TEL

Blog記事一覧 > こども,スポーツ障害,当院からのお知らせ,未分類,痛み > 【足底筋膜炎】 良くなっていくと、こんなウレシイことも!!!

【足底筋膜炎】 良くなっていくと、こんなウレシイことも!!!

2018.04.26 | Category: こども,スポーツ障害,当院からのお知らせ,未分類,痛み


おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

マロウ君とマンゲツさんの

ニラミアイから~

ちょいパンチ!!!

でもこのあとは2匹で舐めあっていました(笑)

今日の話は

 「足底筋膜炎 良くなると○○も変わってきます!」

昨日お見えになってくれた患者さん

キックボクシングのランカー選手

足底筋膜炎で、足の裏が痛み、しびれる感もある。

キックを打つとき軸足にすると思い切り蹴ることができない。

ふくらはぎにもピンと張るような緊張感がある。

ということでした。

足底筋膜炎の場合、

何回か書いていますが、足底筋膜(足裏)を

どうのこうのしようとはしません。

足底筋膜が張るような状態を作っている部分の調整です。

この方の場合も足底筋膜には触りませんでした。

施術をさせていただき、

その場で足底筋膜の痛み・シビレがなくなり、

キックを打つときの腰の回転

パンチを打つときの腕の軽さが出てきました。

足底筋膜炎がある・・・

それは、カラダを支える土台が上手く機能しないということでもあります。

そんな中で、思い切った動きや高荷重をかける・・・

それは難しいですよね。

自分では思い切りやってるつもりでも、

威力が落ちてきてしまうようになってしまいます。

だから、足底筋膜炎を良くしていくと

痛みだけでなく、

選手としてのパフォーマンスも良くなっていきますし

それが自然に出せるようになってきます。

アスリートにとっては重要なことですよね!

もちろんインソールもいりませんよ(笑)

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順