TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 変形性膝関節症市川市の記事一覧

【変形性膝関節症】膝の内側の痛みでお悩みの方に!ココをみて!

2022.07.14 | Category: セルフケア,女性の悩み,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/  です。

少し涼しい朝ですね!

ネコ達の密着度が少し上がりました。

でも暑そう・・・ (笑)

今日の話は

【変形性膝関節症】膝の内側の痛みでお悩みの方に!コレをみて!

先日の患者さん

2年以上膝の内側の痛みでお悩みの60代女性の患者さん

病院で変形性膝関節症と診断され、

膝を支える筋肉・筋力の低下により、膝の安定感がへり

膝の内側にストレスがかかり摩耗して変形している。

膝を支える筋肉の強化のために、太ももの筋トレ指導とリハビリ

定期的にヒアルロン酸注射をし、湿布を貼る。

膝を支えるためのサポーターを使い、膝の動きに安定感をもたせる。

リハビリや注射、筋トレをこなしながら

膝の痛みの軽減を期待していたが、なかなかうまい具合に痛みは引かず

歩行できる距離にも制限が出てきて、

このままでは将来自分の足で歩けなくなってしまうのでは・・・

そういう怖さを持つようになり、当院を紹介され来て下さいました。

膝のお悩みで来て下さる50代60代の女性の方は意外に多く、

まだそんな年代ではないのに変形性膝関節症と診断されて・・・

膝がすり減って変形するなんて・・・ 

老化してるの・・・?

そんなご心配される方もいらっしゃいます。

変形性膝関節症で、

膝の内側の痛み 膝の曲げ伸ばしでお悩みの方に知っていただきたいのは

膝を支える筋肉を鍛えるのではなく、

膝の関節を滑らせるようにするのではなく、

膝の炎症を鎮めるために補強するのではなく、

膝の内側にストレスが掛かる状態を修正してあげて

膝の関節面全体に均一に荷重が乗るようにしてあげること。

そうなると当然膝の内側だけにストレスが掛からなくなり

膝の痛みがラクになり、

膝の機能も戻って曲げ伸ばしし易い状態になります。

今回はココで大きなヒントを!

変形性膝関節症 膝の内側の痛みでお悩みの方、

O脚になっていませんか?

正確に言うと、膝から下がO脚になっていませんか?

この状態が膝の内側にストレスを掛けてしまう大きな原因になります。

なので、

膝下のO脚の修正をすると、

膝の内側の痛みはその場でラクになることも。

どうして膝下のO脚になってしまったのか?

それが、変形性膝関節症 膝の内側の痛みを解決する根本になります。

今回の変形性膝関節症の患者さんも

膝下のO脚の修正で、膝の痛みはラクになり

普通にしゃがんで立てるようになり、

「変形が治ったんですか?」

「今までの膝を支える筋肉のトレーニングって意味あったんですか?」

色んな質問のリアクションをいただきました。

変形性膝関節症でお悩みの方は、

消炎  筋トレ  サポーターなどの保護

以外に、こういう方法もあることを知っておくと良いかもしれません。

もう一度書きます。

膝の内側にストレスが掛かる状態を修正してあげて

膝の関節面全体に均一に荷重が乗るようにしてあげること。

そうなると当然膝の内側だけにストレスが掛からなくなり

膝の痛みがラクになり、

膝の機能も戻って曲げ伸ばしし易い状態になるということです。

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

【変形性膝関節症】 「膝がありません!」というご報告をいただきました

2018.10.30 | Category: セルフケア,当院からのお知らせ,未分類,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ です。

2匹の兄弟ネコが・・・

並んで寝てました (笑)

同じ顔だ! (笑)

今日の話は

 「変形性膝関節症 膝がない感覚!というご報告」

宮城県から来てくれた、変形性膝関節症の患者さん。

「膝がない!」 というご報告をいただきました。

なにソレ!? 膝がない・・・??

ですよね (笑)

この患者さん、

現役で大工さんをしている70歳代の男性なんですが

膝が痛くて、歩くことがツライ・・・

階段も痛くて安定しない・・・

ハシゴの上り下りが怖い・・・

高所での仕事の不安・・・

などがあり、

まだまだ現役で仕事をしていきたいと思うが

このままでは・・・

という方でした。

施術をさせていただき、

その場で膝の痛みはなくなってきたのですが、

遠距離ですので、通院は難しく

自宅で変形性膝関節症を良くする方法

これを覚えていただき、やっていただいたようで、

今では、お仕事をするとき、歩くとき、階段を降りるとき

膝に痛みが全くなくなり、

今までは、膝の痛みを気にしながら行動していたのが

膝を意識することがなくなって

まるで、膝がなくなったかのようです!

ということなんです。

痛みがあると、その場所を意識してしまうことは当たり前です。

その意識がある限り、

何かを犠牲にしながら仕事をしたり、生活をしなければなりません。

逆に、痛みや不安がなければ

膝の存在自体を意識することがなく、

膝がないってことになってくるのです。

治療に来た時だけ良くなった気がする・・・

でも自宅に帰るとまた痛む・・・

それでは何のために通院しているか分かりませんよね。

自宅で、しかもご自身で治していく方法さえ知れば

何度も通院する必要がありませんし、

何より自分で良くすることができるって

安心感がありますよね!

遠方からお見えの患者さんには

こうした自分で治す治療レッスンもやっております。

膝がなくなった!

最高にウレシイご報告でした!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【膝の痛み】 立ち上がろうとする痛む膝の痛みの正体とは・・・!!!

2018.08.20 | Category: 当院からのお知らせ,未分類

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ です。

夏休みの日曜日といえど、

チビ達はチビ達で予定があり

奥様も何かと忙しい・・・

なかなか構ってくれません。。。

一人で何しよう・・・? となると

飛行機見に行こう! って感じに。

チビが小さいころもよく来たよな・・・

なんてセンチな気分になる。

そのあとは・・・ ネコをいじってました(笑)

今日の話は

 「立ち上がりの膝の痛みの正体とは・・・???」

先日の患者さん

宮城県からお越しの元気な70歳代男性

まだまだ元気に現場での仕事をしており、

これからもお仕事を続けて行きたいと凄く丈夫な方ですが、

立ち上がるときに膝の痛みがある。

座ろうとすると膝が痛い。

正座から起き上がろうとすると、

膝が痛くてなかなか立ち上がれない。

という方でした。

立ち上がり 座るときの膝の痛み

そういうケースありますよね。

この場合、

膝が痛いから、膝が悪いのか?

と思いがちですが、そうでもないことの方が多かったりします。

動きだしで膝が痛むこと

大きく言うと、二通りの原因があって

それは、

膝自体が悪くなっていること 損傷していること

もしくは、

膝に負担が掛かり様な要因があること。

膝を損傷した場合、それはハッキリと発生機転があり、

この瞬間に痛めた!

というのが分かりますよね。

でも膝が痛みだす方の場合、

いつの間にか痛くなってきた・・・

気付いたら膝が痛くなってきた・・・

膝をケガした覚えはないんだけど、膝に痛みが・・・

という場合の方が多いのかと思います。

その場合、膝自体を治療することも大切ですが、

なぜ膝に負担がかかるような状態なのか?

それを解決しない限り、なかなか痛みがなくなっていくことはありません。

この患者さんの場合も、

膝が悪いのではなく、膝に負担がかかる要因があり

それがアキレス腱のヨジレの影響で

アキレス腱を調整すると・・・

立ち座りでいたくない!

正座からの起き上がりも大丈夫です!

となりました。

コレで自信を持ってお仕事を続けられると思います。

膝の痛みで苦労されている方、

膝の治療をしても、なかなか良くならない方、

もしかしたらこんなケースなのかもしれませんよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【変形性膝関節症】 足を着くことすらツラかった方が、普通に歩いて帰りました

2018.07.03 | Category: 当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ です。

マロウ君が

暑いのに・・・ これから出勤・・・???

そんな表情でみています。

クーラーの効いた部屋で朝寝決め込むんだろうな。

チョットだけ羨ましく思った朝 (笑)

今日の話は

 「変形性膝関節症 帰りはフツ―に歩いて帰りました」

この仕事をさせてもらっていると・・・

不思議に 今日は○○の患者さんが多かった!

って似たような症状の患者さんがかぶる日があります。

昨日は、変形性膝関節症の患者さんが多く、

その中の一人、60代の女性の患者さん。

2年前より、膝にチクチクした痛みを感じるようになり

自宅で湿布やマッサージなどもしてたけど

痛みが増すばかりで

整形外科で診察してもらい、変形性膝関節症の診断。

リハビリと物療をこなしていくも

次第に歩くこともツラくなってきて

色々と病院や治療院を巡ってきた。

膝の水も抜いたし、やれることは何でもやってきた。

でも良くならず、友人に当院を紹介され来た。

という患者さんでした。

この方の場合、

来ていただいた時は、右膝をかばうように右足に荷重をかけない歩き方でしたが

帰りにはフツーに歩いて帰られました。

なぜ痛みが楽になって、フツーに歩けるようになったのか???

それは・・・

フツーに歩けるように戻したからです (笑)

何言ってんの!?!?!

って思われるかもしれませんが(笑)

これが膝の痛みをラクにして、普通に歩けるようになるコツなんです。

膝が痛くて普通に歩けない・・・

なんで膝に負担がかかるのか???

なんで歩き方がおかしくなってしまったのか???

その原因を探して戻してあげただけなんです。

それは膝以外の、ある関節でした。

膝を治療してないのに

膝の痛みが楽になって普通に歩けるようになったことに

当選驚かれていました。

でも逆を言うと

膝を治療していたから今まで良くならなかったのです!

膝を悪くさせている場所

歩きをジャマしている場所

これをみつけて解決していくことが大きな変化に繋がっていくのです。

「もう膝が痛くて○○年も通ってるのよ・・・!」

という方、

こんな考え方が、あなたの変形性膝関節症を解決する手段になるかもしれませんよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

【変形性膝関節症】 3年以上リハビリを受け注射しても…という方が正座できました

2018.05.08 | Category: 当院からのお知らせ,未分類,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

ネコたちがそろって外を見ています。

「GW中に使ったテーブルかたしてないよ・・・!」

「雨降ったからびしょぬれじゃん・・・!」

って感じなんでしょうか? (笑)

かたずけます・・・。

今日の話は

 「変形性膝関節症 3年のリハビリと注射で良くならなかった理由とは」

GW明けの最初の患者さん

変形性膝関節症で3年が経ち

リハビリも注射もしっかりやってきたけど

痛みが変わらなく、

仕事もしてるのでどうにか楽にならないか?

という方でした。

膝の曲りを確認すると90度くらいが限界で、

正座をしてもらおうとすると・・・

「え!正座ですか!?」 「できるわけ・・・!」

という感じです。

今まで膝に対する治療は十分すぎるほどしてきた。

でも膝の痛みが良くならない・・・。

こういった場合は

実は、膝自体が問題というわけでもないことがあります。

この方の歩行をみさせていただくと、

ふくらはぎからアキレス腱の機能が下がっていることに気付き、

その2つを調整すると・・・

「足が軽い・・・!?」

正座してみて!と促すと・・・

「曲がるわけないじゃ・・・ あれ!正座ができる!」

「ナンデでしょ???」

って感じになってきました。

膝の痛みも7割方軽くなって、

1回目の治療では上出来です。

膝が悪かったのではなく、

膝が頑張ってしまうカラダのデザインになっていただけ。

患部を治療してもイマイチ良くならない場合、

こういったケースもあるってことを知っていると

解決できることもあるかもしれませんよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場駐車場はありません
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順