TEL

Blog記事一覧 > 当院からのお知らせ,未分類,肩こり・腰痛 > 【側弯症】 背骨だけを見ていませんか?

【側弯症】 背骨だけを見ていませんか?

2016.11.07 | Category: 当院からのお知らせ,未分類,肩こり・腰痛

img_9008

おはようございます。

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

ちょっと寒い朝ですが、

ムスメが天気がいいので、マロウ君の毛づくろいを。

気持ちがいいのか、それともガマンしているのか(笑)

今日の話は

 「側弯症と右足のシビレの患者さん」

土曜日に、側弯症があり

農作業をした後に右足にシビレが出てきて・・・

という患者さんがお見えになりました。

まだ20代の女性ですが、中学校のころから側弯症で

コルセットなどでしのいでいたらしく、

常に体を右に持っていく意識をしていないと

体が曲がっちゃう感じがしている。

大学のゼミで農作業をした時に、右足にシビレが出てきて

体のバランスも崩れたのが本人にも自覚できるような感じ。

やはり、歩行をみさせていただくと

右足を引きずるような感じで、

足首のかみ合わせの調整をさせていただきました。

そして歩いていただくと、

 「足が地面を踏んでいる感じがします!」 と。

シビレもなくなったようで、

傾いた体幹の感じを聞くと、

 「意識しなくても体がまっすぐになっている感じがします!」

足元の土台が傾いた時、

その上にある建物 体で言えば上半身も土台の傾きに対応するように

傾いてしまいますよね。

側弯症を改善していくには、

建物をみる前に

土台がどうなっているかが肝心になります。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順