TEL

Blog記事一覧 > こども,スポーツ障害,セルフケア,当院からのお知らせ > 【有痛性外脛骨】 インソールやパットはなくても良くなります!

【有痛性外脛骨】 インソールやパットはなくても良くなります!

2017.07.12 | Category: こども,スポーツ障害,セルフケア,当院からのお知らせ

おはようございます

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

毎朝恒例 チビのお見送りマロウ君

写真を撮ると・・・

白猫なのに

耳だけ茶色い(笑)

なんかオモシロいです(笑)

今日の話は

 「ある有痛性外脛骨の患者さん」

昨日お見えになってくれた患者さんで

足首の内側の骨が出っ張ってしまって

靴に当たって痛いんですけど

良くなりますか?

という方が来てくれました。

話を聞いてくと、

「 これって有痛性外脛骨なんですよね!? 」

とご自身の状態を調べてもいる様子。

病院や接骨院で治療はしていたそうで、

足のアーチが良くないから 

インソール作って使って治療もしていけば良くなるでしょう!

と、インソール(チョット高額)を作って使ってみても

痛みは変わらず・・・

外脛骨が靴に当たらないように

パットを作りましょう!

と、作って使っても

痛みは変わらず・・・

靴を変えてみたんだけど

コレも変化なし・・・

「インソール高かったんだけど!」

「なんで治らないんですかね~!」

と食いつき気味で話されていました(笑)

それは、作って売った所で訊くのが筋だと

チョットだけ思いましたけど(笑)

まずは

外脛骨を押してもらって痛みの強さを確認してもらい

歩いた時の足の接地感と

左右の足の重さを確認してもらい

足首とふくらはぎを調整すると

「押した痛みはかなり減った!」

「歩いてて安定感が出て、軽くなった!」

と違いを感じていただき、

出っ張った外脛骨も

さっきより減ってる!

と、分かっていただけました。

ですので、

インソール パット などは

私は必要ないと思っています。

こういうものも、

オーダーして作ると結構いい値段します。

そして結果が出ればいいですが

そうでない場合が多いです。

しかもそれをずっと使いながら生活していくって

チョットだけ面倒くさいですよね。

モノに頼ることも良いですが、

元々はなくても痛くなかったのですから

シンプルにそこに戻せばいいだけのことです。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順