TEL

Blog記事一覧 > こども,オスグット,スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み > 【膝の上の痛み】 患部をストレッチしたり、触っていては良くなりません

【膝の上の痛み】 患部をストレッチしたり、触っていては良くなりません

2017.11.25 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

THE キメ顔 のマロウ君(笑)

せっかく寝てんのに撮るなよ!

って感じかもしれません。

ネコのキモチ翻訳機みたいなのがあったら

試してみたいですね!

いや・・・ やっぱりない方が良いか (笑)

今日の話は

 「膝の上の痛み ココの痛みを解決するには・・・????」

先日、都内からサッカー少年がお見えになってくれました。

膝のお皿の上が痛く、

走ると痛むのでプレーを2カ月間休んでいる。

その間、治療はしていたけど

良くならないので・・・

ということで、チームメートにウチを教えてもらい

来てくれた患者さんです。

膝のお皿の上が痛い

これって、普通に治療していてはなかなか良くなりません。

患部の炎症を取るため・・・

膝関節をサポーターで固定して・・・

太ももの前の筋肉のストレッチをして・・・

そういった処置をしても

だいたいのケースで良くならない・・・

という方がほとんどです。

2カ月も痛みが取れなくて・・・

サッカーも痛くてずっと練習できてないし・・・

となるとものすごく不安になりますよね。

やはりこの方も病院でのMRI・CT検査まで

しっかりやってもらっても

ファジ―な返答しかもらえなかったようです。

膝のお皿の上が痛い場合、

治療は・・・

本人に筋肉の位置を戻してもらいます。

お母さんに手伝ってもらって(笑)

それで痛みはなくなってきます。

やったね!お母さん! って感じです(笑)

膝のお皿の上が痛い場合、

筋肉の位置の問題だったりすることが多いです。

それをお母さんと本人に戻してもらう。

そのやり方を教えただけです。

そして、チョットだけ面白い方法だったりします。

実はこの方法、

戻すのではなくて、勝手に戻ってしまうのです。

そして膝上の痛みが軽減します。

まさかお母さんが!

というウレシイ驚きになると思いますよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順