TEL

Blog記事一覧 > こども,当院からのお知らせ,自律神経 > 過敏性大腸炎 どう解決するの?

過敏性大腸炎 どう解決するの?

2016.10.17 | Category: こども,当院からのお知らせ,自律神経

img_8880

おはようございます。

ときた整骨院

http://tokitaseikotsuin.com/ です。

マロウ君が調子わるい時は、

チョット気を遣っていたマンゲツさん。

元気になったので、甘えまくっています。

もちろん夜の運動会、レスリングも復活です!

今日の話は

 「過敏性大腸炎の患者さん」 の話。

最近の患者さんで何人か過敏性大腸炎の方がお見えになりました。

朝、学校や仕事場に行こうとすると

お腹が痛くなって、くだってしまう・・・

ストッパなどのクスリを飲んでも、

やっぱりお腹が痛くなってしまう・・・

  「 どうにかなりませんか? 」

という患者さんが不思議に続きました。

過敏性大腸炎は・・・

ご自身の潜在的な意識の中で、

これは今の自分にとってストレスなんですよ!

という反応で、

腸の働きを弱めて信号として表していること。

決して生理的に間違ったことではありません。

ただ、だからといって休んだりさぼったりできないのが

現代社会の常ですよね。

では、ストレスをなくしてしまおう!

ストレスのある環境をなくしてしまおう!

というのも、現実的には無理です。

みなさん、多少のストレスがあった時でも

過敏に反応しなかったときもあったはずです。

その差は、何なのか?

それを見つけ出し、解決することが

過敏性大腸炎を解決させるカギになります。

ストレスを感じないで生きていくのは、

難しく、まず無理だと思います。

ストレスを感じてても、

うまく処理できるかどうかが非常に大切になります。

簡単に言うと、

頭の中に余裕ができれば

ストレスを処理する能力も出るとは思いませんか?

パンパンになった頭の疲れを抜いていくのです。

それだけでも、

過敏性大腸炎に限らず、ストレス性のことは解決できてきます。

当院は接骨院ですが、

病院に行っても・・・ という方が多くお見えになります。

今日は月曜日・・・

しかも雨・・・

ですが今週もなんとなくいい日が来るようにいきましょう。

ときた整骨院

Home

047-340-5560

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順