TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 2018 2月の記事一覧

【東京マラソン 有痛性外脛骨】 2回の治療で終了です!!!

2018.02.23 | Category: スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

マロウ君の「ゴハンちょうだい!」

ローアングルで撮ってみました。

ゴハンを欲しがる時って

一生懸命で可愛いですよね!

オマケの煮干しもあげました(笑)

今日の話は

 「東京マラソンに出場するランナーの有痛性外脛骨」

恥ずかしながら小生、走るのが好きではないです・・・

だって苦しいから・・・ (笑)

ランナーが増えているということは

本当にスゴイことだと思ってます!

先日の患者さんで

東京マラソンに出場するのですが

有痛性外脛骨が痛んで7キロくらいから走るのがツラくて・・・

という患者さんでした。

もちろん整形外科や接骨院にも治療に言っていたらしく

治療後、良くなったんだかわからない・・・

走ると痛むし・・・

ということで、当院をみつけてくださり来ていただいた方です。

有痛性外脛骨

足首の内側の骨が出っ張ってしまい

靴に当たるのと

走って痛みが出てしまうようなスポーツ障害です。

一般的に・・・

患部を休ませてあげる

インソール・パットなどで保護してあげる

足底アーチを作ってあげる

などが調べると出てきますが

それで良くなるケースは非常に少なかったりします。

手術で!という方法もありますが

できればやりたくはないですよね!

この有痛性外脛骨を解決していくとき

大切なことがあって

舟状骨のが内側に来てしまう足のデザインを変えていくこと

理由なく舟状骨が変位してしまうことはありません。

なんで内側に行くの? という原因を解決していくと

骨の出っ張りはその場で改善していきますし

痛みも激減します。

この方の場合

1回目で50% 2回目でほぽなくなりました。

もちろん程度にもよりますが

数回の調整で有痛性外脛骨は解決できるスポーツ障害です。

走ってもらっても大丈夫です。

何とか大会に間に合うので

ホント良かったですね!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【ランナーのシンスプリント】 何カ月も通院しても良くならない理由とは???

2018.02.22 | Category: こども,スポーツ障害,セルフケア,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

最近の流行りは・・・

「この写真、誰だ???」 クイズ

ムスメから写メが来て

このパーツは、マロウさん??? マンゲツさん???

あててみて!

って感じです。

正直、ワカリマセン (笑)

ネコたちが媒体になってムスメが父ちゃんを構ってくれる

ネコに感謝ですね!

今日の話は

 「シンスプリントで悩むランナーたちが多い理由」

スポーツ障害の患者さんで多いのに

シンスプリント

これを長く患っているランナーが来てくれます。

だいたいのケースが

整形外科・接骨院で治療してましたけど・・・

ストレッチ・アイシングはしていましたけど・・・

しっかり休養もしましたけど・・・

テーピング・サポーターで保護してましたけど・・・

これらを何カ月もしっかりやったのに

走ると痛む・・・

もう治らないんじゃないのか・・・?

選手としてもうおしまいなの・・・?

そう言った患者さんが当院をみつけてくださり

半信半疑で来てくれます (笑)

そうですよね・・・!

何カ月も努力しても治らなかったのですから。

一般的に、シンスプリントが左右同時に起こることは

なかなかないです。

最初に片足が痛くなって

しばらくしたら反対の足もシンスプリントになって

というパターンもありますが、

最初に同時になることはほとんど無いです。

よくシンスプリントの場合、

 走り過ぎ!!!

 頑張りすぎ!!!

とか言われていますが、

それが原因でしたら、

なぜこっちの足だけがシンスプリントになるの???

走り過ぎなら左右の両足に同時になりますよね???

走り過ぎが原因なら

マラソン選手・陸上選手は全員シンスプリントで痛いはず。

同じ練習をして

シンスプリントになってしまう人 

ならない人

なぜ分かれてしまうの???

それらを考えて

シンスプリントになってしまう選手の

シンスプリントになってしまう理由・原因を除去しないで

痛みがある部分をどうにかしようとする。

アイシング・ストレッチなどで炎症をどうにかしようとする。

それでは良くならないのはなんとなく分かりますよね!

シンスプリントに限らずスポーツ障害では、

患部が問題であることは非常に少ないです。

そのなってしまう原因をしっかりみつけて

解決していくことが大切であり、

それができると、その場で回復が始まり

痛みが激減します。

先日のシンスプリントの患者さんも

スネの内側を触らず痛みがなくなってきました。

「なんで~!?」ってなります(笑)

痛みを感じるところが気になるのは分かります。

でも、

なぜシンスプリントになってしまったのか?

これを解決することが

また気持ちよく走れるようになる近道になると思いますよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【バスケ股関節痛】 実は・・・ 治したのはお母さんでした!!!

2018.02.21 | Category: こども,スポーツ障害,セルフケア,当院からのお知らせ,未分類,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

愛嬌たっぷりマンゲツさん

ガスヒーター前は彼のテリトリーです(笑)

当然、熱くなりますので

ゴロンゴロンと体位を変えてます(笑)

その仕草が我が家で笑いポイントになってます!

今日の話は

 「バスケ選手の股関節痛 お母様も治せるように!」

先日お見えになってくださった患者さん

バスケ選手で、12月ごろから股関節周辺に痛みが出て

近所の接骨院・整形外科に通院していたけど

なかなか良くならず、チームメイトの紹介での来院でした。

プレーのたびに股関節が痛み、

思い切り走ることができない・・・

バスケ選手としては、とても辛いところですよね。

以前の治療は

電気をかけたり、マッサージをしたり

ストレッチ指導もあったようです。

スポーツ障害を解決していく場合、

痛みがあるところを処置していくより

なぜ股関節が痛くなったのかを解決したほうが

回復は断然早かったりします。

今回のこの患者さんの場合、

実は・・・

お母さんに治してもらいました。

私は、その方法を教えただけです。

股関節に負担がかかっている状態を解除する方法です!

やってもらうと・・・

「ヤバ! 足軽ッ!!!」

「痛くない!!!」 と、

娘さん・お母さん共、驚かれていました。

この方法

良いことたくさんあって

  ストレッチしなくてもカラダが柔らかくなる!

  たった10秒の手間で終わってしまう!

  誰にでも共通して使える!

  応用も効く!

この方法の応用を使って

娘さんがお母さんの肩コリを治してました!

なんかイイですよね!

何回も通院しても良くならなかった

娘さんの股関節痛

治したのは・・・ お母さんでした! (笑)

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【シビレもあるギックリ腰】 茨城県から来ていただいた患者さん

2018.02.20 | Category: 当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

未だに壁に張ってある 掛け算九九標

「もう小3になったんだから外せよ!」

ってマロウ君が末っ子に言ってるのかも (笑)

今日の話は

 「足にシビレを伴う動けない程のぎっくり腰」

ぎっくり腰・・・・

体感した方は分かると思いますが

ものすごく痛いです・・・。

ましてや、足にシビレが出てしまうような状況ですと

凄く不安になってしまいますよね!

先日、お電話で

「ぎっくり腰でシビレまで出て動けないんですけど・・・」

「急ですがお伺いしても良いですか?」

というお問合せがあり、

緊急を要するようでしたので来ていただきました。

わざわざ茨城県から奥様に車で連れてきてもらって

なぜ?当院に? と訊くと

「何回かぎっくり腰にはなったけど、シビレが出るのは初めてで・・・」

「いつもより動けない感じだったので・・・」

「ネットで調べてきました」

ということでした。

立ち座りも顔が歪みっぱなしで

歩いても腰を押さえないとカラダが崩れそうになり

仕事もあるので、どうにかこの痛みを取ってください!

って感じです。

ぎっくり腰の場合、

何回か書いていますが、

痛いから動けないのではなく

動けないから痛いのです。

ですから施術は

筋肉・骨格が正しい動きができるように

正常な動作を思いださせること

これが非常に大切になり、

動けるようになると痛みもシビレも激減しました。

ちなみに・・・

施術は座ってです。

ベットに寝てしまうと、起き上がれなくなってしまいますから。

ぎっくり腰を体感した人は

それそれ!って感じになりますよね!

ぎっくり腰を早く回復させたい場合、

痛みより、動きを重視すると

回復は凄く早いですよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【骨折後の痛み】 骨はくっついているけど痛いのはナゼ・・・???

2018.02.17 | Category: 当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

PCの不調・・・

おなかの不調・・・

で、ブログ休んでいました・・・

今はどっちも快調です!

ネコも元気!

今日の話は

 「骨折は治ったのに痛むのはナゼ・・・???」

先日お見えになってくれた患者さん

実は・・・

オーストラリア シドニーからのご来院でした!

去年10月に左足を骨折し

ギプス固定後、リハビリも頑張り

足首の可動性も以前のように出てきたそうで

でも、足首周りが痛む・・・

診察してもらいレントゲンで検査しても

折れた部分はきちんとついているから大丈夫なはず!

という診断。

ネットで色々調べたところ

当院をみつけてくださりわざわざシドニーから来てくれました。

骨折の場合・・・

骨がくっついたから大丈夫!

でもまだ痛い・・・

そいうことが多かったりします。

当然、骨が折れたのですから

その骨が骨癒合し再生させることは非常に大切です。

固定除去後のリハビリも拘縮を取るために避けられないことです。

この2つがうまくいっても痛みがなくならない・・・

それは

【機能】が戻っていないから。

骨と骨との位置関係

骨と骨との連動制

簡単に言うと、関節として機能的に動けているのか?

骨折をしてしまうくらい大きな外力が掛かっているのですから

関節の機能だって壊れてしまうのはなんとなく想像つきますよね!

でも骨折の場合、

折れた部分をどうにかしなくては!!!

ということにフォーカスしがちです。

関節の機能が下がってしまった場合、

その関節をフォローするために

他の部分に負担がかかることも多かったりし

この方の場合、腰にも痛みが出てくるようになり

「このままでは・・・」と

不安になったということでした。

足首の機能を戻すと

歩き方が変わり、足首の痛みもなくなり

正座も出来るように!

腰の痛みも軽減してきました。

ケガをした後から調子が悪い・・・

そう言った場合、ケガした場所は良くなったけど

機能が戻らなくて・・・!

ということもありますので

参考までに。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【バスケ選手のシンスプリント】 痛みがある部分に問題があるのか・・・???

2018.02.14 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

毛布にくるまっているマロウ君

可愛いので写真を撮ると

なんとなく冷ややかな目をしているような・・・

ゆっくりくつろいでるのに

名前呼ばれて写真撮られる・・・

まあガマンしてください(笑)

今日の話は

 「バスケ選手のシンスプリント 治療しても良くならない理由!」

先日お見えになってくれた患者さんで

バスケ選手のシンスプリントの中学生。

部活と駅伝で頑張ったあたりから

左スネの内側が痛くなり

ガマンしながらバスケのプレーもしていたけど

通学で歩く時まで痛くて・・・

接骨院でアイシング・電気治療・マッサージ・テーピングで治療し

痛みが引かなくて当院を紹介してもらいのご来院。

シンスプリントの場合、

骨膜の炎症

筋肉に骨が引っ張られる

 ストレッチ不足

 オーバーユース

 走り方が悪い

など言われて、上記の対処をすることがメジャーになっています。

 骨膜の炎症 → アイシング

 筋肉の緊張 → ストレッチ

 ストレッチ不足 → ストレッチ増強

 オーバーユース → 休む

 走り方が悪い → フォームを変える インソール

これらで良くならないのが大半で

そんな患者さんがお見えになってくれます。

もうスポーツは出来ないのか・・・

と考えるアスリートもいたりします。

シンスプリントの場合、

痛みがある場所の対象も大切ですが

シンスプリントになってしまう体の構造を変えなければ

患部の治療は、焼け石に水になってしまい

治療している割に、回復していかない・・・!

いつまでも良くならない!

となってしまいます。

逆に、

シンスプリントになる原因が分かり

解決された時、その場から回復は始まります。

それは患部とは限りません。

このバスケ選手の場合、

腓骨(スネの外側の骨)

足首

この二つの調整で、6割以上軽減されました。

患部が痛くてツラいのは分かりますが

なぜシンスプリントになったのか?

その原因を解決していった方が

回復は早いですし、復帰も早くなりますよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【坐骨神経痛】 ぎっくり腰やヘルニアを繰り返して坐骨神経痛に・・・ 

2018.02.10 | Category: 坐骨神経痛,当院からのお知らせ,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

ショッキングな記事が・・・!

「オジーオズボーンが今年中にツアーを引退!!!」

ブラックサバスから熱狂していた小生としては

かなりショックな朝になりました。。。

御大も70歳になったんですね・・・

それを末っ子に話したら

「なにそれ?オジーちゃん?」

ってネコと戯れながら「???」でした(笑)

今日の話は

 「ぎっくり腰からヘルニア そして坐骨神経痛になった患者さん」

先日お見え下さった患者さんで

二十歳ごろからぎっくり腰を繰り返し

ヘルニアにもなって

腰が痛くない時がない・・・!

という方がお見えになってくれました。

当然、治療もしていたそうですが

良くなってきたなぁと思ったのが

ピラテェスを始めてから

ということですが、

腰が痛むこともちょくちょくあって

どうにかならないか・・・?

ということでした。

腰痛で治療してても良くならない場合、

治療すべき場所を間違っているケースが多かったりします。

当然、痛いのは腰で、ヘルニア・坐骨神経痛となると

どうしても

「腰をどうにかしたい!」となり

腰を治療していくことが多くなってしまいます。

もちろんそれも非常に大切です!

でも、

「なぜ腰痛になってしまうようなカラダなのか???」

は、なかなか解決できていない方も多かったりします。

腰痛になってしまう原因・・・

姿勢が悪いから???

運動していないから???

  カラダを酷使しすぎているから???

  もともと腰が弱く生まれたから???

  歳だから???

そんな風に思ってたり、

言われたりしていませんか?

腰痛になるには

腰痛になるべく原因が、それ以外に必ずあります。

そしてその原因を解決した瞬間から

腰痛の回復は始まってきます。

その原因は、腰とは限りません。

この患者さんも、

腰痛になっていく原因を解決していくと・・・

腰の痛みだけでなく

身体の動きまで変化していきました。

何度もギックリ腰をしてしまう・・・

ヘルニアに苦しんでいる・・・

坐骨神経痛が良くならない・・・

治療しても良くならない方は

ココを考えていくと良いですよ!!!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【体のキレ】 試合前のメンテナンス カラダだけを整えればいいのか???

2018.02.09 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,当院からのお知らせ,未分類,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

ムスメからメールが来て

「帰りに雪見大福買ってきて!」

で、この写真も添付されていました。。。

写真がツボったので

しょうがない買って帰るか・・・

って感じに(笑)

今日の話は

 「試合前の運動選手 調整はカラダだけでいいの???」

部活の選手 クラブチームの選手 実業団の選手 プロの選手

おかげさまで色んなカテゴリーのアスリートがお見えになってくれます。

だいじな試合前だったり、

なんとなくプレーしている時の感覚が・・・!と感じたときだったり

選手によって様々です。

選手の中には

「なんとなく体のキレがなくなってきたから!」

という方もいたりします。

体のキレ・・・

とても抽象的で感覚的でもあって

具体的に説明しづらいことですよね。

体のキレを良い状態に戻すのは・・・

もちろんお体の調整も大切です。

歪んでいたり、捻じれていたり、

関節や筋肉の機能が下がっていたら

当然、良いパフォーマンスは発揮しづらくなってきます。

でも、

これだけでは 【50点】 です

【100点】 ではありません! (私の中では)

これをチョット例えてみましょう!

レースに出るような車は

エンジン フレーム ボディー サスペンション タイヤ

色んな高性能のパーツが組まれています。

だから速く走ることができますし

レースに出続けるためには整備が必要です。

この状態は理想的ですが

肝心なことが抜けています。

それは・・・

高性能の整備されたレースカーを誰が動かすの?

どうやっったらそのポテンシャルを発揮できるの?

ということ。

そうです!

ドライバーの問題です。

折角の勝てる 車体【カラダ】 があっても

ドライバーが下手なら、

宝の持ち腐れになってしまうことも・・・!

勝てるカラダがあったなら、

それをフルに使える指令がないと意味がありません。

それがアスリートにとって 【脳の機能】 なんです。

ですから、

カラダを調整すること

脳の機能を上げていくこと

これが本当の意味での勝てるカラダを作っていくメンテナンスだと思っています。

脳の機能というと・・・

なんとなく大げさになってしまいますが、

お体をコントロールすることが

スムーズにできるように、頭の疲れを抜いていくことです。

カラダの整備と脳の機能UP

この二つが解決できたとき 【キレのある動き】 がしやすくなって

結果が出やすくなってきます。

それを体感されたアスリートたちが来てくれています。

カラダは調子イイんだけど、

イマイチ勝つことができない・・・

それじゃつまんないですもんね!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【足首の捻挫の落とし穴】 痛みや腫れがなくなり、治ったと思うのは・・・ 

2018.02.08 | Category: こども,スポーツ障害,坐骨神経痛,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

チビ達のお見送りをするマロウ君

最近は寒いので

このスタイルで(笑)

手を振ってくれるチビ達は

ネコに振っているのか?

小生に振ってくれているのか?

それは訊かないでおこう

ガッカリしたくないですから(笑)

今日の話は

 「足首の捻挫の落とし穴 痛みや腫れがなくなればOK・・・???」

先日も3年間患ってた腰痛が足首の調整で

ということを書きました。

腰痛 膝痛 股関節痛 スポーツ障害など

ブログを見ていただいている方は

足首周りの調整が多くね!?!?

って思っている方もいると思います(笑)

人が活動している時、

必ず酷使されている場所・・・

それが足首であって、カラダを支える土台になってます。

もちろん足首だけでカラダが動いているわけではなく

色んな部分が連動して機能を果たしています。

でも

土台である足首が上手く使えなかったら?

足首にかかる負担が左右で違っていたら?

これは車に例えると分かりやすいのですが

ひとつのタイヤだけ空気圧が低いタイヤで走行してたら?

もちろん走行することはできます。

なんとなく真っ直ぐ走れません。

まっすぐ走るためハンドル操作が必要になってきます。

なんとなくボディが軋むようになってきました。

しばらくそのままで整備に出したら

消耗しているパーツが多く見つかりました。

それって、人間の体にも起こりうることです。

ですから、歩行動作は要チェックさせていただきます。

そして足元に機能低下がある方が多い傾向にあります。

話していくと

足首の捻挫をしたこともあって

痛みと腫れが引いてきて治った!

でもそのあとから色んな不調が始まったような気もする。

ってことも多かったりします。

足首の捻挫の場合、

靭帯損傷による疼痛・腫れの処置はしたけれど・・・

痛みと腫れが引いて違和感はあるけど普通に歩けるし・・・

もう大丈夫!

となりますよね。

そこで足首の機能低下も解決していかないと

後々に・・・!

ということもあります。

これが足首の捻挫の時の落とし穴になってます。

ちなみに、足首の捻挫の場合

まずは足首の機能低下を先に解決したほうが

靭帯損傷の回復も圧倒的に早かったりしますよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【3年前からの腰痛】 今まで良くならなかった理由は○○○だったから!

2018.02.07 | Category: 坐骨神経痛,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛,骨盤矯正

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

マロウ君の魂の叫び!!!

奥底にしまってた野生が復活したのか!?!?

スミマセン・・・

あくびをしていただけデス(笑)

今日の話は

 「3年間患っていた腰痛が今まで治らなかった理由とは・・・???」

以前にカカトの痛みで来てくれたお子さんのお父様がお見えになってくれました。

3年前から腰痛を繰り返し

2週以上も仕事を休まなければならないこともあったそうです。

今でも朝起きるとき、

洗顔する姿勢

車の乗り降りなどで腰の痛みは発生するようで

根本的にどうにかならないか?ということでした。

もちろん3年間、腰痛があって

放っておいたわけではなかったようです

整形外科での治療

 接骨院での治療

 ハリ治療

 カイロプラクティック

 整体

など、治療は一通りしてきたみたいですが

現在、このような状況で

息子さんのカカトが良くなったので

もしかしたら・・・!

というご期待もあったようです。

長い時間、腰痛を患っていて治療してるのに・・・

という患者さんは、かなり多かったりします。

今まで色んな治療したのに・・・って感じで。

当然、腰痛ですから

腰が痛いし、腰に問題があるはず。

だから腰の治療をして回復を待つ。

それもとても大切なことです。

でも、それを続けて良くならないのはなぜか???

腰痛になるのは結果であって、

腰痛になるような状況を作っている要因が

腰以外の部分だったりすると

いくら腰を調整しても、腰痛が改善しないのは当たり前ですよね。

例えが悪いですが

焼け石に水をかけるようなものです。

この方の場合、

骨盤高さも左右で違い

背骨も左右に変異しているよな感じでした。

カラダの使い方・歩き方を見させていただき

調整したのは・・・

「左足首」

この調整だけで骨盤の位置・背骨の位置が

良い方向に戻り、

腰痛も激減し

カラダがポカポカ温まるような感じになり

全身に血が通う感じになったそうです。

当然足首に痛みがあったわけではありません。

足首の機能低下を

腰周辺がフォローしていた!

ということなんです。

だから腰を治療しても

腰痛が良くならないのです。

長年お悩みの方は、こういう方向でお身体を見つめ直すことも

イイと思いますよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順