TEL

Blog記事一覧 > こども,スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み > 【サッカー選手のシーバー病】 カカト ふくらはぎ の問題ですが・・・それだけ?

【サッカー選手のシーバー病】 カカト ふくらはぎ の問題ですが・・・それだけ?

2018.03.07 | Category: こども,スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

昨夜の運動会もスゴカッタ!!!

もう走りまくりですよ!

「オレたちがんばったよな~!」

ってこの2匹はくっついて満足顔 (笑)

このあとしっかり寝てました・・・。

ほどほどでお願いします (笑)

今日の話は

 「サッカー選手のシーバー病 カカト ふくらはぎの問題?」

サッカー選手に多いスポーツ障害の中に

シーバー病 (踵骨骨端炎)

というものがあります。

走るとカカトが痛い

踏み込むとか肩が痛い

歩くだけでも痛くなった

痛くてプレーできない

治療には通っているけど、良くならない・・・

通院が長期間になっている・・・

けど、良くならない・・・

という選手が多くお見えになってくれます。

先日に来てくれた患者さんも

もう2年もカカトの痛みが続いているというサッカー選手でした。

ご自身でもアイシングをしたり

ふくらはぎのストレッチやマッサージもして

対処はされていたそうです。

シーバー病の場合、

カカトの痛みがあって、それがふくらはぎの緊張から

ということで、

ふくらはぎを柔らかくすることを一生懸命される方が多いです。

それは間違いではありませんが、

なんで、ふくらはぎの筋肉が固く張ってしまうの?

この条件が解消されないと

いくらふくらはぎを処置しても

痛む状態に戻ってしまいます。

だから長期間の症状になってしまうのです。

こちらのサッカー選手の

ふくらはぎが張ってしまう原因をとっていくと

その場で痛みが減っていくことに気付いていただけます。

2年間の痛みの原因は・・・

秘密にしておきます (笑)

もう一歩踏み込んで、

なぜそうなってきたのか?を見極めて解決していくことが

シーバー病を良くするために

非常に大切ですよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順