TEL

Blog記事一覧 > こども,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,当院からのお知らせ,痛み > 【スポーツ障害】 回復させるには、前回の話が繋がってきます!

【スポーツ障害】 回復させるには、前回の話が繋がってきます!

2017.11.21 | Category: こども,オスグット,スポーツ障害,セルフケア,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

天は人の上に人を作らず

ネコの場合は・・・

ネコの上にネコが乗っかって・・・よろし!

って感じなんでしょうか(笑)

座っていても寝ていても

乗ってきますしね!

それがチョット嬉しいんですけど(笑)

今日の話は

 「スポーツ障害を改善していく上で、前回の話が繋がってきます」

前回の話です
↓  ↓  ↓
https://go-go-gouki.blogspot.jp/2017/11/blog-post_20.html

ネコの顔のことではなくて、

足首の捻挫の話ですよ(笑)

ヒトコトにスポーツ障害といっても

お子さんなら オスグット シンスプリント ジャンパーズニー シーバー病 有痛性外脛骨・・・

大人の方なら モートン病 筋挫傷(肉離れ) アキレス腱炎 半月板損傷・・・

他にも色んなスポーツ障害があったりします。

チョットこんなことを思ったりしませんか?

 「チームの連中はなってないのに、なぜワタシだけ!?」

 「同じような練習しているのに他の人はなっていないんだけど!」

特にチームプレーのスポーツであれば

いつもケガしている選手がいたり

なんでコイツ痛くならないんだろう・・・?

ってチームメイトもいたりします。

もちろん多少の体質の個体差はありますし、

運動の質も違ってはくると思います。

避けられないケガもあったりしますが、

ケガする選手は、

またケガを繰り返すイメージってありませんか?

特にスポーツ障害の場合に

そのような傾向が多く見られます。

やっと復帰できたけど、始めたらまた痛くて・・・

って感じで。

スポーツ障害の治療は、

ちょっと調べれば細かく丁寧に出てきます。

それは、なってしまったスポーツ障害に対して

どんな対処が有効なのか? 

ということです。

アイシング ストレッチ テーピング補強 休息 など。

一番の問題の

なぜなってしまったのか?

これに対しては、

オーバーユース いわゆる運動のし過ぎ

ストレッチ不足 普段からのケアが欠落

ということがよく書かれています。

でも、

オーバーユースでも

ストレッチ不足な選手でも

スポーツ障害にならない選手だってたくさんいます。

逆に、念入りにストレッチやケアをしてるけど

いつも調子が悪い・・・ って選手もいます。

その差って???

スポーツ障害の場合

痛みが出る部分にかかるストレスがあるから。

そのストレスを掛けている原因を持っているから。

それがあるのと、ないのとでは

カラダのデザインは変わってきます。

形だけでなく機能面からもです。

前回に話した建物の例え

痛みが出るところが一番の問題ではなく

痛みが出る部分にストレスが掛かる構造が問題なんです。

実は・・・

それが足首の関節の機能から始まってしまうことが

非常に多いです!

足首の関節の機能が落ちている場合、

足首に痛みは感じません。

でも、なんとなくチカラが入りづらかったり

足裏の小指側に重心がかかってくるような感じ

違和感までではなく、

気にするほどのことでもなかったりします。

機能が落ちた足首のままプレーをすると

当然足首をフォローする働きもしながらプレーをします。

それが結果的にスポーツ障害ということを

作り出しているケースが非常に多いです。

ですから、足首の話は大切になりますので

長くなります(笑)

もちろん、足首だけの問題とも限りませんし、

その他も部分の問題だったりすることもあります。

足首の捻挫をしたときや

いつまでも良くならないスポーツ障害に悩んでいる時は

このことも頭の隅に入れといて対処していくと良いですし、

スポーツ障害に悩まれているアスリートも

ここから考えて処置していくと

きっと早く回復できる様になりますよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順