TEL

Blog記事一覧 > 坐骨神経痛,妊婦さんの治療,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛 > 【ギックリ腰】 なってしまった時の対処と、早く回復させるための方法とは

【ギックリ腰】 なってしまった時の対処と、早く回復させるための方法とは

2018.04.19 | Category: 坐骨神経痛,妊婦さんの治療,当院からのお知らせ,痛み,肩こり・腰痛

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

マロウ君の表情

何か企んでいるような・・・(笑)

色んな表情をする

それはネコも一緒なんですね!

何を企んでるかは分かりませんが(笑)

今日の話は

 「ぎっくり腰 なってしまった時の対処方法と回復させるには」

ここ数日、

ぎっくり腰で来ていただく患者さんが多かったりします。

ぎっくり腰になってしまうとき、

キッカケは案外些細なことだったりします。

例えば・・・

顔を洗ったとき

方向転換して振り返ったとき

くしゃみをしたとき

チョットかがんだとき

こんなことで・・・!? というような生活動作でなってしまうことが多いです。

症状も人によって様々ですが、

まずは・・・ 痛みが強くて動けなくなってしまう・・・

これが共通して一番つらい症状なのは経験された方は分かってらっしゃいますよね!

では、このときどうしたらいいのか???

冷やした方が良い??

温めた方が良い??

ジッとしていた方が良い??

動かした方が良い??

色々考えてしまうと思います。

まず、

冷やした方が良いのか??? 温めたらいいのか???

これは・・・

やってみて 「気持ちいい」 方が正解です。

一般的には炎症を鎮めるため冷却!ということになっていますが、

腰周りの筋肉に強い緊張がありますので、

リラックスできるような方が緊張感が緩和されます。

ですから、ご自身にとってどちらが合っているのかを

確かめてみてください。

次に、じっとしていた方が良いの?動かした方が良いの?

これは結論を言えば・・・

動かした方が良いです。

でも実際問題、痛みが強すぎて動かすことができなくなってしまいます。

ですから一時的にコルセットなどで痛みを抑えるのもイイと思います。

以前にも書いたのですが、

ぎっくり腰の場合

痛くて動けないのではなく、

動けないから動かすと痛いのです。

ですので、回復させるには・・・

動けるようにすることが最優先になります。

それが治療ですし、早ければ早いほど回復が良くなります。

ぎっくり腰の患者さんの施術は、

動けるようにお身体を調整します。

そうなっていくと、腰の痛みはかなり楽になります。

そして普通に歩いて帰ることができます。

あまりなりたくない症状ですが、

なってしまった時の参考までに。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順