TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み > 【有痛性外脛骨】 まだインソールに頼っているの???

【有痛性外脛骨】 まだインソールに頼っているの???

2017.09.25 | Category: スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

あんなに愛し合ってたエビ君・・・

マロウ君、ガシガシし始めました(笑)

もともとガシガシするものでしょうけど

なんとなくエビがかわいそうな気が・・・

だっていつも抱っこしてたからね(笑)

今日の話は

 「有痛性外脛骨 その場で痛みを取っていくには・・・?」

先日お見えになってくれた患者さん

スポーツクラブのインストラクターで

学生のころから有痛性外脛骨に悩まされ

インソール

オーダーの靴

パット

他、いろいろなものでフォローしながら

だましだまし使ってたけど

痛みが強くなって・・・

ということでした。

有痛性外脛骨・・・

足首下の内側の骨

舟状骨が出っ張ってしまうもので

靴に当たったり、

歩行の蹴り込みで痛みが出たり

でも、地味な痛みなので我慢する方も多いですが

ガマンすれば良くなるものではありません。

インソールなどでフォローしても

結局、変わらなかった・・・

むしろ痛みが強くなってきた・・・

なんて方も少なくはありません。

この有痛性外脛骨、

舟状骨の出っ張りを治すには・・・

ふくらはぎの調整が必要です。

舟状骨が勝手に出っ張ってくるのではなく、

出っ張るような条件が足にあるからなってしまうのです。

直接、舟状骨をどうのこうのしようとしても

結果は出てこないし

インソールなどで一時的に形を変えても

結果的に良くなりません。

舟状骨が出てしまう状態、

それがふくらはぎの環境にあったので

調整すると痛みはなくなります。

もちろん1回で全部引っ込むこともありませんが、

歩いた感じが

来た時より全然軽くなりますよ!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順