TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害,当院からのお知らせ,未分類,痛み > 【長距離選手のシンスプリント】 3年間、満身創痍で走っていた選手の回復

【長距離選手のシンスプリント】 3年間、満身創痍で走っていた選手の回復

2018.06.22 | Category: スポーツ障害,当院からのお知らせ,未分類,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ です。

マンゲツさん帰還しました!

みなさんにはご迷惑をお掛けいたしました。

昨日、警察から電話をいただき、

ポスターのマンゲツさん、保護していますから取りに来てください。

と。

ここで1番喜んだのが・・・

中3の長男で、返ってきたマンゲツさんを独り占め(笑)

意外な反応をみれて驚いています。

今後は飼い主としてもっとしっかりします。

今日の話は

 「長距離選手のシンスプリント 3年間、満身創痍の状態からの回復」

先日来てくれた長距離選手患者さん

中学生のころからシンスプリントに悩まされ、

ケアしながら痛みをガマンしながら走って

シンスプリントの痛みのみならず

膝の痛み

第5中足骨の疲労骨折までなってしまい

長距離選手として満足に走れない・・・

どこに行っても良くならない・・・

という患者さんがお見えになってくれました。

お母様と一緒に来ていただいたので、

彼の歩行を一緒に確認し、

なぜ、今のシンスプリントになっているのか?

なぜ、膝の痛みが出てきてしまうのか?

なぜ、第5中足骨の疲労骨折になってしまうのか?

それを一緒に理解してもらいながら施術をさせていただきました。

施術後、

膝の痛みがなくなり

シンスプリントの痛みも消失

足首の安定性

歩行の軽快さ

も感じられるようになって、

それを自宅でもできるようにと教えて

でも、本人とお母様のリアクションが薄く・・・(笑)

何か疑問がありますか? と訊くと

「シンスプリントの痛みがなくなるなんて・・・」

「そんなこと今までなかったから・・・」

「なんか・・・言葉が出ないです・・・」

という感じ。でした(笑)

何度も書いていることですが、

シンスプリントを改善させていく場合、

シンスプリントの患部をどうにかしよう!

ではなく

シンスプリントになってしまう、カラダの状態を戻す

それにより、その場からの回復が起こる。

こうしていった方が

痛みは解決しやすいです。

そしてシンスプリントになってしまうようなカラダの状態が

そうでなくなったとき

選手としてのパフォーマンスも必ず上がってきます。

またしっかり走れるように!

好きな競技を思い切り楽しめるように!

凄く大切なことですよね!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順