TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み > 【力士の有痛性外脛骨】 おもわず嬉しくなる変化に満足されてました!

【力士の有痛性外脛骨】 おもわず嬉しくなる変化に満足されてました!

2018.05.29 | Category: スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

しまい忘れのマンゲツさん

表情は真剣ですが

どこかマヌケな感じに

ついつい癒されてしまいます(笑)

ベロが出ていることに気付かないのでしょうか!?

それとも・・・

バカにしているのかナ・・・!? (笑)

今日の話は

 「力士の有痛性外脛骨 痛みがなくなってプラスαも!」

「HPで見たのですが、有痛性外脛骨って良くなりますか?」

というご連絡をいただき

来ていただいたのが力士の方でした。

昨年8月から有痛性外脛骨に悩まされ、

病院や接骨院で治療はしてきたそうで、

稽古にテーピングが欠かせなく

でもテーピングしても足首の痛みは出てしまう・・・

ということ。

力士さんにとって、

足首周辺の障害は命取りです。

力士さんに限らず、

スポーツ選手にとって1番大切なところ

それは地面を踏ん張る 「足首」 なんです。

特に 「踏み」 によって

下半身の使い方 上半身の使い方は

大きく変わってきます。

簡単に言うと、

土台が不安定なのに、下半身・上半身が上手く動くはずがないだろ!

ということです。

特に力士さんで言えば、

踏ん張ることができないのに

相撲を上手く取れるわけがない!

ということです。

話を聞くと、

ここ最近は自分のチカラを出せていない・・・

自分の相撲を取れていない・・・

それは有痛性外脛骨の痛みのせいではないのかと思っている。

確かに痛があることも踏みのジャマになってしまいます。

でも一番大切なのは、

足首に力が入って踏ん張れることです。

その検査をすると、明らかに患側にチカラが入らない様子。

足首のアライメント調整をすると・・・

足に力が入り、しっかり地面を踏ん張れる感じが出て、

この力士の方も

「立った瞬間に足が踏めているのが分かります!」

と喜ばれていました。

痛みも相当なくなったらしく、

「今までやってた電気と超音波って何だったんでしょうね!?」

と冗談交じりに話してくれました。

有痛性外脛骨は、

有痛性外脛骨になるような足首のアライメントになっています。

痛みを取ることより、

有痛性外脛骨になってしまう足首のかみ合わせを解決したほうが

回復も段違いに早く、

足首の機能も良い状態に戻りますよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順