TEL

ジャンパー膝

ジャンパー膝とは

ジャンパーズニー(膝蓋腱炎)は、膝の使いすぎ(オーバーユース)によって起きるスポーツ障害の一つです。その名のとおり、ジャンプをする跳躍競技や、ボールを蹴るようなキック動作、ダッシュを頻繁に行うスポーツに多く発生します。また、練習やトレーニングでランニングを多く行う競技での発症が多いのも特徴です。
ジャンプやランニングはスポーツをする上での基本的な動きになりますので、それだけ多くのスポーツで起こりやすく、発症してしまう人の数も多いスポーツ障害です。
10~20歳くらいの年齢によく見られ、特に骨の成長が一段落する高校生以降の男子、背の高い人などに多く見られます。これは成長期において骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、筋肉は弾力がなく、膝蓋腱も伸ばされた状態になり、膝関節の柔軟性が落ちて着地の際の衝撃の吸収力が低下するためです。

ジャンパー膝になると、多くの場合、膝蓋靭帯のある箇所、つまり膝蓋骨(お皿の骨)のすぐ下あたりに痛みと腫れが見られます。
初期は膝蓋骨の下に違和感やツッパリ感を感じる程度ですが、ガマンして運動を続けると走ったりジャンプした時に痛みを感じるようになります。この頃は運動中や運動後しか痛みは見られません。
膝下の炎症が悪化して慢性化してくると、膝が腫れてきてちょっと歩いたりさわっただけでも痛みを感じ、安静時でもズキズキとした痛みが生じるようになります。
膝蓋靭帯は膝蓋骨の下端(脛骨粗面)に付着しているため、膝蓋腱への負担が骨にも伝わり、膝蓋骨の下端がはがれる「剥離骨折」が同時に起こることもあります。

ジャンプをする時は、初動として膝を曲げてジャンプをする準備をします。このとき太ももの表側の筋肉(大腿四頭筋)が収縮し、その張力が伝わり膝蓋靭帯が引っぱられます。ジャンプをした瞬間、膝が伸び膝蓋靭帯は開放され元の長さに戻ります。そして着地の瞬間に膝が曲がるため再び膝蓋腱は引っぱられます。
このように強い力で引っぱられたり伸ばされることが繰り返されると、膝蓋靭帯に小さな断裂などの損傷が生じて炎症を起こします。つまり体重など大きな負荷がかかる膝の曲げ伸ばしを繰り返すことで発症しやすくなります。ランニングでも発症してしまうのはは、小さなジャンプと着地を繰り返しているためです。

発症しやすいスポーツ

サッカー バレーボール バスケットボール 野球 陸上競技 バドミントン 卓球 剣道など

ジャンパー膝の治療

今までの一般的なジャンパー膝に対しての考え方ですと、ジャンパー膝が発症してしまう原因は大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の弾力がなくなり硬くなることで、伸びが悪いのが原因と考えられて大腿四頭筋を緩め、ストレッチをすることを奨励することがセオリーになってました。
でも、大腿四頭筋に柔軟性があってもジャンパー膝になる人も多く、大腿四頭筋の柔軟性があるか無いかだけが原因ではないと考えられます。
痛みが発生するジャンプや着地などの運動は膝の屈伸だけでなく、股関節と足関節も連動して曲がっていく動きなので、どの動きが原因で膝に痛みが出ているかを見極めることが必要です。
特に、骨盤の傾き 股関節の可動域 膝の内反は外反 足首のアライメント(かみ合わせ) 足の甲の形状(偏平足)などが関係していることが非常に多いです。
当院では、ジャンパー膝の痛みの原因がどこから来ているのかを的確に確認して、適切な施術を行うことで早期に痛みを取り除くことが可能です。

当院ではジャンパー膝に対しては、効果がある治療法が確立されています。

アスリートはジャンパー膝を我慢すべきではありません!
痛みを感じる時間が日々長くなり練習を通じて痛みを感じるようであれば、運動選手としてのポテンシャルはかなり落ちていると思われます。
速やかにスポーツ障害専門院である当院の専門治療の受診してください。

スポーツ障害専門の当院では大体の方が5回前後の施術でジャンパー膝の痛みは改善しています。
体幹や下肢、骨盤のヨジレを取り除き、大腿部と下腿部の筋肉と連動する部位の異常変異や緊張を緩めることで早く改善いたします。
また、ジャンパー膝は基本的にはオーバーユースによる疲労性のものであるので、症状が強いの場合は、治療期間は運動を休んで頂くこともあります。

スポーツ障害専門院の ときた整骨院 に一日も早くご相談下さい。

予約の前に当院よりお願い

練習は休めないけど、ジャンパー膝を治して下さいという患者さんが非常に多いです。
オスグットを最短・最善の方法で治すため全力で治療を行いますが、原則として治療期間中は運動禁止または痛みのないレベルでの運動に制限していただきます。
これがジャンパー膝を治す最善・最短の方法だからです。
大事な時間とお金を使って治療に来て頂いてるので、早く現場復帰させてあげたいと思っています。
当院の方針にご協力頂けない場合は、治療をお断りする可能性もございます。
ご理解の上、ご予約頂けますよう宜しくお願いします。

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順