TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み > 【東京マラソン ランナーの膝痛】 沢山治療してても治らなかった理由は?

【東京マラソン ランナーの膝痛】 沢山治療してても治らなかった理由は?

2017.12.25 | Category: スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

メリークリスマス(笑)

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

我が家にもサンタさん来ました。

任天堂とかソニーではなく

手袋です

チビ達、かなり微妙な感じです(笑)

クリスマスだから、欲しいものが手に入る!

そんな都合の良いこと

あるわけがない!

ですよね!(笑)

今日の話は

 「東京マラソンに当選したランナーの悩み」

先日お見えになってくれた患者さんで

マラソンをすると膝が抜けてしまうような感じになって・・・

それから腰痛も出てくるようになって

整体 接骨院で治療してても良くならない・・・

東京マラソンにもエントリーして

当選もしたのでどうにか走れるようになりたい!

という方でした。

東京マラソン・・・

倍率が10倍以上らしいですね。

なかなか当たらないようです。

この方の膝を見させていただき

器質的な問題

例えば半月板や靭帯損傷などはみられく

機能的な問題ではないのか

ということで

歩行をチェックさせていただくと・・・

足の裏側の外側に重心がかかっているようで

足首の調整からアキレス腱の調整をさせていただきました。

足首の調整をすると・・・

歩いた感じが変わるのがその場でわかります。

そして膝の関節もしっかりし

腰の痛みもなくなってきました。

ですので、

膝・腰は触っておりません。

膝関節 腰は、

足首の不安定さをフォローしていた結果なんです。

だからこの場合、

膝や腰を調整しても

またすぐに元の痛む状態に戻ってしまいます。

今まで治療してても良くならなかった理由はココですよね。

器質的に問題がある場合は患部を大切にする。

機能的に問題がある場合は、

関連した関節、全体の状態をチェックし対処していく。

これが大切になってくるのかと思います。

長年治療してても・・・

という方は、ココを見直すのも良いですよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順