TEL

Blog記事一覧 > こども,スポーツ障害,当院からのお知らせ,未分類 > 【股関節の痛み】 あぐらをかくと開かないし痛いという患者さん

【股関節の痛み】 あぐらをかくと開かないし痛いという患者さん

2017.08.19 | Category: こども,スポーツ障害,当院からのお知らせ,未分類

おはようございます。

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

ここ最近、涼しい日や雨の日が続き

ネコたちも

「もう夏は終わりなのかニャー」

なんて話しているのかもしれません(笑)

流山市の花火大会も延期になったし

こんな時はゆっくり過ごせ!

ということですかね(笑)

今日の話は

 「股関節痛 足が開けずあぐらもかけない患者さん」

昨日来てくれた患者さんで、

右股関節が固くてあぐらがかけない・・・

サッカーしてても思い切り蹴れないし

走るとツラくなってくる。

という方でした。

スポーツ選手の場合、

結構股関節の固さを気にする方も多かったりします。

もっと開けばいい・・・!

とか

コッチ側だけ開きずらい・・・! とか。

スポーツ選手は股関節が柔らかい方がいい!

ということがセオリーになっていますが、

柔らかければ絶対にいいとも限りません。

柔らかいことのデメリットも必ずあります。

一番良くないのは・・・

左右で股関節の開きが違うということ。

ある調整法で

この方の右股関節の開きは

10秒で大きく変わりました。

あぐらをかいても痛くなくなり、

素直に開くように。

もちろん無理やり開いたり、

拡げたりはしていません(笑)

この調整法のデメリットは・・・

3秒ほど痛いこと・・・。

でもその場で股関節の可動域が大きく変わるのを

体感できます!

股関節を柔らかくする

一般的にストレッチになりますが

ストレッチって毎日コンスタントにできますか?

仮にしたとしても

柔らかくなった! と変化を感じることができますか?

じっくり時間を掛けて!

も良いですが、

スピードと結果が大切ですよね!

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順