TEL

Blog記事一覧 > 当院からのお知らせ,痛み > 【変形性膝関節症】 もう手術しかないね!と言われた患者さんの回復

【変形性膝関節症】 もう手術しかないね!と言われた患者さんの回復

2018.03.28 | Category: 当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

ウチのマンゲツさん、

空力を考慮した流線形の体型

ではなく 

単に丸いだけです (笑)

そこが彼のチャームポイントでもあります。

今日の話は

 「変形性膝関節症 もう治らないと思っていた患者さん」

先日、一人の患者さんが卒業しました。

膝が上手く曲がらない

歩くたびに痛みがある

膝周辺の腫れが気になる

変形性膝関節症と診断され

整形外科でリハビリをこなし

ツラい運動療法もしっかりしてきたけど

良くなっていかないなか、最終的には手術だね・・・

ということで、当院に来てくれた患者さんです。

ご本人の中では

「ワタシの膝は変形しているから、もう無理!」

と思っていたそうで、

「膝は散々いろんな治療をしてきたから・・・」

と当初はチョットあきらめムードな感じでした。

この方の施術は・・・

足首とアキレス腱の調整をメインに

カラダ全体のヨジレを修正することを

5回の通院の中でやってきました。

現在、

痛みを気にすることもなく

スポーツクラブ エアロビクス 旅行 など、

しっかり楽しめる状態になって

通院が終了した感じです。

膝が悪くなる

膝が変形してくる

膝が曲がらなくなる

膝が痛くなる

例えば、何かがぶつかってきたとか

思い切り転倒した時に膝を痛めてしまったとか

発生機転がある場合

それは膝の損傷が問題で痛みが発生してしまうことです。

でも、

そういう発生機転がなくて

じわじわと症状が出てきてしまう・・・

痛めた覚えはないんだけど調子が悪い・・・

そういう場合もありますよね。

そう言った場合、

カラダの中に膝に負担をかけてしまうような要因があるはずなんです。

この方の場合、

それが足首の機能とアキレス腱だったということで、

足首とアキレス腱が上手く働かないので

膝がそれをカバーして頑張っていただけ。

だから膝をラクにするのは

膝を治療するより

膝に負担をかけている部分を解決していった方が

回復は凄く良いですし、早いです。

痛みがある部分がどうなっているの???

と、痛い部分にフォーカスすることより

なんで膝に痛みが出るような状態なの???

と考えていった方が

結果が大きく違ってきたりする場合も

実は多かったりします。

膝でお悩みの方、是非ご参考に!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順