TEL

Blog記事一覧 > こども,未分類,痛み,自律神経 > お母さんの 「二つの愛情」

お母さんの 「二つの愛情」

2016.06.06 | Category: こども,未分類,痛み,自律神経

おはようございます。

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

梅雨に入りましたね。

ジメジメ曇り空は好きではありませんが、

作物にはメグミの季節。

乗り切っていきましょうね!

今日のお話は、

「お母さんの愛情」

チョット深そうなお題ですが・・・

土曜日に、茨城県から学校にいけない中学生がお見えになりました。

お会いすると、とても明るく気立てのいい子で、

なんでこの子が学校にいけないんだろう?

と思わせる感じのお子さんです。

話を聞くと、

部活も勉強も 「真面目に」 頑張る子で、

小さい時から手のかからないお子さんだったということ。

でもここ半年は、朝起きれず、

無理して学校に行こうとすると

お腹が痛くなる。

学校に行っても、お腹の調子が悪くなり、

お腹が鳴ってしまうと、その音が気になり

余計に緊張してしまい、学校に行きたくなくなる。

内科、心療内科に受診するも、

過敏性腸症候群という事で、投薬治療。

でも、お母さんは

「薬で治すのはなんか違うんじゃないか?」

という事での来院でした。

特にイジメがあるわけでもなく、

でも学校にいけない・・・

お母さんは、

「無理していかなくてもいいんだよ」

と優しくお子さんに話していたそうです。

お子さんの「学校にいけない」はいろんなタイプがあります。

もちろんイジメがあったりするケースもあります。

学校にいけない場合、

無理して学校に行く必要はない。

休んでいいんだよ。

というのも大きな母親の愛情です。

本人は、行かなければお母さん心配するのでは・・・?

行った方がイイに決まっている!

でも行けない・・・。

という大きなジレンマが出てしまいます。

クスリで治すのは、なんかおかしいのでは・・・?

これも、結果的にはお母さんの深い愛情です。

この方も、ちょっとした体と頭、そして気持ちの歯車が

かみ合っていないだけなんです。

その歯車のかみ合わせを合わせさせていただきました。

その子にも、お母様にも

お体と気持ちが変わることを体験していただきました。

将来・未来が無限にあるお子さんです。

お母さんの深い愛情による判断が、

今回の結果につながったと思います。

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ 

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順