腰 なってしまった時の対処方法と回復させるには」

ここ数日、

ぎっくり腰で来ていただく患者さんが多かったりします。

ぎっくり腰になってしまうとき、

キッカケは案外些細なことだったりします。

例えば・・・

顔を洗ったとき

方向転換して振り返ったとき

くしゃみをしたとき

チョットかがんだとき

こんなことで・・・!? というような生活動作でなってしまうことが多いです。

症状も人によって様々ですが、

まずは・・・ 痛みが強くて動けなくなってしまう・・・

これが共通して一番つらい症状なのは経験された方は分かってらっしゃいますよね!

では、このときどうしたらいいのか???

冷やした方が良い??

温めた方が良い??

ジッとしていた方が良い??

動かした方が良い??

色々考えてしまうと思います。

まず、

冷やした方が良いのか??? 温めたらいいのか???

これは・・・

やってみて 「気持ちいい」 方が正解です。

一般的には炎症を鎮めるため冷却!ということになっていますが、

腰周りの筋肉に強い緊張がありますので、

リラックスできるような方が緊張感が緩和されます。

ですから、ご自身にとってどちらが合っているのかを

確かめてみてください。

次に、じっとしていた方が良いの?動かした方が良いの?

これは結論を言えば・・・

動かした方が良いです。

でも実際問題、痛みが強すぎて動かすことができなくなってしまいます。

ですから一時的にコルセットなどで痛みを抑えるのもイイと思います。

以前にも書いたのですが、

ぎっくり腰の場合

痛くて動けないのではなく、

動けないから動かすと痛いのです。

ですので、回復させるには・・・

動けるようにすることが最優先になります。

それが治療ですし、早ければ早いほど回復が良くなります。

ぎっくり腰の患者さんの施術は、

動けるようにお身体を調整します。

そうなっていくと、腰の痛みはかなり楽になります。

そして普通に歩いて帰ることができます。

あまりなりたくない症状ですが、

なってしまった時の参考までに。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場駐車場はありません
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順