TEL

カカトの痛み

カカトの痛み こんなことで悩んでいませんか?

  • カカトが痛くて思い切り走れない…
  • 部活や体育、クラブの練習を休んでいる…
  • 病院・整骨院に行ってるけど治らない…
  • アイシング・超音波・湿布・休息をしてても治らない…
  • 歩行ですら痛みがきつくなってきた…
  • いつ治るのかわからない…
  • インソール・クッションを入れても痛い…

安心してください
当院ではセーバー病専門治療院として、効果がある治療法が確立されています

患者さんの声

松戸市在住  S・Uさん/症状:カカトの痛み セーバー病

ミニバスケットボールの練習でカカトが痛くなってきました。
最初はガマンできたけど、練習するにつれ痛みがひどくなって歩いてもひびくようになりました。
治療はふくらはぎをやってもらい、腰の治療もしてもらいました。
そしたらカカトの痛みがなくなってびっくりしました。
走るときの足も軽くなって良かったです。

カカトの痛み(踵骨骨端症・セーバー病)について

小学生・中学生のスポーツをするお子さんで、踵が痛いという場合に見られる疾患の一つに「踵骨骨端症」があります。
別名「セーバー病」ともいわれています。
骨端核が存在するような年齢の時に繰り返される踵部分でのストレスがこの疾患が発生する原因だといわれており、ジャンプやダッシュ、ストップなど強い力が加わる運動だけではなく、微小な外力の繰り返しによっても刺激が加わり炎症を起こしやすいです。
もともと、軟骨成分の多い子供の骨は衝撃にも弱く、腱による強力なけん引力がかかると軟骨部分では容易に骨がはがれてしまいます。

カカトの痛みの治療法

当院では踵骨骨端症に対しては、効果がある治療法が確立されています

カカトの痛みの部分(踵骨骨端部)にストレスが掛かってしまう原因を的確に探します。
体の軸のブレだったり、骨盤・股関節の変位、下肢のネジレ、体の重心の移動によることが多いですが、その患者さんにより原因は違うことが多いです。
その原因を解除する調整と、下腿(ふくらはぎ)の筋肉のネジレを取ってあげると、その場で痛みは激減いたします。
カカトの痛みはカカトの治療、ふくらはぎのストレッチでは治りません。
症状を悪化させないためには早期診断と治療が重要です。
心当たりのある場合には早めにセーバー病専門治療院の当院で治療をして下さい。

予約の前に当院よりお願い

練習は休めないけど、カカトの痛みを治して下さいという患者さんが非常に多いです。
カカトの痛みを最短・最善の方法で治すため全力で治療を行いますが、原則として治療期間中は運動禁止または痛みのないレベルでの運動に制限していただきます。
これがセーバー病を治す最善・最短の方法だからです。
大事な時間とお金を使って治療に来て頂いてるので、早く現場復帰させてあげたいと思っています。
当院の方針にご協力頂けない場合は、治療をお断りする可能性もございます。
ご理解の上、ご予約頂けますよう宜しくお願いします。

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順