TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害,セルフケア,当院からのお知らせ,未分類,自律神経 > 【バレリーナのコンディショ二ング】 フランスに旅立つバレリーナの調整

【バレリーナのコンディショ二ング】 フランスに旅立つバレリーナの調整

2017.08.25 | Category: スポーツ障害,セルフケア,当院からのお知らせ,未分類,自律神経

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

「ちょっとイケてるマンゲツさん撮ったよ!」

って、ムスメからメールが来ました。

ネコがイケてるって・・・(笑)

よく分かりませんが

色んな表情をするマンゲツさんです。

今日の話は

 「9月からフランスに旅立つバレリーナの調整」

昨日お見えになってくれた患者さんで

中学生ながらフランスのバレエ団に実力を認められ

9月から渡仏して本格的に活動をするバレリーナの

患者さんがお見えになってくれました。

しばらく日本に帰れないので

コンディショニング調整をしてください

ということ。

バレエのことは詳しく分かりませんが、

彼女の特質的な長所は

今までケガをしたことがない

ということ。

バレエに限らず

スポーツ全般に言えることで

もっとも大切なことは

ケガをしない体でいること。

スキル 技術 能力 は、その次です。

ケガをするということは、

もうケガをするかもしれないコンディションに

なっていることが多く、

実はこのとき体の動きは自分本来の実力は

出せていません。

ですから

ケガをしないということは

思い切り自分の実力が出せるような状態でもある

ということ。

だから上手くなり、強くもなっていくのです。

アスリートは

カラダがボロボロだけどそれに負けないで頑張っている

ひと昔、そのように言われていましたが

実はそんなことはなくて、

ケガをしない選手こそ一流の条件です。

イチロー選手が

偉大な成績を残しているのも

ケガで休んでいないから。

コンディショニング調整に余念がないから。

その要素も大きいと思います。

彼女の治療は

ケガをしないコンディションの強化と

フランスで自分でできる方法の教授

バレリーナとして、痛くないのは当たり前

自分のスペックを充分に発揮できてこそ

一流に近づけます。

それはアスリートの方々のすべてに

共通ですよね!

ケガをしてからだと遅いです。

ケガをしない体が

良いパフォーマンスに繋がっていきます。

ケガの多い方、

大事なところでケガに泣く選手・・・

これを考えていくと良いかもしれません。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順