TEL

ぎっくり腰

こんな心当たりはありませんか?

  • 今回が初めてではなく何度もぎっくり腰を患っている…
  • 普段から姿勢が悪いのに気づいていない…
  • 普段から腰の痛みが気になっている…
  • ほっとけば治ると信じている…
  • 根本的に良くしようとは思わない…

そのままだと悪化するかもしれません・・・

患者さんの声

柏市在住 K・H さん/症状:ギックリ腰

くしゃみをした時にぎっくり腰をやってしまいました。
腰が曲がって、スムーズに歩けなかったはずなのに少し治療しただけで楽に歩けるようになったりツラい部分がウソのように消えていくのが実感できてスゴイです!
また、なぜこのように治療をしているのか理由も分かりやすく説明してもらえるので、すごく安心ができます。
また何かあればお世話になることがあるかと思いますが、よろしくお願いします。

当院の「ぎっくり腰治療」は身体に負担をかけている歪みを取り除き、根本的にギックリ腰にならない身体を1から作り直す、類を見ない高度な施術です。

2度・3度と繰り返さないように、根本的に治していきましょう。
ぎっくり腰に悩むあなたのご連絡お待ちしています。

ぎっくり腰って、そもそも、どういう症状なの?

ギクッとした衝撃で急に発症し、腰に痛みがあり、動きが制限される腰痛の総称です。

原因はたくさんあります。

筋挫傷(ざしょう)、肉離れ、捻挫、ヘルニア、骨そしょう症による圧迫骨折などがあります。

日頃運動不足による筋肉の柔軟性の低下や、筋力低下で背骨の安定性が低下すると、不良姿勢によるちょっとした負担でも背骨周囲の組織が傷ついてしまいます。

ぎっくり腰の強い痛みは、組織自体が傷ついた痛みもありますが、急性期の痛みの原因は、損傷した組織を守るために筋肉の緊張が強まったり、筋肉のけいれんが起きることが、主な要因であることが多いです。

また、関節のちょっとしたユガミも、筋肉の緊張や痙攣を引き起こします。

治療は、急性期に、背骨や筋肉のずれを直しておくと回復を早めます。

急性炎症の時期は家族にマッサージをしてもらうことはやめましょう。炎症を増長します。

急性期の炎症症状の時期に、炎症を悪化させずに、筋肉の緊張緩和や関節のずれを改善することは、身体の回復を促すことになります。

もちろん炎症を鎮めるために、安静にする事が大切ですが、より早期回復を促すために筋肉のけいれんを和らげたり、炎症物質の除去、正しい矯正、患部の固定などが病状の時期により必要となります。

松戸市のときた整骨院でぎっくり腰が起こらないように予防が出来ます

骨盤にゆがみがある方や慢性的な腰痛を抱えている方、筋肉に疲れが溜まっている方は、特にぎっくり腰に気をつけていかなくてはなりません。
重い荷物を持ち上げたり、立ち上がろうとしたり、くしゃみをしたときなど、ふとした拍子にぎっくり腰が起こってしまうことがあるのです。かなり強い痛みですので、身動きが取れなくなってしまうことも多いのですが、安静にしておくことによって自然に痛みは緩和されてきます。
しかし、痛みが抜けるまでには長期間を要してしまうことも御座いますので、素早く改善したいという場合には松戸市のときた整骨院までお問い合わせください。

ぎっくり腰には、繰り返しやすいという特徴が御座います。自然に痛みが取れたとしても、骨盤にゆがみなどがある方の場合には、再びぎっくり腰になってしまわないかという心配がつきまといます。
松戸市のときた整骨院にて骨盤矯正治療や腰周りの筋肉の緊張などを取り除いておくことによって、再発を予防するという効果もあるのです。
痛みだけではなく、しびれや麻痺などが起こってしまう重度の症状もありますので、しっかりと治療していき、出来るだけぎっくり腰が起きないように身体の調子を整えておくということも大切なのです。

当院へのアクセス情報

ときた整骨院

所在地〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-35
電話番号047-340-5560
駐車場院前にあり
予約完全予約制 お電話にて受付致します
休診日日曜・祝日
院長鴇田 晶

当院までの道順