TEL

Blog記事一覧 > 当院からのお知らせ,痛み > 【モートン病】 パンプス・ヒールをはく女性に多いつま先の痛みを解決するには?

【モートン病】 パンプス・ヒールをはく女性に多いつま先の痛みを解決するには?

2018.07.05 | Category: 当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

https://tokitaseikotsuin.com/ です。

ネコって

威嚇するとき、尾っぽが太くなるのですが・・・

マンゲツさんの場合、

これが太くなる限界です (笑)

あまりいいアングルでなくてスミマセン。。。

今日の話は

 「女性に多いモートン病 ヒール・パンプスのせい?」

先日の患者さん

モートン病を2年間患ってて、

医療機関での加療や

自分なりのケアをしてきた。

痛みがある日もあるが、そうでもない時もあり

騙しだまし過ごしてきた。

でもここ数日、痛みが強くなり

歩くこともツラくなって、モートン病で調べたら

当院が見つかり来てくれた患者さんです。

モートン病・・・

確かに女性が多い疾患です。

特に、パンプス・ヒールなどを履かれる方には多いです。

では、靴の問題なの・・・???

っていうことではありません。

靴が問題なら・・・

ヒール・パンプスを履く女性の皆さんがなってしまいますよね!

実際はなる人もいれば、ならない人もいる。

大切なのは、

モートン病になってしまう方が、

なんでなってしまうのか???

その原因を突き止め、解決していくことが

モートン病をラクにするポイントになります。

モートン病になってしまう方に多い原因は・・・

「 足の踏み 」

に問題がある方が多かったりして、

足の踏みを正常に戻すと

その場で痛みは半分以上なくなり、歩くことも楽になってきます。

痛みのある幹部ではなく、

その足の踏みを変えてしまっているところが解決しないと

なかなか良くなってきません。

ですから、ケアはしているけど長期間悩まされている・・・

という女性が多かったりします。

モートン病にお悩みの方は、

足の踏みがどうなっているのか?

それをどうすれば正常になっていくのか?

患部の痛みを対処するより

そちらにフォーカスしたほうが素早く楽になってきますよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順