TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み > 【シンスプリント】 バスケットボール選手のスネの痛み どう治すの???

【シンスプリント】 バスケットボール選手のスネの痛み どう治すの???

2017.08.05 | Category: スポーツ障害,当院からのお知らせ,痛み

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

夏休みなので・・・

マンゲツさん、イジられてます。

こんな風になると

何の生き物何だか

チョットわかんないですよね(笑)

今日の話は

 「バスケ部のシンスプリント」

シンスプリント

スネの内側に痛みと炎症が出て

走ることもツラくなって

一般的にアイシング・ストレッチ・超音波・テーピング

などの治療をして

痛みを見ながら少しづつ練習を再開していく・・・

でも痛かったら無理をしないで休む。

そして毎日治療に通い、

自分でもケアを怠らない。

そんな感じで

半年以上も治らなかった中学生がお見えになってくれました。

シンスプリントの場合

まず・・・

足の運び 足の接地感 足の重さ

をチェックします。

ほとんどの場合

痛みが強い方の足があげづらかったり

外足荷重になっていたり

足が重く感じてることが多いです。

最初の治療は・・・

その 足の重さ 接地感を解決します。

そうするとその場で足の運びが軽くなり、

元の痛くなかった頃のように

足がちゃんと使えるようになります。

これ、だいたい2分くらいの治療です

いや1分かな(笑)

もちろんスネは触りませんよ。

それから膝下の○○○を調整していくと

スネの内側の痛みが6割以上引いてきます。

コレもスネは触りません(笑)

それを3セットすると・・・

押しても痛くないスネになって

足の運びも、もっと軽くなります。

ひどくないケースの場合、

2回の治療で終了することが多く、

長期で我慢していたケースでも4~5回の治療で

シンスプリントがなくなり終了します。

一般的に

シンスプリントで長期で悩む選手は多いです。

しかも、しっかり治療にも通っていながら

痛みが引いてこないケース。

おそらく治療しながら

だましだましプレーをするようでは

あっという間に時間は過ぎてしまい

練習も満足にできず、もしかしたらレギュラーにもなれないかもしれません。

実際にそんな話も良くきくこともあります。

あなたは

どちらの方がいいですか?

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順